Pocket

ホームページ制作|MUGEN

おしゃれでSEOに強いWEBサイトを制作します。

SEOに強いホームページを制作

名古屋の中小企業専門のホームページ制作をしています。
〝経営者様の思いを込めた事業”を全国に届けます。

提供サービス

WEBサービス

事例のご紹介

ブログ

ランディングページとは?(LP)成果を上げる5つの要素

ネットで売上を伸ばすためには、ランディングページ(LP)が必須です。ランディングページとは、販売やセールスに特化したWEBページのことで、ネット戦略に欠かせない役割があります。間違った使い方をして作っても売れないということが内容に、初心者に向けて解説をしていきます。   ランディングページ(LP)とは? ランディングページとは、直訳すると「着地ページ」です。 簡単に説明すると、ネット上で販売やセールスを行うときに使います。物を売りたいときや、リスト獲得をする時には必須のページとなります。 引用元:ランディングページを集めました。 ホームページとは何が違うのか?と疑問を持たれる方もいますが、ランディングページ単体では意味がありません。ネット上での集客導線を考えて、計画的に作られたときに爆発的な威力を発揮します。 それでは、どんなランディングページが成果を上げるのか、全体像から解説していきます。   ランディングページの成果を上げる集客3ステップ ご自身で作られる際や、業者に依頼をする前に、まず構成を考えましょう。 ランディングページ(LP)は、比較的簡単に作ることができます。ですが、作っても成果がでないことが多く、専門家に依頼する前にご自身の事業においてどのように使うのか、計画を立てることが必要です。以下の全体像を使ってランディングページで成果を出す「集客3ステップ」をご説明します。ネット集客を行う上で、重要な戦略として「ダイレクト・レスポンス・マーケティング」(DRM)を使った効果的な手法があります。 上記の画像の中でLPと書かれた部分において、ランディングページを活用し、成果を上げていきます。 ネット集客の3ステップとは、 ⒈集客:SNS、広告費、オフラインなどで集客をする。 ⒉教育:見込み客に商品を知ってもらい、教育をする。 ⒊販売:見込み客へ商品を販売する。 いきなり商品の説明をしても「興味ないからいらない」となるため、まずはターゲットに商品を知っていただくことからスタートします。 ターゲットに知っていただき、商品を購入した時の自分をイメージしてもらい、販売をする流れです。一般的な流れですが、気付かない方が意外と多く、ランディングページを活用するためにはまずご自身の事業をターゲットへ紹介していく3ステップを考えましょう。 ターゲットにどうやってアプローチをするのか ランディングページで成果を上げる「集客3ステップ」の組み立てる順番について説明します。 事業内容を考える順番は、右側のバックエンドからフロントエンド、集客の方法と考えます。 例えばホームページ制作の場合、見込み客が広告を見てUクリックした後に商品のランディングページをみて購入するか検討し、更に気になる方は無料オファーのダウンロードや、無料相談の申し込みをします。 ターゲットとなるお客様は、左側から右側へ進みます。 ネットを使った「WEB集客」またはオフラインで直接出会う「リアル集客」からどのようにターゲットへアプローチするのか考えます。事業内容によっては、広告費をかけずにSNSからアプローチをスタートする場合もあります。 リアル集客で例えると、エステやマッサージや飲食店などがあります。エステのお店なら定期コースを獲得して短歌アップや継続的な売上を確保する必要があります。 そのために、エステの無料体験、初回無料券を広告やSNSにて拡散をし、来店して下さったターゲットに「フロントエンド」の体験施術(または無料オファー)を受けていただきます。 体験施術を受けていただいたターゲットへ「バックエンド」の定期コースのご案内をし、クロージング。定期コースの獲得、という流れです。   事業主は、バックエンドから設計すると目標売上を達成できる? 定期コースを獲得するためには、何人がお試しの「フロントエンド」商品を購入してもらい、そのフロントエンドを何人に告知することで体験してもらえるのか、逆算してバックエンドの商品を販売する戦略を立てることでランディングページをどの位置で作るのか大きく内容が変わることがご理解いただけると思います。 最後にバックエンドとは、利益を出す最高のサービス商品です。 ここを設計されていない方が多いため、フロントエンドで商品を売ることに躍起になってしまったり、利益率が低いビジネスをされている方も多数いらっしゃいます。 せっかくランディングページ(LP)にて、メルマガやLINE公式アカウントのリスト獲得をしても「バックエンド」を提案できなければ売上を達成することはできません。 ランディングページの成果を上げるために、事業内容を全体通じて設計することが非常に重要です。詳細についてはまた後日記事を書いて説明致します。   ランディングページ(LP)はどうやって使うのか Facebook利用者がLPを使う時 ランディングページは、寝てる間も自分の代わりにネット上で営業セールスをしてくれます。 例えば、フェイスブックでファンとの繋がりが多い方は、ランディングページをリンク先に貼り付けることで、商品の販売やメルマガ登録をご案内することができます。 投稿でも流すことはできますが、デザインにこだわり、セールスライティングを意識することで成約率が大きく変わるため、ランディングページに誘導する流れが基本です。 なぜランディングページを別で作るのか、もう少し説明します。 ユーザーからすると、SNSで長い文章の売り込み記事は嫌われる傾向にあります。facebookで強い繋がりを持つ方は、セールスライティングを意識した文章を書くことで自然と売れるわけです。 決済ボタンを設置し、定期課金やカード決済システムを入れることで、寝てる間も売れるシステムを作ることができます。Facebookでは、決済機能やメルマガ登録フォームを投稿することはできないため登録ボタンを設置できるランディングページは必須となります。 実際にランディングページ制作をさせていただいた松リハオンラインサロンのランディングページです。文章の構成は私の方で考え、デザインはご自身で配置を変えれるような簡単操作のページで制作しました。 松リハLabさんは、YouTubeやFacebookの活用をされており、ファンやコンテンツもすでにある状態でした。新しくオンラインサロンを立ち上げる際には、構成を考えてセールスライティングを組むことでネット経由でオンラインサロンの会員さまをご契約をいただけました。 2021年1月現在、会員様は95名様、月額5500円です。コロナ下で厳しい業界が多い中、オンラインの売上が安定的にあることは、とても強みになります。   広告費を使って宣伝したい時 広告は、Google、Yahoo!、SNSではFacebook、インスタ、ツイッターと様々な場所で使うことが出来ます。 広告費をかけて問い合わせを獲得したいところではありますが、広告費をかける時は事業の信頼性が高いことが条件です。 信頼性はどこで測るかというと、大きく分けて4つです。 ・実績 ・メディア掲載 ・お客様の声 ・洗練されたデザイン 自社の経験上、上記のうち二つの強みを打ち出さないと反応率は悪い傾向にあります。でも事業を始めたばかりで実績がない場合は、無料オファーで実績を作ってしまう、または実績を借りる手もあります。 こちらのダイヤニウムさんのLPでは、大手から施工案件を獲得するためにLPを作りました。 ダイヤニウムさんの実績は、セントレアや交通機関の実績や大手メディアの掲載事例があるため、案件獲得のために説明するLPを作ることで、施工を獲得した実例です。 例えばリアル集客の飲食店でいえば、一から開業するのではなく、フランチャイズとしてスタートしてネームバリューを借りることも方法の一つです。 初期の集客においてメリットはありますが、月々のロイヤリティも発生します。事業内容に応じて足りない部分を補う方法はあるということを念頭においていただければ幸いです。   ランディングページ(LP)とホームページはどちらが必要? 結論から申し上げると、両方必要です。 上記画像のようにホームページは事業全体の相乗効果を発揮する役割があり、ランディングページは専門特化したページの役割を持ちます。ホームページやランディングページを持たない場合、お客様を探してアポを取った後にクロージングし、ご成約と至るまで全てを自社で行う必要があります。ネットを経由されたお客様は、興味を持たれた上でのコンタクトを取っているため、成約率も高い傾向にあります。 ネットを使わなくても、ご紹介で商売が成り立たれている事業主様も大勢いらっしゃいます。そのような場合でも、ホームページを持つことで以下のような効果もあります。 ・取引先が紹介をしやすい ・エンドユーザーの獲得 ・新規事業の紹介 ・説明資料の作成、簡素化 ・社員の教育 事業内容を何度も考えて文章にすることで、自社の強みや説明する手間が大きく省けます。ホームページを既にお持ちの場合は、サイト内にLPを作ることで成約率、コンバージョンUPを見込むことができます。   ランディングページ(LP)の費用や相場は? ランディングページの相場は、数万円〜数百万円とピンキリです。「ホームページとランディングページの役割」でもご説明したように、高い値段で作っても集客できるわけではありません。ランディングページに見込み客が集まる「集客3ステップ」がなければ、作っただけで終わってしまいます。 ランディングページは特に改善の回数が多いため、ご自身で更新のしやすいWordPressを使ったLP制作がおすすめです。 WordPressを使ったホームページ制作は、更新がとても簡単で、ランディングページの反応を見ながらご自身で更新をしていくことで予算も抑えることが出来ます。 ホームページは、あるだけの会社が多いですが、LPやブログを使うことで様々な効果を発揮します。 ブログ記事を書くことで、見込み客を集客から教育まで行うことができます。   ランディングページ(LP)を自分で作る時の注意点 ランディングページ(LP)をご自身で作られる際には、wix、jindo、ペライチなどで無料で作れます。長期視点で事業を考えるとWordPressで作るか、または専門業者に依頼することをお勧めします。 wix、jindo、ペライチは、何も知らずに取り組むと不慣れもあって時間がかかってしまいます。更に決済機能は有料で料金が発生するため、結局はお金がかかる仕組みとなっています。 ドメインの大きな問題もあります。ドメインにwix、jindo、ペライチと名前が出てしまうため、事業にとってはマイナスです。無料サイトに決済をつけない場合には上記のサービスもおすすめです。 詳細はこちらをご覧ください。 WIX、Jindo、ペライチ、WordPress、どれが良いの?   まとめ ランディングページは、寝ている間もネット上で動いてくれるセールスマンです。 使い方によって大きく成果が変わります。ぜひ一度ランディングページを制作し、ネットの販売強化をしてみてはいかがでしょうか?

