セールスコピーライティング基礎

0
72

うまく文章がかけずに悩んだことはありませんか?

なぜ文章がうまくかけないのか、

それは、文章を書くための型を学んでいないからです。

 

セールスライティングは、文章を書くスキルのため、

誰でもコツを理解するだけで大きく反応率は変わります。

 

そのコツを記事にしたので、ぜひ読み進めてください。

読み終わるだけでも文章を早く書けるようになり、

全ての広告効果が上がります。

 

僕が普段、セールスライティングをお伝えするとき、

ダイレクトレスポンスマーケティングの権威的人物である

ダン・ケネディが提唱している「PAS」を使って説明をします。

 

「PAS」とは?

⒈Problem、問題ー問題点を明確化する

⒉Agitation扇動ー問題点を煽り立てる

⒊Solution解決策ー解決策を示す

 

⒈問題

ターゲットの悩み、潜在的な悩みは何かを明確にすることです。

まずは相手の悩みは何か調べることで、文章の構成は全て変わります。

この段階では、とにかく悩みを書き出します。

キーワードの羅列でも構いません。書き出す方法としては、

ターゲットが何をしているときにその「悩み」に直面するのか?

これを様々なシーンで書き出すことです。

 

例えば、YouTubeの動画編集の仕方を教える仕事をしたいとき、

パソコンが好きな人が何か副業をしたい、、

在宅ワークで何かできることはないかな、、

YouTubeはやってみたいけど、動画編集がめんどくさい

imovieの使い方を知りたい、、

 

など、いくつかシーン別で出てきます。

これらの悩み全てがお客さまになり、更に自分でも気づかない

潜在ニーズにも文章を読むことで気づきます。

そうすると、買いたい理由が在宅ワークで何かできることはないか、

と探していた人に、プラスであなたの商品を買う理由が生まれ、

更に買いたくなります。

 

⒉扇動

扇動とは、問題点を煽り立てることです。

煽り立てるという表現は、あまり良いイメージが湧かないと思うので、

過激に書くと読み手は引いてしまうため、逆効果です。

ターゲットが抱えている問題を、認識してもらうと理解してください。

 

⑴の例えから、

<副業、在宅、パソコン、手間、一歩が踏み出せない>

というキーワードが出てきます。それに対して、
近年、副業を認める大企業が増え、それに伴い大企業で得た

スキルと知識を生かして副業をするライバルが増加していることは、

 

ニュースで何度も見ていると思います。その中でも、YouTubeの参入は

過激化し、参入障壁が高くなる一方です。でも安心してください。

YouTubeの市場増加に伴い、動画編集の需要がとても増えており、

編集する人手が足りていない状態です。

 

いかがでしょうか?ターゲットの悩むシーンを書き出すことで、

悩みを解決できる状態に持っていくことができるイメージが

湧くと思います。

 

⒊解決策

ターゲットの問題点、潜在ニーズを明確化、認識してもらい、

そこで解決策を提示します。

 

問題点を認識したことで、解決したいと焦っている状態になっています。

解決策の提示+商品のオファー(提案)まで行います。

 

YouTubeの動画編集を学んでも、あなたが副業をできるとは限りません。

ターゲットはどこにいて、どのように提案したらいいのかわからないと、

学んでも売上を立てることができないからです。

その問題は、集客を学ぶことで解決できます。

 

あなたのやりたいことを、見込み客との関係性を大切にしながら

提案することができます。そのための動画編集プランでは、

初心者でも集客できるサポートプランがあります。

 

ここまでが「PAS」の流れになります。

見込み客の獲得や、高額商品の提案書を作る際には、

特に必要なスキルになります。

 

まとめ

⒈Problem、問題ー問題点を明確化する

ターゲットの悩みをシーン別に文章で書き出す。

 

⒉Agitation扇動ー問題点を煽り立てる

問題点煽り立てるよりも、認識してもらう。

 

⒊Solution解決策ー解決策を示す

解決策の提示+商品のオファー(提案)まで行う。

 

始めは慣れないかもしれませんが、とにかく書き出すことで上達します。

僕は、この「PAS」で未経験社員さんが145万の高額商材を20台売ってくることが

できたり、集客やネット予約率アップと、効果を発揮しています。

 

ぜひ実践してみてください!

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here