自分ビジネスを始めたいけど,手が止まってしまう方へ

0
68

一番多い質問で、ビジネスを始めたいけど、何から取り組めばいいのかわからない、、
そんな方へ簡単3ステップ方法をご紹介します。

 

本来は、オンラインスクールでは、「3C分析」と、「自分棚卸し」をじっくりとやります。
そうすると、自分に自身が湧いて、たくさんの事業アイデアが出ます。

 

今回のブログでは、世の中の市場やニーズは考えずに、
簡単に「まずはスタートする」ことが目標です。

 

ステップ1できることをやる

 

自分のできることはなんでしょうか?
まずは紙に箇条書きですぐに書き出してみることです。
ポイントは、びっしり書かずに2行は空けて書いてください。

 

これができないと何も進みません。
人が同時に考えられることは3つまでと言われています。

 

世の中には、様々なことを同時進行している方がいますが、
必ず同時進行できる仕組みを作り、事業が流れるようにしています。

 

事業スタートの方は、まだ車の運転免許をとったばかりの
初心者です。体に覚えてもらうまで、なんども運転するように、
今は書き出して自分が何をしたいのか、

 

そこを紙に書いて見つめましょう。
そうすると、ある程度のところで落ち着いてきます。
書く内容は、前と同じでも問題ありません。

 

ステップ2書いたことはどんな悩みを解決できるの?
人がお金を払いたい理由は、何か解決したい問題があり、
それをお金を払って解決しています。

 

自動販売機でジュースを買うのも、
アマゾンで宅配してもらうのも、
ヨガに行きたい人、ヘアサロンに行きたい人、
全て買う理由があります。

 

あなたのやりたいことは、何を解決できるのでしょうか?

(あなた)箇条書き
・エステをやりたい、
(お客さまの悩み)
→腕を細くしたい、小顔になりたい、ニキビを直したい、

・YouTuberになりたい
→動画を見て笑いたい、隙間時間をスマホで勉強したい、暇つぶししたい

 

書けましたでしょうか?
自分のやりたいことが明確で細かいほど、相手のピンポイントな
悩みを解決できると気付いたと思います。

 

同じ内容になっても構わないので書くことで
自分は次にどうするのか明確になり、行動したくなります。

 

ステップ3自分は何ができるのか文章にする

 

とにかく書き出し、ぐちゃぐちゃに見えるかもしれませんが、
全くそうではありません。

 

書き出した文章をみて、総合的にあなたは何ができる人でしょうか?

例えば、
HP製作ができる、飲食店で料理を作っていた、オンラインで仕事してみたい、
パソコンの仕事が好き、黙々と作業したい、、

上記を見てみると、
「飲食店で料理していた人が飲食店のホームページを更新したり作れるんじゃない?」

 

お客様が商品を書いたい理由は、買う理由がたくさんある時です。
飲食店勤務の方で、料理を作るのが忙しくて、ぐるなび、ホットペッパーで
ネット集客したいけど、手が回らない。

 

その時に、元飲食人でHP製作が得意な方がいたらお願いしたくなります。
同じ飲食店専門のHP製作でも、担当者が元飲食人なら、
飲食店の気持ちをわかってもらえるため、様々な話がとても早くなります。

 

ここまできたら、あとは飲食店に知り合いに、
「料理人が作る飲食店の魅力を引き出すHP製作」

 

と一言声をかけるだけでも、相手が相談に乗って欲しいとなります。

 

まとめ

ステップ1
できることをやる

 

自分のできることはなんでしょうか?
まずは紙に箇条書きですぐに書き出してみることです。

 

ステップ2
書いたことはどんな悩みを解決できるの?
人がお金を払いたい理由は、何か解決したい問題があり、
それをお金を払って解決しています。

 

ステップ3
自分は何ができるのか文章にする

 

ぜひ取り組んでみて、ここが聞きたい、
こんないいことがあった!とLINEから一言
お声がけいただけると嬉しいです。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here