コンテンツマーケティングとは?顧客にとって価値のあるコンテンツを成功事例から解説

新聞やフリーペーパーなど、オフライン媒体でのマーケティングが一般的でしたが、スマートフォンの普及により、今ではSNSやWebサイト、ブログなどのオンラインでのマーケティングが常用手段となりつつあります。今や当たり前のように取り組まれているコンテンツマーケティングですが、どういった内容を顧客が求めているのか、あまり意思せずに取り組んでいる企業も多いと思いのではないでしょうか。 この記事では、コンテンツマーケティングの基礎的な内容に加えて、成功事例からみる顧客にとって価値のある情報について解説します。 コンテンツマーケティングとは SNSやブログなどは、かつては個人が利用するコミュニケーションツールでしたが、今や企業の販売促進やブランディングなどのマーケティングツールとしても活用されるようになりました。 今やコンテンツを用いて販売促進や顧客獲得などを行っている企業も多いと思いますが、改めてコンテンツマーケティングについて、誰かに説明するとなると難しいものです。今一度コンテンツマーケティングついて確認しておくことで、より効果的なコンテンツの運用が可能になります。 コンテンツマーケティングは、コンテンツを用いて顧客にとって価値のある情報を提供すること コンテンツマーケティングについては、多くの人が独自の見解で定義しているが、簡単に言うと「コンテンツを用いて顧客にとって価値のある情報と提供することにより、顧客をファンとして定着させ、最終的には商品購入やサービス利用などのアクションにつなげるマーケティング手法」のことです。 コンテンツマーケティングにとって最も重要なのが「顧客にとって価値のある情報」であることです。これまでの新聞やCMを使ったマーケティングは、「企業が顧客に伝えたい情報」を提供し、その情報に共感した顧客が商品やサービスを利用する仕組みでした。 一方、コンテンツマーケティングは、「顧客が求めている情報」を提供することで、顧客の方からアプローチしてもらう手法です。 よくコンテンツマーケティングと混合されることが多い言葉に「コンテンツSEO」というものがあります。コンテンツSEOとは、良質なコンテンツを提供することで、検索結果を上位に表示し、サイトの流入を増やす施策のことです。 コンテンツSEOは、ホームページやWebメディアなどWeb領域での施策ですが、コンテンツマーケティングは、フリーペーパーやアプリなどWeb領域以外のコンテンツも含まれます。 成功事例からみる顧客にとって価値のある情報とは コンテンツマーケティングは、「顧客にとって価値のあるコンテンツを提供すること」と定義しましたが、どういったコンテンツが顧客にとって価値があるのでしょうか。コンテンツマーケティングの成功事例を知ることで、顧客がどういった情報を求めているのかがわかります。 効果的な情報を発信するために、コンテンツマーケティングで成功したいくつかの事例を見ていきましょう。 プロだからこそ知る説得力の高い情報を発信 鈴廣ブログは、創業150年を越える老舗「鈴廣蒲鉾本店」が運用するメディアです。鈴廣ブログでは、かまぼこを使ったレシピやかまぼこの歴史を紹介。ユニークかつ独自性のあるコンテンツで、商品を購入した後も読みたくなるコンテンツを発信しています。 鈴廣ブログは、他のメディアでは得られない情報と、かまぼこの老舗だからこそ発信できる信頼性の高いコンテンツを作っています。 参考:https://ec.kamaboko.com/shop/ 商品ではなく商品を取り入れた「生活」をメインに発信する、親和性の高い情報を発信 土屋鞄製造所は、職人が手作業で仕立てる上質な革製品の製造・販売を行なっている会社です。土屋鞄製造所の特徴は、「商品」ではなく、商品を取り入れた「生活」を販売していることです。 ECサイトでは、写真やデザインを統一させることで、見た人に土屋鞄製造所のコンセプトやイメージがひと目でわかるようになっています。また、ECサイトのコラムでは、商品情報だけでなく、シチュエーションごとの使い方や、スタッフの愛用品などを紹介しています。商品情報ではなく、商品を取り入れた生活を伝えることで、実際に商品を使っている姿がイメージしやすいようになっています。 参考:https://tsuchiya-kaban.jp/ 生活と仕事の悩みに解決策を提案する共感性の高い情報を発信 サイボウズ式は、株式会社サイボウズが運営がするオウンドメディアです。新規顧客開拓のためにITに興味のない人にサイボウズを知ってもらうことを目的として、オウンドメディア「サイボウズ式」が開設されました。サイボウズ式は、ビジネスパーソンの「生活」と「仕事」の悩みにスポットを当て、より多くの人に認知してもらえるよう工夫しました。 また、サイボウズ式は、生活者に役立つコンテンツ作りを徹底。無理な商品PRはせず、本当に役立つ情報だけを発信。PV数(閲覧数)にこだわらず、良質なコンテンツだけを提供することにこだわっています。 サイボウズ式は、人々の生活と悩みに寄り添うことで、多くの人が共感するコンテンツになっています。 参考:https://cybozushiki.cybozu.co.jp/ 失敗するコンテンツマーケティングの特徴 ここまでは、コンテンツマーケティングの成功例から、顧客にとって価値のある情報を紐解いてきました。しかし、多くの企業がコンテンツマーケティングに取り組む中、なかなか成果の出ない失敗例もあります。 以下で紹介する失敗例によくある特徴を意識して取り組むだけでも、コンテンツの質は上がります。自社のコンテンツが上手くいかないと思ったら、立ち返って考えてみてください。   自己満足のコンテンツになっている 成果のでないコンテンツによく見られる特徴として、顧客が知りたい情報でなく、自分が伝えたい内容になっていることがあげられます。 よくある失敗例として、自社製品の機能やこだわりなどを全面に押し出したコンテンツがあります。自社製品のすぐれた機能や他社との違いは、顧客にとって価値のある情報とはいえません。顧客は、その製品を使うことで得られる体験や悩みを解決してくれる情報を求めています。 例えば、腕時計の販売をしているECサイトが顧客獲得や売上げアップを目的にオウンドメディアを運用したとします。オウンドメディアの記事で、腕時計の防水機能や他国時刻表示機能などを全面に押し出した内容を発信しても、顧客にとっては魅力的なメディアではありません。「防水機能付きの腕時計を使うことで、サーフィンや、渓流でのキャンプでも、水を気にせず少年のような時間をすごせます。」といったように、商品がもたらす顧客の変化に着目することが重要です。 また、コンテンツの専門性が高くて、顧客に理解されていない場合があります。情報を発信する側は、その分野のプロですが、情報を求めて来る顧客は素人です。自社にとっては、当たり前の単語でも、顧客にとっては理解できない場合があります。どこまで顧客に寄り添えるかが、コンテンツの良し悪しを決めるポイントです。   コンテンツ内容が商品・サービスに関係のない いくら顧客にとって興味のある情報であっても、自社の商品やサービスに全く関係のない内容のコンテンツでは、ファンの獲得や商品購入には達しません。 流行のものや話題のトピックを取り上げて、多くのPV数を獲得しても、商品購入や資料請求などのコンバージョンには、あまり至らないでしょう。 コンテンツマーケティングは、コンテンツ運用に取り組むことで、自社に興味を持ってもらったり、より好きになってもらうことが目的です。顧客が求めてる情報を把握し、自社にしか提供できない情報は何なのかを考えることで、共感性と独自性のあるコンテンツが生まれます。   一貫性のないコンテンツになっている 様々なコンテンツに手を付けたにもかかわらず、コンテンツの一貫性がなくて、効果が最大に発揮されていないケースがよくあります。コンテンツマーケティングは、もともと自社が事業を営む目的を達成するための手段のひとつです。 コンテンツマーケティングは、顧客の認知から購入までの一連の流れを工程ごとに各コンテンツが機能を発揮することで成立します。ひとつの目的達成に向かって、一貫性を持って各コンテンツが役割を担うことが重要です。   コンテンツマーケティングを始める前にやっておきたい4つの手順 コンテンツマーケティングを始めようと思って、何も考えずにいきなりSNSやメディアを開設してもなかなか成果は出ません。コンテンツマーケティングを行き当りばったりで始めてしまうと、コンテンツの一貫性がなくなったり、本来の方向性から逸れてしまうことがあります。誰に向けて発信するのか、どんな内容のコンテンツを提供するのかを今から紹介するポイントをもとに考えてみましょう。   ペルソナを設定する コンテンツマーケティングをやる上で、最初に取り組むのがペルソナの設定です。ペルソナとは、ターゲットの具体的な顧客像のことです。性別、年齢、居住地、年収、家族構成、趣味などをまるで実在する人物がいるかのように具体的に想像します。ポイントは、理想の人物ではなく、実際にいそうな人物を想像することです。   顧客が求めている情報を把握する ペルソナを設定したら、どんな情報を発信するのかを決めます。ペルソナがどんなキーワードで検索しているのかを調査したり、普段どんな悩みを抱えているかを把握することで、顧客の欲しい情報が見えてきます。 また、顧客が求めている情報の中で、自社が提供できる価値はなんなのかを明確にすることが大切です。顧客が欲しい情報であることに加えて、自社でしか発信できない内容を提供することで、顧客は数あるコンテンツの中から自社のコンテンツを利用したいを思うようになります。   カスタマージャーニーマップを作成する どんな情報を発信するかが明確になったら、カスタマージャーニーマップを作成します。カスタマージャーニーマップとは、顧客の認知から購入までの工程に紐づく思考の動きを時系列にまとめたものです。各工程で顧客はどのように感じて、何の情報を欲しているかを分析することにより、顧客に効果的なタイミングで、適切な情報が提供できます。 ファン獲得と商品購入の両方の目的をひとつのコンテンツで達成することは、なかなかできません。コンテンツマーケティングは大きく3つの段階があります。まず、顧客が自社を見つけて、興味を持ってもらう段階。次に自社のことを深く理解してもらいファンになってもらう段階。最後は自社の商品を購入して、また利用したいと思ってもらう段階。これらの段階によって、適した情報を発信することが、コンテンツマーケティングの基本的な取り組みです。   コンテンツを選定する 誰にどんな情報を発信するかが決まったら、次は使うメディアを選びます。同じ内容であっても、コンテンツによって文章で伝えるのか、動画で伝えるのか変わります。コンテンツの性質、利用するユーザー層を理解して、適したコンテンツを選ぶことをおすすめします。   顧客にとって本当に価値のあるコンテンツと提供するために オフラインでのマーケティングからオンラインでのマーケティングに変化する時代の中で、SNSやブログなどのWebコンテンツをいかに活用するかが重要なポイントになってきました。しかし顧客が本当に満足するコンテンツを提供することは、時代によって変化することはありません。 常に顧客の立場になって考え、自社だからこそ提供できるものを追求することで、顧客にとって良質なコンテンツを提供することが可能になります。

