コロナ禍の今だからこそ【Webサイトを作るべき理由】

0
81

コロナ禍の今、スマホやパソコンを見る時間が増加している方が多いのではないでしょうか。

外出が自由にできない中だと、顧客と企業のコミュニケーションの場はインターネットに限られます。

ユーザーのインターネット滞在時間が増加している今だからこそ、Webサイトを作るべきです。

今回は、コロナ禍の今だからこそWebサイトを作った方がいい理由について解説します。

 

コロナ禍の今、Webサイトを作った方がいい理由

Webサイトを作った方が良い理由は3つあります。

Webサイトのトラフィックを増やすのが比較的容易

アクティブなインターネットユーザーの増加により、Webサイトのトラフィックを増やすのが以前よりは容易になると考えられます。

特にショッピング機能を含めたWebサイトであれば、外出してショッピングをすることを避けるユーザーを取り込むことができるでしょう。

さらにコロナウイルス関連の情報収集のためにSNSを閲覧しているユーザーを自社サイトに誘導できる可能性も高いです。

 

 

ユーザーに信頼できる情報を提供

コロナ禍の今、多くの会社が顧客対応時間の短縮を行っています。

特に飲食店や小売店舗にユーザーが直接足を運びたいと思ったとき、営業時間が確認できないとユーザーは不安に思い、情報が開示されたWebサイトを持っている安心な競合他社を選んでしまうかもしれません。

以前よりしっかりとリサーチをしてから外出したいというユーザーが増えていると考えられるので、WebサイトやSNSなどのオウンドメディアを持っておきましょう。

 

 

情報の共有が簡単に

顧客対応時間の短縮に加え、リモートワークを行っている会社も多くあります。

社員が一つの場所に集まらずに業務を行うことになるので、情報共有が難しくなります

Webサイトがないと顧客から問い合わせがあったとき、窓口係を設置して問い合わせ内容ごとに担当部署に振り分けなければいけません。

さらに振り分けても、連絡がつかなかったり様子がわからなかったりする恐れがあり、伝達コストがかかってしまいます。

 

Webサイトを作ってコロナ禍を乗りきる

コロナウイルスの影響で多くの会社が打撃を受けています。

予想より長期化するコロナ禍を乗りきるには、ユーザーの変化に合わせて変わっていかなければいけません。

Webサイトを作ってコロナ禍でも顧客を離さず、さらに新規顧客も獲得していきましょう。

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here