ホームページ制作会社選びに必要な5つのポイントを紹介

避けられないデジタル化の中で生き残るためには、ホームページの運用が必要不可欠な時代に突入しました。ホームページの需要が高まるにつれて、フリーランスや制作会社など、ホームページ制作を代行する業者が数多くいます。   しかし、何を基準にホームページ制作会社を選んだらいいのかわからず、二の足を踏んでる方もいると思います。この記事を読めば、ホームページ制作会社の選び方や、依頼する前に準備しておくことがわかります。   ホームページ制作会社に依頼する2つのメリット   ホームページ制作を外部の会社に依頼して大丈夫か不安な方のために、ホームページ制作会社に依頼するメリットを紹介します。ホームページ制作会社に依頼するメリットは、大きく2つあります。   良質なホームページができる   ホームページ制作会社に依頼する一番の目的は、自分でホームページを作るより、良質なホームページができることです。無料のツールを利用して自分で作成するより、制作会社に依頼した方が、当然デザインや機能性において優れたものができあがります。   ホームページ制作会社は単純なスキルだけでなく、これまで制作した経験やノウハウもあるので、顧客に合わせた臨機応変な対応が可能です。制作会社によっては、マーケッター、デザイナー、コーダーと、各工程にそれぞれのプロフェッショナルが担当しているところもあります。   ホームページの制作に加えて、SNSマーケティングやSEO対策などもサポートしてくれる会社もあります。Webマーケティング全般をサポートしてくれるので、制作から運用まで全てを任せることができます。   本来の業務に集中できる   ホームページの制作をプロの業者に依頼することで、自分は本来の業務に集中できるメリットがあります。ホームページの作成から更新・管理までを全て自分で行う場合は、かなりの知識と時間が必要です。   ホームページの制作をプロに依頼することで、自分は空いた時間を利用して、本来の営業活動や採用活動に専念できます。   ホームページを作成したら、月に1回は内容の更新や管理をするのが理想です。ホームページ作成後も、毎月自分で更新するとなると、長期的にはかなりの時間を費やすことになるでしょう。   本当に自分でやる必要があるのかを考え、自分にしかできないことに集中することをおすすめします。   ホームページ制作会社に依頼する2つのデメリット   ホームページ制作会社に依頼するメリットは、大きく2つあります。メリットだけでなく、デメリットも把握して、適切な方法でホームページを制作しましょう。   コストがかかる   ホームページ制作会社に依頼する一番のデメリットは、なんといっても大きなコストがかかることです。制作するホームページの種類やページ数によって制作費は異なりますが、多くの場合、数十万はかかります。   ホームページは、会社の顔となるサイトでもあり、会社にとって非常に重要な資産です。ホームページの良し悪しによって、業績が大きく変化することもあります。   ホームページ制作会社の中には、不当な値段を請求してくる会社もありますので、依頼する業者は慎重に選ばなければいけません。   時間がかかる   ホームページ制作をプロの業者に依頼するのではなく、自分で作ってしまった方が早い場合もあります。ホームページ制作をプロの業者に依頼する場合、複数の制作会社を比較したり、担当者と何度も打ち合わせしたりと何かと時間が必要です。ホームページの種類や規模によっては、完成までに数か月かかる場合もあります。   メリット・デメリットをそれぞれ理解して、自社の目的に合った方法を選ぶことをおすすめします。   ホームページ制作を依頼する前に考えておきたい5つのこと   制作会社がホームページを作るからといって、深く考えずに依頼するとイメージと全く違うホームページができたり、不要な機能まで付いてしまったりすることもあります。   制作会社に依頼する前に考えておきたい最低限のポイントを紹介します。成果のでるホームページを制作するために、以下の項目で漏れがないかチェックしておきましょう。   どんな人をターゲットにするか   ホームページを制作する前にまず考えておきたいのが、「ホームページのターゲットはどんな人なのか」ということです。   ターゲット像はできるだけ具体的にイメージしましょう。性別・年齢・年収・居住地・家族構成など、まるで特定の人物が存在するかのように設定するのがポイントです。   ターゲットは、ホームページを制作するうえで骨格となる重要な部分です。ターゲット次第では、デザインやテキスト、機能などホームページの全ての要素が変化します。   顧客に喜ばれるホームページを作るためには、顧客の立場になって考えることが大切です。顧客に寄り添ったホームページを制作するために、具体的なターゲットを設定しましょう。   <h3>ホームページを見た顧客にどう思ってほしいのか</h3>   ホームページは制作して終わりではありません。ホームページの目的となるゴールを設定して、達成するまでがホームページの役割です。商品・サービスの購入、資料請求、問い合わせなど、ホームページを活用する目的は企業によって違います。   ホームページの目的によって、デザインや機能も変わりますので、最初にホームページのゴールを設定することが重要です。   顧客に伝えたい自社の魅力はなにか   ターゲットとホームページの目的が決まったら、次は顧客に伝えたい自社の商品やサービスの魅力は何か考えましょう。   市場全体で見たときの自社の強みと弱みを明確にすることで、競合他社にはない自社だけの魅力が発見できます。   また、ホームページは、自社の魅力が伝わる内容かつ、顧客の欲求を満たす情報を記載するのが理想です。自社が一方的に伝えたい内容ではなく、顧客が知りたいと思う情報を記載することで、顧客の満足度も上がります。   どのくらいのスケジュールでホームページを制作するか   ホームページの方向性が決まったら、どのくらいのスケジュールでホームページを作るのかを決めましょう。ホームページのページ数や工数によって、制作にかかる時間が変わります。イメージするホームページをいつまでに欲しいのか決めておくことは非常に重要です。   依頼する際は、いつまでに作って欲しいのかを明示しておかないと、いつまで経ってもホームページが完成しない、という可能性もあります。   理想のホームページに必要な機能やデザインを細かく説明して、いつまでに完成できそうか聞いてみましょう。ホームページ制作会社も、あらかじめ期限を明示された方が、「その期間内ならここまでしかできない」や「この機能を追加するにはこのくらいの時間が必要」などの提案がしやすくなります。   提案依頼書(RFP)を作成しておく   ホームページの方向性が固まったら、依頼する前にRFPを作成しておきましょう。RFPとは、発注者側が開発者側に提案書を作成してもらうための依頼書のことです。ホームページを制作する目的や現状の課題などをまとめることで、発注側と受注側の認識をすり合わせる目的があります。   口頭で説明するだけでなく書面にも残すことで、言った言わないなどのトラブルも未然に防止できます。   ホームページ制作のRFPに必要な項目は以下の通りです。   <li>プロジェクトの概要</li> <li>プロジェクトの目的</li> <li>KGI・KPI</li> <li>プロジェクトの背景</li> <li>現状・課題</li> <li>プロジェクトの目標・ゴール</li> <li>サイト公開希望日</li> <li>予算</li> </ul>   事前に簡単なRFPを作成しておくことで、ホームページ制作の提案・作成がスムーズに進み、トラブルも回避できます。   依頼先を比較するときのポイント   ホームページの制作をプロの業者に外注しようと思っても、制作会社が多くて正直どこに依頼したらいいかわからない人も多いと思います。   制作会社選びに失敗しないためにも、信頼できる制作会社の特徴をまとめました。以下の項目に注意して依頼先を選ぶことをおすすめします。   制作会社のホームページのクオリティが高い   ホームページ制作会社のホームページは、その制作会社のクオリティが一番顕著に現れる場所です。デザインがよくなかったり、情報がわかりづらいホームページの会社には、自社のホームページを依頼したいとは思いません。   制作会社のホームページが、ここなら任せてもいいと思えるクオリティか、制作会社自身はどれくらいホームページで集客しているかを確かめるのも重要です。   専門用語を使わず、わかりやすく説明してくれる   難しい単語を使わず、こちらが理解するまで丁寧に説明してくれる担当者を選びましょう。制作会社にとっては当たり前の単語でも、素人が聞いたら理解できないことは多々あります。   相手が理解できない専門用語を利用する制作会社が、顧客が満足するホームページを作れるかは怪しいところ。こちらがどの程度の理解があるのかを伝えるためにも、わからないことは質問し、自分のレベルに合わせて会話してくれる担当者がいる制作会社を選びましょう。   また、制作会社の中には、わざと難しい専門用語を使って、不都合なことをごまかそうとする悪徳業者もいます。トラブルに巻き込まれないためにも、わからないことがあれば、物怖じせずに質問しましょう。   予算の詳細を説明してくれる   見積もりを出してもらった際に予算の具体的な内訳を説明してくれる制作会社を選びましょう。どの工数にいくらかかったのか、詳細をきちんと説明してくれる業者とは、トラブルも少なくて済みます。   想定していた金額より高かった場合に、大まかな金額しか見せてくれない制作会社だと、どこで予算がオーバーしたのかわかりません。「ディレクション〇〇円、デザイン〇〇円、ライティング〇〇円、コーディング〇〇円」といったように、かかった金額の内訳が細かくわかると、機能を変更したり、ページ数を減らしたりと修正がしやすくなります。   満足できるホームページを制作するためにも、お金のトラブルはできるだけ避けたいです。信頼できる制作会社に依頼するためにも、きちんと予算の詳細を説明してくれるかどうかをチェックしておきましょう。   信頼できるホームページ制作会社を見つけるには事前準備が重要   ホームページの制作をプロの業者に依頼することで、クオリティの高いホームページができるだけでなく、自分は営業や採用などの本来の業務に専念できるメリットがありました。一方で、外注する一番のデメリットはコストがかかることです。かけたコストに見合ったホームページができれば満足ですが、必要ないところにお金をかけてしまったり、納得のいくクオリティじゃない可能性もあります。   そういった失敗をなくすためにも、ホームページ制作会社は慎重に選ばなくてはいけません。この記事で紹介したポイントを押さえて、是非自慢のホームページができることを願っております。

【建築業の事業者必見】Webサイトで集客を成功させるために必要なポイントを解説

デジタル化の時代に伴って、ほとんどの事業者がWebサイトを用いて集客やブランディングを行うようになりました。これまで、チラシや紹介で依頼を受けていた建築業においても、今ではWebサイトを用いたマーケティングが必要不可欠です。   デジタル化の時代が進む中でも、ネットについての知識がないからWebサイトを作ってこなかった方や、なんとなくホームページを開設してみたけど運用方法がわからなくて放置している方もいると少なくないでしょう。   この記事を読めば、建築業でWebサイトで集客するために気をつけておきたいポイントや、成功しているWebサイトの特徴がわかります。建築業でもWebサイトで集客ができますので、是非参考にしてみてください。 急速に進む建築業のデジタル化   消費者のほとんどがインターネットを利用しており、生まれたときからインターネットがあるデジタルネイティブと呼ばれる世代も増加してきました。   ネットで知りたい情報を調べたり、欲しい物を買ったりするのが当たり前の時代へと変化したことで、Webサイトの必要は今後もさらに強まります。建築業においても、顧客が建築業者を調べたり選んだりする際は、インターネットで検索してホームページを見るのが一般的になりした。   下記のグラフは平成30年通信利用動向調査報告書(企業編)です。下記のグラフによると、事業者の91.8%以上がホームページを開設してマーケティング活動をしています。産業別で見たときに、建設業は96.7%で産業の中で3位の開設状況です。   参考:総務省『平成30年 通信利用動向調査報告書(企業編)』 https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/pdf/HR201800_002.pdf   建築業では9割以上の事業者がホームページを開設しているにもかかわらず、Webマーケティングで成功した事例が少ないのが現状です。様々な原因が考えられますが、この現状から、Webマーケティングにあまり力を入れている事業者が少ないことや、Web領域では競合他社が少ないことが推測されます。   建築業は一件あたりの受注単価が高いので、顧客から依頼を受けるには自社の信用性の高さが鍵となります。これまでの受注手段は、チラシや知り合いの紹介が一般的でしたが、今ではネットで検索して自社を知ってもらうことの方が多いです。そんな時に信頼されるWebサイトを持っているかいないかで、集客数は大きく変わります。 集客できないWebサイトの特徴   上記で説明したように、建築業のホームページの開設状況は高いにもかかわらず、Webマーケティングで成功した事例があまりありません。Webサイトを効率的に利用することで、これまでリーチできなかった顧客にアプローチできたり、顧客をファンにすることでリピート客が増加したりする効果があります。   成果の出るWebサイトを運用するために、集客効果の低いWebサイトによくある特徴を紹介します。これからWebサイトの開設を考えている方は、以下の項目に注意するだけでも成果は大きく変わります。また、自社のWebサイトがうまくいかずに悩んでいる方は、自社のWebサイトが以下の項目に当てはまっていないかチェックしてみましょう。   Webサイトが顧客に見られていない   成果の出ていないWebサイトに特に多いのが、Webサイトはあっても見られていないパターンです。企業名で検索しても検索順位の上位に表示されていなくて、見つけてもらえていないことが考えられます。   これまでは、顧客は営業やチラシで気になったら、電話やメールで問い合わせていましたが、今では顧客は興味を持つと、問い合わせる前に一度ネットで調べる過程が入るようになりました。このように、顧客はとにかくネットで調べ、その企業の信用性やサービスのクオリティを図るようになりました。   こうした消費行動の変化において、検索結果で上位に表示させることが必須条件になりつつあります。Webサイトを見てもらうためには、まずSEO対策をしなければいけません。SEO対策とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンでキーワード検索をした際に、検索結果の上位に表示されることを目的とした施策です。   SEO対策を行うことで、顧客の離脱を防ぐだけでなく、新規顧客の獲得にもつながります。   顧客の求める情報がホームページに載っていない   ホームページを作成しても顧客が求めている情報が記載されていない、もしくはわかりにくサイトでは、顧客に安心感を与えられません。顧客にとって価値のある情報を簡潔にわかりやすく伝えることが重要です。   そのためには、まず顧客がどういった情報を求めているのかや、どんな悩みを抱えているのかを具体的に想像する必要があります。顧客自身でも気づいていない、潜在的なニーズに応えるのが理想のサイトです。   Webサイトは、SEO対策で多くの方に閲覧してもらうだけでなく、見に来た顧客の欲求を満たして受注につなげることを目的としています。   Webサイトの情報を更新していない   Webサイトを開設してから、情報を更新していないWebサイトがよくあります。これも顧客の欲求を満たせないWebサイトの特徴のひとつです。   サイトを見に行っても画像が古かったり、かなり前の情報で止まっているサイトでは、その企業が今でも事業をやっているのかわからないですし、顧客もこの企業に依頼して大丈夫か不安になります。   常に新しい情報を記載し、定期的なアップデートや更新は欠かさず行うようにしましょう。Word Pressのように、管理や更新が自分でも簡単に行えるツールもたくさんありますが、自分ではできる自信がない方はプロの業者に依頼するものひとつの手段です。   Webサイト以外のコンテンツを利用していない   認知度が足りず、Webサイトの閲覧数が少ない企業の特徴として、Webサイト以外のコンテンツを活用していないことが多いです。Webサイト以外のコンテンツを効率的に利用することで、その他のコンテンツから直接受注につながる場合もありますし、コンテンツ経由でWebサイトの閲覧数が伸びることもあります。   Webサイト以外にも、SNSやオウンドメディア、リスティング広告など、様々なデジタルコンテンツがあります。集客に使うコンテンツもあれば、販売促進に使うコンテンツもあります。コンテンツによって得意分野や使用目的が異なりますので、それぞれ適した用途で活用することで成果が発揮されます。   集客効果のあるWebサイトに必要な要素   建築業や飲食店、アパレルショップなど、業種によってWebサイトに求める役割や機能は違います。それでは、建築業のWebサイトの場合は、どのような役割が求められるのでしょうか。上記では、集客効果の低いWebサイトの特徴を紹介しましたが、下記では成功している建築業のWebサイトの共通点をまとめました。   成果の出るWebサイトの特徴を取り入れて、顧客が満足するWebサイトを作りましょう。   写真・動画でイメージをわかりやすく伝える   建築業のWebサイトでもっとも重要なポイントが、写真や動画を大きく使って自社のイメージを視覚的に伝えることです。最初のトップページに、写真や動画、イラストなどのイメージで自社の雰囲気が伝わるものを表示させましょう。   人の第一印象と同じように、ページを開いて最初に表示される部分(ファーストビュー)は非常に重要です。ファーストビューによって他のぺージの閲覧数や、サイトの滞在時間が大きく変化すると言われております。   Webサイトでしっかりと集客を狙いたい方は、フリー素材などでなく、Webサイト用に撮ることもおすすめです。   スマホに対応した見やすいデザイン   スマートフォンをひとり一台持つ時代になり、ウェブサイトもスマホで閲覧する方が多くなってきました。そんな時代の中で、スマホで閲覧したときに、ストレスなく見れるデザインかどうかは非常に大切なポイントです。   PCやスマホ、タブレットなど、いろいろな大きさの端末があるので、各種画面の大きさに合わせたサイトレイアウトが必要です。また、スマホ一台で完結できるように、スマホでも問い合わせできるような導線を確保することで、スマホからの受注も多くなります。   これまでの実績で信頼性の高さを示す   自社の信頼性の高さを示すために、過去の実績は必ず目立つように表示しましょう。建築業は、人が過ごす空間作りを任される業界なので、顧客にとって信用の高さや安心感は最も重要です。   ホームページは、顧客の不安をいかに取り除けるかが、受注につながる大きなポイントになります。   過去の実績だけでなく、お客様のリアルな声を載せることもおすすめです。実際のお客様の声は顧客にとって大きな安心につながりますし、他社との検討材料にも役立ちます。   家造りで役立つ情報も発信   自社の企業概要や実績だけでなく、顧客が継続して見たいと思うWebサイトにすることで、自社のファンを獲得します。ファンが多ければ多いほど、短期的な効果ではなく、長期的な効果が見込まれます。   「マイホームを買うときに注意しておきたいポイント」や「買ってみたら不要だった家の機能10選」などを顧客の知りたかった情報を発信するのもひとつの手段です。   顧客の悩みを解決する内容が、顧客にとって価値のある情報といえます。コンテンツで情報を発信するときは、顧客の立場で考えることで、成果のでるコンテンツになります。   Webサイトで集客するためのポイント   Webサイトを作るだけでは、なかなか集客にはつながりません。Webサイトを開設し、いろいろな工夫をすることで、集客効果が現れます。   これから紹介するポイントを押さえて、効果的なWebサイトを運用しましょう。   その他コンテンツも複合的に利用する   Webサイトだけでなく、その他コンテンツも効率的に利用することで総合的に大きな成果が発揮されます。すべてのコンテンツで同じ内容を発信するのではなく、コンテンツの特徴に合わせた内容を発信することで、結果的に大きな効果が生まれます。   例えば、Webサイトの他に公式LINEアカウントとTwitterを運用したとします。Twitterは拡散力が魅力のコンテンツなので、幅広い人に知ってもらい、興味を持ってもらうことが目的です。Webサイトでは、Twitterで興味を持った方に自社について詳しく説明します。そして公式LINEアカウントでは、顧客だけの特別な情報を発信し、ファンへと育てます。顧客はTwitterで興味を持ち、Webサイトで自社について詳しく知り、公式LINEアカウントでファンになる。顧客の段階によって適切なコンテンツを活用することで、顧客獲得から受注までが自然に行えます。   新規顧客獲得からファン獲得までの一連の流れを、コンテンツごとに最適な見せ方をすることで、相乗効果を発揮し大きな成果を得られます。   Webサイトを継続的に運用する   Webサイトを開設して満足してしまう企業が多いですが、WebサイトをはじめWebコンテンツは継続的に運用しなければ、あまり意味はありません。   気になった企業のWebサイトを開いてみて、古い実績や昔の投稿で終わっていたりすると、それ以上そのWebサイトを見ようとはあまり思わないですよね。   たとえ他のコンテンツでWebサイトに多くの人集めても、全く更新されていないWebサイトでは、かえって不安を煽ってしまうこともあります。   常に最新の情報が載っているWebサイトは、今でも企業がWebマーケティングに精力的に取り組んでいる証拠になります。継続的にコンテンツを運用しているだけでも、顧客にとっては、大きな信頼につながりますので、コンテンツの更新は常に心がけましょう。   建築業でWebサイトを使って集客するために   生まれたときからインターネットがあるデジタルネイティブ世代が今後も増加する状況で、Webサイトの必要性は今後一層高まります。建築業においても、Webサイトを開設するだけでなく、効果的な運用が必要不可欠です。   顧客がWebサイトを見たいと思った時に見つけやすいようSEO対策を行い、Webサイトの中身を常に新しくしておくことで、顧客にとって価値のある情報を提供しましょう。   また、Webサイト以外のコンテンツを目的に沿って効果的に活用することで、相乗効果が発揮され、Webサイトからの受注も一層増加することが期待されます。  

ホームページが無料で作成できるツール10選

無料ツールを使ってホームページを作ろうと思っても「たくさんあって違いがわからない」という人も多いと思います。 ここでは、無料でホームページを作るために押さえておきたい基本的な内容や各社の無料ツールの違い、選ぶときに押さえておきたいポイントまで、詳しく紹介しています。 どのツールでホームページを作ったらいいか迷ったときは、是非参考にしてみてください。 無料でホームページを作る2つの方法 無料でホームページを作る方法は、大きく分けて2つに分類されます。 無料ツールを使って作成する 自分でプログラミングする それぞれのメリットとデメリットを理解して、自分に合った方法を選びましょう。 無料ツールを使って作成する 時間やお金をかけずにホームページを作る手段として主流になっているのが、無料ツールを使った作成方法です。専門知識がなくても無料で簡単にホームページが作れるので多くの人から注目を集めています。 テンプレートに沿って作成していくだけで、無料とは思えないほどおしゃれなホームページが作れる無料ツールがたくさんあります。極力コストを抑えておしゃれなホームページを作りたい方は、無料ツールを使ってホームページを作ってみることをおすすめします。 自分でプログラミングする ホームページを作成する方法は、無料ツールで作成する他に自分でプログラムングする方法が考えられます。 ホームページは、主にHTMLとCSSというプログラミング言語をもとに作られています。無料のホームページ作成ツールは、HTMLやCSSを使わなくてもホームページが作れるように簡略化したものです。 自分でいちからホームページを作ろうと思うと、それらの知識やスキルを身につけなければいけません。自分でプログラミングをするのは少しハードルが高い方法ですが、自分でデザインを決めたり機能を追加できたりするので、自由度が高いのは魅力的です。 無料ツールの使用はどんな人におすすめ? それでは、無料ツールの使用をおすすめする人を紹介します。 まず、無料ツールの一番の特徴はなんといってもコストがかからないことでしょう。無料ツールは、できるだけお金を安く抑えたいけど、それなりにクオリティの高いホームページを作りたい人におすすめのツールです。 また、無料ツールは、なるべくホームページの作成に時間を割きたくない人にも向いています。無料ツールの中には、質問に答えるだけで自動でホームページを作成してくれる機能が備わったものがあり、ホームページを短時間で作って、マーケティングや採用に浮いた時間を回せるのも嬉しいポイントです。 人気の無料ホームページ作成ツール10選 今ではホームページを用いた集客やマーケティングが主流になり、どの事業社もホームページを持っているのが一般的になりました。そのような時代のなかで、お金がかからず良質なホームページを作れる手段として、無料のホームページ作成ツールに人気が集まっています。 作成できるページの枚数や得意とするホームページの種類など、無料のホームページ作成ツールによって特徴や機能は様々です。以下で紹介する無料ツールの特徴を理解して、自社の作りたいホームページに適したツールを選びましょう。 WordPress Wix ペライチ Jimdo Ameba Ownd Google Sites Weebly BASE Shopify STORES WordPress 今最も利用者が多いホームページ作成ツール「WordPress」。世界のWebサイトの1/3がWordPressを用いて作成されているほどの人気があります。 WordPressの人気の理由は、「自由度」と「拡張性」です。 WordPressは、テンプレートが豊富に用意されているので、ホームページだけでなくECサイトやブログなど、様々な種類のWebサイトが作れる万能さが高く評価されています。。 また、WordPressは「プラグイン」という拡張機能をインストールすることで、HTMLやCSSの知識がなくても簡単に機能を追加したり、セキュリティを強化したりできます。 自由度が高く自分で設定していくものが多いぶん、多少の知識とスキルが必要になりますが、こだわりのホームページを作りたい人は、HTMLやCSSの知識を身につければ、さらに自由度が広がるのが特徴。 なにより知名度があるので、WordPressについて解説したWebページや本がたくさんあります。困ったときにすぐに解決策が見つかるのは、大きなメリットです。 Wix 世界190か国、1億6000万人以上が利用しているホームページ作成ツール「Wix」。Wixの特徴はなんといってもドラッグ&ドロップで編集できる気軽さです。 専門的な知識がなくても、直感的な操作で誰でも簡単にホームページの作成が可能です。 100種類以上のテンプレートと2万点以上の無料の写真・動画素材から自由にカスタマイズできます。 質問に答えるだけで自動でホームページを作成してくれたり、コーディングにより高度な編集ができたりと、初心者から上級者まで使いやすいツールです。 ペライチ ペライチは、少ないページ数のサイト作成に特化したホームページ作成ツールです。日本発の作成ツールなので、日本人向けのサービスが充実しています。 ペライチは、初心者でも簡単にホームページが作れる使いやすさが特徴です。テンプレートを決めたらブロックにテキストや写真を埋めていくだけでホームページが完成します。 個人用のホームページを作りたい人や、まずは簡単なホームページから作りたい人におすすめです。 Jimdo Jimdoは、KDDIウェブコミュニケーションズが運営するホームページ作成ツール。ドイツ発ですが、日本語完全対応しているので、日本人でも安心して使えるツールです。 ペライチ同様にテンプレートに沿って、テキストと画像を埋めていくだけなので、知識不要でホームページが作れます。 また、ジンドゥーAIビルダーという、質問に答えるだけで自動でホームページを作成してくれるサービスがあり、初心者でも使いやすいのが大きな魅力です。 Jimdoは専用アプリが用意されているので、外出先でホームページの管理が行えるのも利用者にとって嬉しいポイント。 Ameba Ownd Ameba Owndは、サイバーエージェントが提供するホームページ作成ツールです。シンプルでおしゃれなデザインのテンプレートが豊富にそろえられています。 Ameba Owndの最大の特徴は、なんといっても無料で独自ドメインが設定できること。他の無料ツールは、有料プランのみ、独自ドメインの設定を対応しているところが多いです。それに比べAmeba Owndは無料で独自ドメインが使えるので、無料で信頼度の高いホームページが作れます。 Google Sites Google Sitesは、その名の通りGoogleが提供するホームページ作成ツールです。Googleアカウントを持っていれば、知識やスキルがない人でも簡単にホームページが作成できます。 スムーズにGoogleマップやYouTubeなどのGoogleサービスと連携できるのが、普段からGooogleサービスを使い慣れている人には嬉しいポイント。また、Google Sitesは編集権限を付与すれば複数人で共同編集が可能なのも魅力のひとつです。 Weebly アメリカで誕生したWeeblyは、世界中に利用者がいるホームページ作成ツールです。 Wix同様にドラッグ&ドロップで編集できるので、初心者でも簡単におしゃれなホームページが作れます。ホームページだけでなく、ブログやオンラインストアなど、あらゆる種類のサイトに対応してるのは大きなメリットです。 ただ、英語のサポートのみなので、英語が苦手な人にとっては少し使いにくいかもしれません。 BASE BASEは、120万以上のサイトが利用するECサイト作成ツールです。BASEの最大の魅力は、サイトの作成から運用まで全て無料でおこなえる点にあります。独自ドメインの使用や予約販売、アクセス解析などの必要な機能が全て無料で使えるのです。 デザインを選択しておしゃれなECサイトが作れるだけでなく、HTMLやCSSでの編集が可能なので、自分でコーディングができる方は、さらにこだわったECサイトが作れます。 Shopify Shopifyは、世界175か国、100万店舗以上が利用している世界最大のECサイト作成ツールです。多数のシンプルでおしゃれなデザインを用いて、ショップに合わせたカスタマイズができるのが人気の理由です。 また、Shopifyは、サイトを作成するだけでなく、広告表示やアクセス解析などのマーケティングツールがそろっています。集客面もカバーできるので、これからネットショップ運営やEC分野へ参入する方にまず試していただきたいツールと言えるでしょう。 HTML・CSSでの編集もできるので、初心者の方はもちろん、他のサイトとは違うデザインのホームページが欲しい上級者の方にもおすすめです。 STORES STORESは、ストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社が運用するECサイト作成ツール。豊富なテンプレートと直感的にデザインできる手軽さが特徴です。 電子マネーやSNS連携など、ECサイトに必要不可欠な機能が用意されているので、自身でプログラミングをすることなく、高機能なECサイトが作れます。 無料ツールを比較する際に押さえておきたいポイント ここまで、人気の高い無料ツールをいくつか紹介しましたが、大切なポイントを押さえたうえで、比較検討することが大切です。 以下のポイントに注意して、適切な無料ツールを選びましょう。 目的にあった機能が備わっているか ツール選びで最も重要なのが「目的に適したツールかどうか」です。一口にホームページと言っても、目的によって求める役割や機能が変わってきます。 自分がどういう目的でホームページを作りたいのかを明確にすることで、求めるデザインや機能がはっきりとしてきます。必要なデザインや機能が実現するツールを選ぶことで、成果の出るホームページが作れます。 独自ドメイン使用できるか 無料ツールを比較する際に是非チェックしていただきたいのが、独自ドメインを使用できるかどうかです。 独自ドメインを使用することで、サイトへの信頼も上がりますし、SEO対策にも強くなります。 無料ツールによくある「サブドメイン」を使用していると、ツール提供元がサービスを終了したときにホームページが消えてしまったり、SEOの評価が上がらなかったりといったリスクがあるのです。 また、ホームページを公開した後でサブドメインから独自ドメインに移行できるか、という点も注意しておきましょう。「本格的にホームページに力を入れたい」と思ったときにすぐに切り替えられますし、既存のドメインパワーを引き継いだままホームページを運営していけます。 管理・更新がしやすいか ホームページは公開して終わりではありません。ホームページを見た人に好印象を与えるためにも、サイト内の情報は常に最新にしておくことが大切です。。その後の更新や管理がしやすいツールを選んでおくと、ホームページを運営していく際にも便利でしょう。 人気だからという理由で自分に合わないツールを使っていると、ページの更新を怠ったり、モチベーションが下がったりします。自分が使いたくなるようなツールを選ぶことをおすすめします。 ページ制限があるかないか 無料ツールによっては、作れるページに制限があるものも存在します。1ページしか作れないものを選んでしまうと、その後にページを増やせなかったり、事業の規模拡大の邪魔になってしまったりといったリスクが生じてしまうのです。 こうしたリスクを避けるためにも、無料ツールを選ぶ際には「ページ制限の有無」についても着目しておきましょう。 ホームページを無料ツールで作るメリット・デメリット 無料ツールを使えば、知識不要・初期費用無料で誰でも簡単にホームページが作れます。その反面、生じるデメリットも考慮しておかなければなりません。 ここからは、無料ツールを用いてホームページを作成する際のメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。 ホームページを無料ツールで作るメリット 無料ツールには、無料と思えないほどのデザインや機能が豊富に用意されています。おしゃれなホームページが、時間やコストをかけずにすぐに手に入るのは、無料ツールの大きなメリットです。 専門知識がなくても作ることは可能ですが、スキル次第で自由にカスタマイズできるのも嬉しいポイント。 ホームページを無料ツールで作るデメリット ホームページを作成する無料ツールでもデザインが豊富で、拡張性の高いツールはたくさんありますが、有料ツールと比較すると制限が多く、デザインや機能をカスタマイズする自由度は低いです。 また、無料ツールの場合は、設定やトラブルの対応に多くの時間を費やしてしまい、採用や決算など、他の業務の時間が減ってしまうこともあります。 デザインや機能性にこだわりたい方や、管理はプロに任せて自分は経営戦略などに時間を使いたい方は、一度プロに依頼して見積もりを出してもらうのも一つの手段です。 目的に合った方法でホームページを作成しましょう 無料でホームページを作る方の多くは、無料のホームページ作成ツールを使って作ることになります。 無料ツールを使えば、知識やコストがなくても簡単に本格的なホームページが作れます。無料ツールのみでホームページを作る場合、テンプレートに沿って作成していくので、デザインや機能が限定されることがあります。 しかしHTMLやCSSの基礎知識があれば、デザインを変更したり、機能を追加したりできるので、オリジナルのホームページが作れます。 様々な種類の無料ツールがありましたが、自動でホームページを作成する機能が備わっているものや、知識があればカスタマイズの自由度が高くなるものなど、ツールによって特徴が異なり、作りたいホームページよって向き不向きがあります。 ホームページを作る目的をはっきりさせたうえで、無料ツールの特徴をそれぞれ比較すれば、きっと自分に合ったツールが見つかります。最適なツールを用いて、ぜひ自分だけのホームページを作成してみましょう。

【知らなきゃ損】ホームページ作成の費用相場と依頼先を選ぶ3つのポイントとは

インターネットの普及により、企業の情報発信手段として、ホームページの運用が当たり前の時代へと変化しました。ホームページの需要増加に伴い、ホームページ作成ツールやWeb制作会社の数も急増し、クオリティや料金は作成する方法によって大幅に変動します。ホームページの作成方法は、100万円以上かかる方法から無料で作成できる方法まであり、目的や予算によって適切な方法を選ぶことが重要です。 この記事では、ホームページの作成方法による相場の違いや、依頼先を選ぶ際に注意しておきたいポイントを解説します。 作成方法によって相場は大きく変わる ホームページを作成しようと思っても、自分で作成するか、プロに依頼するかによって、必要なコストは大きく変わります。自分でホームページを作成する場合は、コストが低いかわりに、高度なスキルや多くの時間が必要です。一方、プロに依頼する場合は、コストがかかるかわりに、ホームページ作成をプロに任せて、自分は経営戦略やサービス改善などに尽力できます。 自分でコーディングして作成する 最もお金をかけずにホームページを作成する方法として、HTMLやCSSなどのプログラミング言語も用いて自身でホームページを作成するやり方があります。 デザインからコーディングまで、自身で全て作成する場合は、作成自体に費用はかかりません。かかる費用といえば、ホームページの運用に必要な月々の維持費のみです。維持費は、ドメインやサーバーの取得に毎月500〜5000円程度かかります。 自分でコーディングする方法は、プロやツールの力を借りないので、もちろん知識やスキルが必要になります。ホームページを1から全て自分で作ろうと思うと、プログラミング以外にもデザインやマーケティングの知識が必要です。 知識やスキルを習得するために、多くの時間やお金を費やす可能性があります。しかし、自分でホームページを作れるようになれば、デザインや機能などが自由に決められて、オリジナルのホームページが作成できます。 ホームページ作成ツールを使って自分で作成する 低予算で本格的なホームページが作成できるツールとして近年注目されているのが、WordPressやWixなどのホームページ作成ツールです。 一般的なホームページ作成ツールは、テンプレートがあらかじめ用意されており、そのテンプレートに沿って必要な項目を埋めていくだけでホームページが完成する仕組みです。HTMLやCSSなどの専門知識やスキルがなくても、簡単に本格的なホームページが作れるのは、初心者にとって嬉しいポイント。 ホームページ作成ツールのなかには、無料でホームページが作れるツールもあります。有料ツールや有料プランを利用した際の相場は、月額1000〜5000円となっています。 プロに依頼して作成してもらう 自分でホームページを作成する以外に、Web制作会社やフリーランスなどのプロに依頼してホームページを作成してもらうのも手段のひとつです。 もちろん依頼するために費用はかかりますが、知識やスキルを持ったプロが作成するので、高品質なホームページが作成できます。 プロに依頼するのにかかる費用は、フリーランスかWeb制作会社どちらに依頼するかによって決まります。できるだけ安く作りたい方はフリーランスがおすすめです。ある程度のクオリティを担保したうえで、予算にあったホームページを作りた方は、Web制作会社に依頼するのがいいでしょう。 ホームページの種類による相場比較 ホームページの目的や役割によって、ホームページの種類は変動します。そして、ホームページの種類によって必要な機能や表示する項目も異なります。 ホームページの目的や役割が曖昧な状態で作成してしまうと、必要な項目がなかったり不要な機能を追加してしまったりする危険があります。そうならないためにも、まずはホームページの目的と役割を定義することが重要です。 以下で紹介するホームページの種類の特徴と相場を比較して、自社に適したホームページを選びましょう。 コーポレートサイト ランディングページ リクルートサイト ECサイト ポータルサイト コーポレートサイト コーポレートサイトとは、会社のプロフィールを記したWebサイトのことです。コーポレートサイトは、顧客が会社について調べる際や、社員が自社の取り組みを説明する際に活用されます。そのため、コーポレートサイトに記載される内容は、会社概要や実績、事業内容など、ビジョンや取り組みを示すものが多いです。 コーポレートサイトが飲食店のWebサイトやECサイトと違うのは、サイトからの直接的な集客や売上をあまり意識しなくていいことです。そのため、検索や予約などの高度な機能は一般的なコーポレートサイトに必要ありません。 コーポレートサイトは、会社の雰囲気が伝わるような配色とシンプルなデザインが好まれます。コーポレートサイトは、会社の名刺のような役割をするので、サイトを見た人に不安を与えないデザインにすることが大切です。 コーポレートサイトの作成を依頼する場合、フリーランスで10〜50万、Web制作会社で50万〜100万が相場となっています。 コーポレートサイトの作成を依頼する場合、デザインとページ数によって料金が大きく変化します。デザインは求めるクオリティによって、テンプレートを利用するか、デザイナーに依頼するかが決まります。また、会社概要・事業内容・求人情報などの記載する項目をピックアップし、事前に必要なページ数も見積りましょう。 ランディングページ ランディングページとは、リンクやネット広告をクリックした際に表示されるページのことです。ランディングページは、商品やサービスの魅力を端的に伝えて、顧客を購入や資料請求などのアクションにつなげる目的があります。 ランディングページはLPとも呼ばれ、基本的に1枚、多くても数枚程度の少ないページ数で構成されています。ページ数が少ないため比較的料金は安く、フリーランスで3万〜20万、制作会社で20万〜50万が相場です。 リクルートサイト 売り手市場が進むなかで、採用情報に力を入れるために、コーポレートサイトとは独立してリクルートサイトを作る企業が増加しています。リクルートサイトとは、転職者や新卒採用の求人を専門としたWebサイトです。 リクルートサイトには、業務内容や給与、福利厚生などの項目が記載されています。最近では求職者にとって会社の働き方が注目されるようになり、社風や有給消化率、平均残業時間などを掲載する会社が増加しました。 リクルートサイトの作成を依頼する場合、相場は10万〜150万です。リクルートサイトは、社員へのインタビューや動画コンテンツを掲載するかどうかによって大幅に料金が変動します。 ECサイト 新型コロナウイルスの影響により、人との接触がないECサイトでの販売が注目されています。ECサイトとは、インターネットで商品の販売を行う通販サイトのことです。 ECサイトの作成を依頼する場合、相場は50万〜200万円です。ECサイトは、商品検索や予約、会員登録、電子決済など、必要な機能がたくさんあります。そうした機能をどこまで追加するかによって制作にかかる工数は大きく変化します。 また、ECサイトの場合は、新商品の追加や在庫数の変更など、ECサイトを開設した後も更新や運用を頻繁に行わなければいけません。サイトの作成だけでなく更新・運用を自分で行うか、プロに依頼するかによっても必要なコストは変わります。 ポータルサイト ポータルサイトは、様々なWebサイトにアクセスするときの玄関口となるサイトです。ポータルサイトには、様々な種類がありますが、代表的な例として「食べログ」や「アメブロ」などがあげられます。 コーポレートサイトやリクルートサイトに比べ、取り扱う情報量も莫大でページ数も多いため、ポータルサイトは大規模なサイトが多いです。 ポータルサイトの相場は、小規模のポータルサイトで、30万〜50万円。中規模の場合は、50万〜100万。大規模の場合は、100万円以上のコストがかかります。ポータルサイトは、追加する機能も多く、サイト規模も大きくなるため、自然と相場は高くなります。 また、ポータルサイトの作成にはかなりの時間と人数が必要なため、個人事業主ではなくWeb制作会社に依頼するのが一般的です。 依頼先によるホームページ作成予算の違い ホームページ作成の依頼先としては、フリーランスなどの「個人事業主」か「Web制作会社」のどちらかになるでしょう。ホームページの種類や費やす予算によって、フリーランスとWeb制作会社どちらに依頼するかが決まります。 まずは、自分がどういったホームページを作りたいのか、どこまで予算を組めるのかを明確にしたうえで、依頼先の特徴とメリット・デメリットを把握して比較検討しましょう。ここからは、いくつかの依頼候補先について詳しく解説していきます。 大手Web制作会社 大手Web制作会社には、経験豊富なディレクターやデザイナー、プログラマーが在籍しており、各工程を専門とするプロフェッショナルが担当するのが特徴です。 大手Web制作会社に依頼する場合のコストは最低でも100万円から、中には1000万を超えるWeb制作会社もあります。それだけ、クオリティやフォローも充実しており、確実に高品質なホームページを作成してくれるということです。 また、大手のWeb制作会社は大型のBtoB案件を中心に受注していることも特徴のひとつで、小規模な案件を受けてくれる会社は少ないでしょう。 中小規模のWeb制作会社 中小規模のWeb制作会社に依頼する場合は、一般的なホームページで10万〜50万が相場です。なかには50万〜100万で請け負ってくれる会社もあり、こだわりのホームページを作って、今後本格的に活用していきたい方にはおすすめ。 中小規模のWeb制作会社は、WordPressなどの作成ツールを用いることで制作コストを抑えているケースが多いです。WordPressによって作られたWebサイトは、自社で更新・管理できるので、一般的な中小企業のコーポレートサイトは中小規模のWeb制作会社へ依頼するのがおすすめです。 フリーランス Web制作会社に依頼する以外の方法として、フリーランスのWebデザイナーに依頼する方法があります。 フリーランスに依頼した場合の相場は、10万円前後と言われています。フリーランスは、Web制作会社に比べて人件費やオフィスの賃料などの固定費が少なくて済むので、低価格で請け負ってくれます。 フリーランスはWeb制作会社とは違って、やり取りをするのも制作するのも全て一人で担っているので、コミュニケーションが取りやすくスピーディーなのがメリットです。 しかし、個人に依頼するので、個人のスキルの範囲内でしか作れないことや納期遅延の可能性が高いことなどは懸念されます。 依頼先を選ぶときに注意すべき3つのポイント とにかく安く済ませたいからといって、値段だけで依頼先を選んでしまうと、イメージと違うホームページが納品されたり、対応が悪かったりすることがあります。 余分な予算をかけずに納得のいくクオリティのホームページを作るために、これから説明する3つのポイントを押さえておきましょう。 豊富な実績があるか フリーランス、Web制作会社にかかわらず、豊富な実績があるかどうかは必ずチェックしましょう。実績が多ければ、それだけ信頼できる業者である確率は高いです。また、実績を見ることで、作成可能なホームページのクオリティが把握できます。 過去の実績を確認し、できるだけ理想と近いホームページの制作経験がある企業やフリーランスを選ぶことをおすすめします。 コミュニケーションがしやすいか 担当者の態度が悪かったり、話を理解してもらえなかったりするとトラブルにつながりやすいです。また、事前にしっかりとコミュニケーションが取れていないと「見積りと違う金額を請求される」という食い違いも生じてしまいます。 どこの依頼先にするか迷った場合は、まず迷っている企業やフリーランスに気軽に相談してみるのが一番です。相見積もりを取ったうえで、価格や担当者の人柄などを加味して検討してみましょう。 ホームページが完成したときに「ここに依頼してよかった」と思えるように、打ち合わせを行って、信頼できる相手かどうか確認しておくことが何より大切です。 アフターフォローが充実しているかどうか ホームページを作成した後に運用面でどれくらいサポートしてくれるか、という点も非常に重要なポイントです。ホームページは公開した後も常に新しい情報に更新しなければいけません。 ホームページの更新も請け負ってくれるのか、更新に別途費用はかかるのかなども事前に聞いておきましょう。 また、運用していくなかで何かトラブルやエラーが生じた場合に、対応してくれるのかも確認しておきましょう。アフターフォローが付いていないと、その後にトラブルが起きた際に別の企業に依頼しなければならず、手間とコストがかかってしまいます。 納得のいくホームページを作るために ホームページを作成するためには、自分で作成する方法と、プロに依頼する方法の2種類がありました。また、プロのなかでもフリーランスに依頼する場合は、10万円程度の低価格でホームページが作れますが、納期の延期や廃業といったリスクが懸念されます。 いっぽう、Web制作会社の相場は、会社の規模によって全く異なります。Web制作会社のなかには、20万円程度で請け負ってくれる会社もあれば、1000万円以上かかるような大手の会社もあります。 また、得意とするホームページの種類もWeb制作会社によって異なるので、価格帯だけでなく、自社の業種に強い会社を選ぶことが重要です。 まずは、作りたいホームページとホームページ作成に割ける予算を明確にしましょう。その上で、予算を踏まえて、自社に適したホームページの作成方法を選んでいきます。この記事を参考にしながら、理想のホームページを実現しましょう。

今注目のデジタルマーケティングとは?概要や具体的な活用方法を紹介

インターネットの普及によるデジタル化の時代に伴って、デジタルデータを活用したマーケティング手法、「デジタルマーケティング」が主流になってきました。 しかし、デジタルマーケティングといっても様々な手法があります。コンテンツマーケティングやソーシャルメディアマーケティング、リターゲティング広告などを総称してデジタルマーケティングと呼びます。 この記事では、デジタルマーケティングの重要性を説くとともに、活用方法を解説しています。 デジタルマーケティングとは? デジタルマーケティングとは、デジタル化された情報(データ)を用いてマーケティング活動をおこなうことです。 デジタルマーケティングは、顧客のWebページの表示履歴や閲覧時間などのオンラインデータだけでなく、実店舗での購買履歴や来店状況などのオフラインデータまで、デジタル化されたデータを幅広く集めて分析します。 収集したデータをもとに、ホームページや広告、メール、SNSなどのデジタルツールを利用して、顧客一人ひとりに適したマーケティングをおこなうのが、デジタルマーケティングの特徴です。 〇間違えやすいデジタルマーケティングとWebマーケティングの違い よくデジタルマーケティングと混同されがちなマーケティング用語として「Webマーケティング」があります。 Webマーケティングは、Webサイト領域におけるマーケティング手法のことです。Webマーケティングは、あくまでWebサイトにおけるマーケティングなので、アプリやSNS、実店舗での購買履歴などは含みません。Webマーケティングを用いた主な手法は、Webサイトのアクセス解析やSEO対策、リスティング広告などです。 一方で、デジタルマーケティングは、Webサイトだけでなくアプリや実店舗での来店データなど、デジタルデータ全般で活用されます。 〇時代と共に高まるデジタルマーケティングの重要性 マーケティングの手法は、時代の変化に伴って、マスに働きかける方法から個人に働きかける方法へと変化しました。 これまでのマーケティング手法といえば、新聞や雑誌、テレビなど、不特定多数に働きかけるのが一般的な方法でした。しかし、ほとんどの国民がスマートフォンを持つようになり、どこでも簡単に情報を手に入れられる時代になったことで、人々は情報を取捨選択するようになりました。その結果、人々の心に残らない情報はすぐに他の情報で埋もれてしまいます。 そのような時代に合わせて、「One to One マーケティング」と呼ばれる、顧客一人ひとりにアプローチできるマーケティング手法が注目されるようになりました。顧客の属性や購買履歴、アクセス履歴などをもとにデータを分析し、顧客それぞれの好みに合わせたマーケティングをおこないます。 このように、大衆ではなく個を対象としたマーケティングをおこなうために、デジタル化したデータを収集し、様々な分野で活用するのが一般的となりました。 デジタルマーケティングを活用するメリット デジタルマーケティングを活用するメリットは大きく3つにわけられます。近年デジタルマーケティングが注目され、営業活動のメイン手法として採用されています。以下で紹介するメリットを把握してデジタルマーケティングに取り組みましょう。 これまでリーチできなかった顧客へアプローチできる 営業のノウハウが蓄積されていく ノウハウの属人化を防ぎつつ低コストで取り組める それぞれ詳しく見ていきます。 1.これまでリーチできなかった顧客へアプローチできる デジタルマーケティングの最大の特徴は、ITを活用しているために既存のネットワークやアプローチ範囲外の顧客候補に対しても働きかけられることです。SNSやWeb広告、メルマガなど様々なチャネルを活用することで、幅広いターゲットへ最適な情報を提供しつつ顧客育成に取り組めます。 また、こうしたマーケティングの情報が蓄積されるほど精度が上がっていくのも特徴です。AI技術の発展により、蓄積したビッグデータを解析しつつ、より高い精度でターゲティングを行ったり、さらに最適なチャネルからのアプローチができるようになりました。 今後はビッグデータを活用した技術が進歩していくと見られ、デジタルマーケティングを活用する企業がさらに増えるでしょう。 2.営業のノウハウが蓄積されていく デジタルマーケティングの魅力は、蓄積したデータをデジタルで管理し、可視化できる点です。 これまで、顧客情報やノウハウは、マーケティングの担当者に依存していました。顧客の好みや販売のノウハウなどは、担当者の経験として蓄積されていたので、担当者が休んだり辞めたりすると、ノウハウも消えてしまうケースも少なくありません。 しかし、これらの情報やノウハウをデジタルデータに変換し、可視化したことで、他の人も利用できる共有の資産となりました。さらにデジタルデータとして蓄積されていくことで、整理しやすく、マーケティングに欠かせない「分析」や「推測」が行いやすくなっています。 デジタルマーケティングによって自社の既存の強みを客観的に把握したり、意外な強みが発見できたりといったメリットも生まれるので、ぜひ自社でも取り組んでみましょう。 3.ノウハウの属人化を防ぎつつ低コストで取り組める デジタルマーケティングは様々なツールを活用するので、営業活動や決済、集客など、これまで人がおこなっていた業務をオートメーション化することにもつながります。その結果、大幅に人的コストが抑えられるという特徴があるのです。 例えば、これまでは営業担当が一件ずつ電話をしたり、直接訪問して顧客を獲得するのが主な営業手段でした。このような人力で担っていた業務をデジタルで行うことで、経営戦略の発案や新商品の企画に時間を回せるというメリットが生じます。 また、デジタルマーケティングによって顧客候補を獲得すれば、オンラインでの商流も獲得できます。実店舗を用意しなくても商品が販売でき、賃料や人件費などのコストが抑えられるメリットもあります。 デジタルマーケティングの主な手法は5つ デジタルマーケティングを用いることで、収集されたデジタルデータをもとに顧客の購買傾向や好みが分析され、目的や役割に適した手法で顧客にアプローチすることが可能になりました。 それでは、デジタルマーケティングに取り組む企業の多くが採用している、代表的な手法を5つ紹介します。マーケティング手法によっては、集客に向いている手法もあれば、販売促進に向いている手法もあり、求められる役割は様々です。手法ごとの特徴を理解して、正しい役割で活用することで、高い成果を発揮するでしょう。 Webサイトの運用 コンテンツマーケティング ソーシャルメディアマーケティング リターゲティング広告 マーケティングオートメーション 1.Webサイトの運用 多くの企業がデジタルマーケティングを実践するうえで、最初におこなうのがWebサイトの運用です。わざわざSNSや広告を使って宣伝しても、集客先がなければ意味がありません。 例えば、ECサイトを運営している会社が、SNSを用いて自社の商品を宣伝したとします。宣伝を見たユーザーが商品を欲しいと思ってSNSからECサイトを閲覧しても、ECサイトが見にくかったり情報が古かったりするとなかなか購買にはつながりません。 マーケティングの核となるWebサイトをしっかりと運用して、商品の売上や認知度のアップにつなげましょう。 Webサイトでマーケティングをする目的は多岐に渡りますが、基本的には大きく「集客」と「コンバージョン獲得」の2つです。 集客のためにおこなう主な施策が「検索エンジン最適化(SEO)」です。SEOとは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンでキーワード検索された際に、自社サイトを検索結果の上位に表示させて、アクセス数を増やすことが目的になります。 コンバージョン獲得の施策は、主にWebページのアクセス解析とサイト改善です。コンバージョンとは、Webサイトが目標としているアクションをユーザーが起こしてくれることを意味します。 アクセス解析は、Webサイトに来た人の属性や、どのページを長く見たか、どこで離脱しかたなどのデータを分析してサイトの改善点を見つけることです。アクセス解析により問題点が明らかになったら、デザインを見直したり、文言を変えてみるなどして、サイトの改善を図ります。 2.コンテンツマーケティング コンテンツマーケティングは、様々なコンテンツを用いて、対象となる顧客に有益な情報を提供し、最終的にコンバージョンにつなげる手法を指します。コンテンツマーケティングは、自社の存在をまだ知らないに人に見つけてもらい、既存の顧客をファンに育てることが目的です。 コンテンツマーケティングでは、ブログやメールマガジン、電子書籍などのコンテンツを用いておこないます。コンテンツの内容としては、顧客が知りたい情報や、ここでしか得られない特別な情報、共感性の高い情報などが、顧客にとって良質なコンテンツだと考えられます。 3.ソーシャルメディアマーケティング ソーシャルメディアマーケティングは、ソーシャルメディアで情報を発信することで、ブランド構築、認知拡大、売上アップなどを図る手法です。 ソーシャルメディアとは、インターネット上で不特定多数の人が自由に発信し、情報交換をおこなうメディアを意味します。そのため、InstagramやTwitterなどのSNSだけでなくYouToubeやYahoo!知恵袋などもソーシャルメディアに含まれます。 SNSの最大の強みは拡散機能があることです。顧客の共感を獲得することで、顧客が情報のハブとなって拡散し、認知度のアップにつながります。 総務省の調査によると、令和元年におけるインターネットでSNSを利用する人の割合は、58.6%と年々増加しています。今後もSNS利用者は増え続け、デジタルマーケティングにおけるSNSの重要性はさらに高まることでしょう。 参考:総務省『令和元年 通信利用動向調査報告書 第6章』 4.リターゲティング広告 リターゲティング広告とは、一度サイトを閲覧した人をサイトを閉じた後も追跡して表示する広告です。 リターゲティング広告は、サイトを離れた後も広告を表示することで、ユーザーの潜在的な購買意欲を引き出し、コンバージョンにつなげることを目的としています。 例えば「Amazonでチェックした商品の広告が流れてきて、つい買ってしまった…」という経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。このように、閲覧履歴から顧客の欲しい商品を推測して広告を表示することで、コンバージョンにつながる確率を高くするのがリターゲティング広告です。 5.マーケティングオートメーション マーケティングオートメーションとは、獲得した顧客の管理、顧客開拓、リスト化などの業務を一部自動化する手法です。 これまで人が担っていた業務をオートメーション化することで業務の効率化を図り、人的コストを削減できるのは大きなメリットになります。 デジタルマーケティングに取り組む前に注意すべきこと ここまでデジタルマーケティングの手法について説明してきましたが、手法ごとの役割に応じて取り組まないと、いまいち効果が出ないことがあります。今から紹介する内容を理解して、適切なマーケティング手法を活用することで、同じ施策でも高い効果が期待できます。 〇マーケティングを活用する目的を的確にしておく デジタルマーケティングをおこなう際は、目的に応じた手法を選ぶことが最も重要です。 おそらくマーケティングに本格的に力を入れるとなると、いろいろなマーケティング手法を活用すると思います。その際に、各マーケティング手法が全く別の指針で動いていては、最終的な目的は達成できません。 例えば、あるECサイトを運営する会社が自社の商品を売るために、SNSを使って集客をしたとします。しかし、SNSでいくら多くの人を自社サイトに集めても、Webサイトが見にくかったり、ブログの印象が悪かったりすると購買にはつながりません。 最初にデジタルマーケティングをおこなう目的を定義して、各マーケティング手法が求められる役割を担うことで、最も高い効果が期待されます。 〇自社の強みを見つける 目的がはっきりしたら、他社にはない自社の強みを見つけましょう。強みを把握することで、マーケティングの適切な手法やターゲットが明らかになります。 自社の強みを把握しないまま広告やSNSを活用しても、顧客に自社の商品やサービスの魅力を最大限に伝えることはできません。まずは、自社の強みを理解し、訴求する内容を明確にすることで、顧客の心に響く発信ができます。 〇ペルソナを設定する デジタルマーケティングをするにあたって「どれだけ顧客のことを深く理解しているか」は非常に重要なポイントです。そして顧客理解を深めるためには、ペルソナを設定する必要があります。 ペルソナとは、ターゲットをさらに具体的に設定した顧客像のことです。年齢や性別、職業、住む場所、年収、趣味、家族構成など、まるで特定の人物が実在するかのように、詳しく設定していきます。 例えば、ECサイトを運営しており、良質な生活雑貨を提供するA社が、以下のペルソナを設定したとします。 32歳 女性 専業主婦 西麻布在住 趣味は料理、買い物 夫(35才)、息子(2才)の3人で生活している A社はInstagramを使って、自社製品の販売促進を図る施策を行いました。その際に上記のようなペルソナを設定しておけば、子どもをお昼寝させて少し休憩する昼過ぎにInstagramを投稿することで、最も高い効果が見込まれるなどの仮説が立ちやすくなります。 ペルソナを設定することで、ペルソナの行動パターンが分析できます。効果の高いデジタルマーケティングをするためには、顧客理解を深めて、より詳細にペルソナを設定することがポイントです。 〇具体的な目標を設定する 目的、強み、ペルソナが明らかになったら、手法ごとに具体的な目標を設定しましょう。目標を設定することで、改善点が明らかになったり、顧客の反応が可視化されたりします。 目的を設定しただけでは、中間の達成度や指標がわかりにくかったりするため、途中で目的から外れることもあります。そのため、中間プロセスでの評価を示す目標の設定が重要になります。 効果的なデジタルマーケティングをするために デジタルマーケティングは、SNSやホームページなどのWeb領域だけでなく、実店舗の顧客データや販売履歴などのオフライン領域においても活用されています。 インターネットの普及により、あらゆる情報がデジタル化し、管理・分析できる時代になりました。また、国民全員がスマートフォンを持つようになり、どこでもネットにアクセスできるになったとこで、デジタルを用いたマーケティング手法がメインになりつつあります。今後はAIやビックデータの進歩により、デジタルマーケティングの重要性がさらに高まることが予想されます。 効果的なデジタルマーケティングをおこなうためには、いかに顧客の立場になって考えられるかが重要です。個人に向けてのアプローチが可能になったからといって、しつこくに広告を表示したり、メールを送ったりするとかえって逆効果を生んでしまいます。 マーケティングとは、顧客が本当に求めているものを開発・提供して市場を作ることです。 顧客の真の欲求を満たすものでなければ、いくらマーケティングに取り組んでも期待した成果は出ません。デジタルマーケティングにおいても、顧客の立場になって考え、自社の目的に適した方法を選択することで、最大の成果が現れます。

ホームページの作り方や作成手順を初心者にも分かりやすく解説

ホームページが欲しいなと思っても「どうやって作るのかわからない」という人もいると思います。今回はホームページの主な作り方と、有料・無料で作るメリット・デメリットをわかりやすく解説します。 この記事を読めば、あなたに適したホームページの作り方が見つかります。 ホームページの作り方は大きく4つに分けられる ホームページを作る手順は様々ですが、ホームページを作る目的や割ける予算によってどの方法を選ぶかは変わってきます。ホームページの作り方は大きく以下の4つに分類され、それぞれメリットやデメリットがあるので注意が必要です。 無料ツールを使って自分で作る 有料ツールを使って自分で作る コーディングを行い自分で作る ホームページ作成のプロへ依頼する ここからは、ホームページ作成の手法ごとに異なる特徴やメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。 1.無料ツールを使って自分で作る 今は無料でホームページを作れるツールがたくさんあり、専門知識を持っていなくても簡単にホームページが作れてしまいます。 「なるべくコストをかけずにホームページを作りたい」という方には、無料ツールがおすすめです。無料で使えるホームページ作成ツールのうち、特に人気の高いものいくつか紹介します。   ・Jimdo Jimdoは、ドイツ発のホームページ作成ツールです。世界で1500万以上のサイトがJimdoを利用しており、日本でも100万以上のサイトが作られています。 HTML・CSSの専門知識がなくても簡単にホームページが作れます。スマホ用のアプリもありますので、スマホがあれば、いつでもどこでも更新ができるのが特徴です。 参考:Jindo ・Weebly Weeblyは、サンフランシスコ発の作成ツールです。専門知識が不要で、デザイン性の高いテンプレートが用意されているのが特徴です。またWeeblyもスマホアプリがあるので、外出先でもホームページの管理ができます。 しかしWeeblyは、サポートが日本語に対応していないので、英語が苦手な人には少し使いにくいかもしれません。 参考:Weebly ・BASE BASEは、ECサイトを作るのにおすすめの無料ツールです。デザインが豊富で、専門知識がなくても簡単にECサイトが作れます。 またInstagramとの連携ができたり、HTMLを編集して自由にページがデザインできるのが強みです。ネットショップの開設を検討している方にはぜひお勧めしたい無料ツールと言えます。 参考:BASE 2.有料ツールを使って自分で作る 専門業者に頼むほどのお金はないけど、ある程度作り込んだホームページを作りたい方におすすめなのが有料ツールです。有料ツールは、無料ツールに比べてデザインの自由度も高く、管理する上でのユーザーサポートが充実しています。 また、有料ツールにはサーバーやドメインがセットで取得できるサービスもあるので、サーバーやドメインの勉強をしたり、自身で購入したりする必要がありません。 有料ツールの中でも特に人気なのがCMSというツールです。CMSとは、HTMLやCMSなどの専門知識がなくても、Webサイトを作ったり、サイトの更新や管理をしたりできるツールです。 有料でホームページが作れる人気のツールをいくつか紹介します。   ・WordPress CMSツールの中でも最も人気があるのがWordPressというサービスです。利用は無料ですが、ホームページを長期的に活用しようと考えている方は、有料の「テンプレート」を購入しましょう。 有料のテンプレートを導入すれば、コーディングの知識がなくともデザイン性や機能性を備えたホームページをすぐに用意できます。 WordPressは拡張性が高く、自由に理想のホームページが作れるのが最大の魅力です。しかし、ホームページにオリジナリティやこだわりを反映するためには、多少のHTMLやCSSの知識が必要となるので注意しましょう。 参考:WordPress ・Movable Type Movable Typeは、大手上場企業や官公庁などにも使われている実績ナンバーワンのCMSプラットホームです。 自由度が高く拡張性も高いぶん、導入するために多少サーバーやプログラミングの知識が必要になりますが、ユーザーサポートが充実しているため、初心者でも簡単にブログ形式のホームページが作れます。 参考:Movable Type ・Goope GMOペパボ株式会社が提供するホームページ作成サービス、Goope。豊富なテンプレートや、国産ならではの日本人が使いやすい仕様が人気の理由です。 また、様々な業態で活用しやすいように拡張機能も充実しています。お店のメニューやオリジナルクーポンの掲載、予約フォームの設置、カート機能の搭載など、汎用性の高い機能が簡単に搭載できるのです。 「Web制作の専門家へ依頼するのは気が引ける…」という事業者の方にお勧めしたい有料ツールと言えるでしょう。 参考:Goope 3.ホームページ作成のプロへ依頼する ここまで読んで、「ツールを使うのもちょっと難しそう…」という方は、ホームページ作成のプロへ依頼するのもひとつの手段です。 有料・無料に関わらず、自分でホームページを作ろうと思うと、それなりの時間や知識が必要です。Web制作のプロに依頼する場合、もちろん自分で作るより費用はかかりますが、ホームページの作成だけでなく、その後の管理やアップデートまで一括して依頼できるのが魅力でしょう。 本当に自分で作る必要があるのか、今一度考えてみるのも大切です。 初期投資としての費用はかかりますが、プロに依頼して資産となるホームページを作成するか、自力で作成して、成長してから見直すか、ホームページを作る目的や予算も含めて慎重に吟味しましょう。 ホームページの作成をプロに依頼するには、Web制作会社に直接依頼するか、ココナラやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトで依頼するか、2つの方法があります。 なかには、格安で粗悪なホームページを作成する悪徳業者も存在するので、依頼する場合はできるだけ多くの企業を調べて、実績や料金をチェックしましょう。 4.コーディングを行い自分で作る ホームページ作成ツールを使わずにホームページを作るなら、HTMLやCSSなどのプログラミング言語を使って自分でコードを書く方法があります。もちろん、専門知識を身に付けなければいけませんし、ドメインやサーバーの取得も自分でしなければいけません。 途中で挫折をする可能性はありますが、制限やテンプレートがないので、技術次第で自由にカスタマイズができます。 ホームページ作成の前に押さえておきたいポイント ここまでホームページの作り方を紹介してきましたが、作りたいホームページの目的やクオリティによって適切な作り方は変わってきます。 今から紹介するポイントを押さえていないと、せっかくお金をかけたのになかなか成果がでなかったり、余計にお金がかかってしまったりします。 ホームページを作る際は、目的やコンセプトに合わせてホームページの種類やデザインを決めていくことで、期待通りのホームページができます。今から紹介するポイントを押さえたうえで、ホームページの作成をおすすめします。 〇ホームページを作る目的を明確にする ホームページを作る前に最も押さえておきたいのが「作る目的」です。 認知拡大や販売、宣伝、求人など、ホームページには様々な役割があります。どのような役割でホームページを活用するのかが明確になれば、そのコンセプトがデザインや文章を考える際の骨組みとなるのです。 例えば、新しくオープンするカフェの店長がホームページの開設を考えていたとします。カフェの場合は、ホームページを見た人に実際に店舗に足を運んでもらうことが最終的な目的になります。 それなのに、お店の住所が記載されていなかったり、何が魅力のカフェなのかがわかりにくかったりすると、ホームページを見た人に「お店に行ってみたい」と思わせることはなかなか難しいでしょう。 どのような目的でホームページを作るのかを明確にすることは非常に重要です。あれもこれもと機能を求めるのではなく、目的を数個に絞ることから始めましょう。すぐにホームページを作ろうと考えている人は、一度立ち止まって考えてみることをおすすめします。 〇ホームページの種類を決める 目的が明確になったら、次はホームページの種類を決めましょう。 ホームページには、コーポレートサイトやECサイト、オウンドメディアなど、様々な種類があります。ホームページの種類によって、搭載すべき機能や求められる役割も変わります。 目的を達成するためにどのようなコンセプトのホームページにすればよいのかが決まれば、後はデザインやレイアウトを決めていくだけです。 ホームページの作り方を3ステップで紹介 それでは、実際にホームページを作る際に必要な3つのステップを紹介します。プロにお願いしたり、有料ツールでホームページを作成する場合は、以下の手順を踏まずにホームページが作成できます。 サーバーの契約 ドメインの取得 ホームページの作成 〇サーバーの契約 サーバーは、よく「Webページのマンション」と表現されますが、一言でいえばサーバーとは、Webページを保管しておく場所のことです。 サーバーの契約をしておかないと、せっかく作ったホームページは誰にも見てもらえません。サーバーに契約することで、初めてホームページが世界中に公開されるようになります。 サーバーを取得するためには、独自のサーバーを購入する方法がありますが、サーバーをレンタルする方法が一般的です。 レンタルサーバーを取得するためにはサーバー会社と契約します。無料のレンタルサーバーもありますが、本格的にホームページを作りたい人は有料のレンタルサーバーを契約するのをおすすめします。 レンタルサーバーは大切なホームページを保管する場所なので、信頼できるサーバーを選ぶことが重要です。信頼できるレンタルサーバーを選ぶために、以下のポイントを抑えておきましょう。 豊富な実績があるか 試用期間の有無 サポートが充実しているか 料金が適正か それぞれ詳しく解説します。 ・豊富な実績があるか 契約するレンタルサーバーを選ぶうえで、最も重要なポイントは「信頼できるかどうか」です。利用者が多いということは、それだけ人気が高く信頼できるということになります。 また、利用者の多いレンタルサーバーは、本やネットに豊富な情報があります。使い方がわからなかったり、トラブルが起きたときにすぐに解決策は見つかるのは利用者にとって嬉しいポイントです。   ・試用期間の有無 多くのレンタルサーバーは試用期間があります。 試用期間のあるレンタルサーバーは、試用期間が終了してから本契約を結びます。本契約をする前に実際にサーバーを使ってみて、速度や管理のしやすさを確かめられるのは魅力のひとつです。   ・サポートが充実しているか サポートが充実しているかどうかは、必ずチェックしておきたいポイントです。 サポートの内容も様々で、「電話受付」「チャット受付」「24時間サポート」などがあります。なにかトラブルにあった時にすぐに解決してくれるレンタルサーバーを選びましょう。   ・料金が適正か レンタルサーバーを契約するうえで、料金が適正かどうかも押さえておきたいポイントです。 安いからといって選んでしまうと、性能が悪かったりサポートが充実していなかったりします。多くの会社の実績と費用を比較して、予算に合ったレンタルサーバーを選ぶことをおすすめします。   〇ドメインの取得 サーバーの契約が済んだら次にドメイン(URL)を取得しなければいけません。 ドメインとは、インターネット上に存在するWebサイトが「どこにあるのか」を識別するものです。例えば、本サイトのドメインは「https://life-magic.com/」になります。 サーバーがマンションだとしたらドメインは「部屋番号」になります。マンション名だけわかっていても、部屋番号がわからないと部屋にはたどり着けないですよね。 このように、各Webページに名前を付けることで、膨大な数あるWebページの中から探し出して画面に表示できるのです。それでは、ドメインの取得に必要な手順を紹介します。 ドメイン名を決める ドメイン取得の契約を結ぶ ネームサーバー設定をする ・ドメイン名を決める 独自ドメインを取得する場合は、まずトップレベルドメインの種類を決めます。 トップレベルドメインとは、URLの「.com」や「.info」の部分のことです。トップレベルドメインの種類はたくさんありますが、「.com」や「.co.jp」などが人気です。 トップレベルドメインが決まれば、独自ドメイン名を決めます。本サイトでいうと赤色部分が独自ドメイン名になります。 「https://life-magic.com/」 独自ドメイン名は、できるだけ短く、サービスと関連のあるワードを入れることをおすすめします。 ・ドメイン取得の契約を結ぶ ドメイン名が決まれば、実際にドメインを取得します。ドメインの取得方法は、レンタルサーバー契約と一緒に取得する方法と、レンタルサーバーとは別で取得する方法があります。 レンタルサーバーと一緒に契約する方が、別で契約するのに比べて多少料金は割高になりますが、設定や管理の手間が省けるメリットがあります。 ・ネームサーバーを設定する ドメインを取得したら、次にネームサーバー申請をおこないます。ネームサーバー申請とは、ドメインとネームサーバーを紐付けることです。 ネームサーバーを設定することで、取得したドメインをレンタルサーバーで使用できるようになります。 〇ホームページの作成 ホームページを公開する環境が整ったら、実際にホームページを作成します。ホームページの目的を明確にしたうえで、構造やデザインが決まったら、有料ツールや無料ツールなどを使って作成します。 テンプレートが用意されているツールを使う場合は、手順に沿って作業をするだけでホームページが完成します。 自分でプログラミングする人や作成ツールを使って自由にカスタマイズしたい人は、自身でデザインを考えたり、デザイナーに依頼したりします。 ホームページ作成は無料と有料どっちがいい? ここまでホームページの作り方と注意するポイントを説明しましたが、無料と有料どっちがいいのでしょう? それぞれのメリットとデメリットをまとめました。 ホームページを無料で作るメリット・デメリット 今では無料ツールを使って簡単におしゃれなホームページが作れます。 ホームページを無料で作れば、コストがかからないのはとても魅力的ですが、デメリットもあります。 ・メリット 無料で作るメリットはなんといっても「コストがかからない」ことです。 専門知識がなくても簡単にできたり、無料とは思えないクオリティのホームページが作れたりします。仮に成果が出なかったとしても、リスクはありません。 ・デメリット 無料ツールは、有料ツールと比較するとデザインの自由度が低かったり、ユーザーサポートが充実していなかったりします。オリジナルデザインのホームページを作りたい人や長期的に活用してきたい人には、少し物足りないかもしれません。 また無料のツールはホームページに意図しない広告が掲載されることがあります。自社のホームページのイメージにそぐわない広告はブランディング面でマイナスなイメージを与えてしまう可能性があります。 ホームページを有料で作るメリット・デメリット ホームページを有料で作るには、有料ツールを使う方法やプロに依頼する方法がありました。 お金をかけることのメリットとデメリットの両方を理解したうえで、ホームページを作ることが重要です。 ・メリット ホームページを有料で作るメリットは、好きなようにカスタマイズできる自由度の高さと、充実したサポートにあります。 プロに依頼する場合は、ホームページの作成から管理まで全て代行してくれます。ホームページの作成や管理に費やす時間を経営戦略を考えたり商品の品質改善に回せるのも魅力のひとつです。 ・デメリット 有料で作るデメリットは、やはりお金がかかることです。たくさんお金を掛けたからといって良いホームページができるとは限りません。 そのため、ホームページを有料で作る場合、使うツールや依頼先選びにどうしても慎重になってしまいます。時間やお金はかかりますが、そのぶんたくさんのツールや会社を比較して、検討することが大切です。 成果の出るホームページを作るために ホームページを作る方法は、大きく4つありました。ツールを使って簡単にホームページを作る方法や自身でプログラミングする方法まで、様々な作り方があります。 必ず成果がでるホームページの作り方はありません。それは、ホームページを作る目的によって、適切な作り方が異なるからです。 まずは、自分が何のためにホームページを作るのかを明確にした上で、予算や求めるクオリティによって、自分に合う方法でホームページを作ってみてはいかがでしょうか。

WEBに関するお問い合わせは、何でもご相談ください!