SNSからWEBサイトを訪問してほしい!【SNS集客の方法】

0
72

最近SNSの流行に伴い、多くの企業がSNSの公式アカウントを開設しています。

SNSは情報の掲載がメインのWebサイトと異なり、ユーザー同士がつながる場を提供し、コミュニケーションを促すWebサービスです。

SNSをきっかけにユーザーをWebサイトへ誘導するにはSNSの特性をよく理解して運営しなければなりません。

今回はSNSを使ってWebサイトに集客する方法について解説します。

 

 

SNSを使ってWebサイトに集客する方法

SNSにも種類があり、それぞれの特徴があるためサービスの特徴やターゲットに合わせて使い分けることが重要です。

 

独自メディアとしてWebサイトに誘導

定期的に発信をしてフォロワーを増やしていき、Webサイトを訪問するユーザーを増やします。

言語化できる魅力があるサービスならTwitter、視覚的な魅力があるサービスならInstagramとの相性が良いです。

Twitterは文字数に制限があるものの、リンクや画像、動画など投稿内容の自由度が高いので、比較的容易にWebサイトへ誘導することができます。

制限文字数内でサービスを紹介する魅力的な文章を作成し、興味を持ったユーザーが簡単にWebサイトへ移動できるようにしておきましょう。

 

メルマガ形式で気を引く

店舗や企業に関する情報を定期的に投稿し、閲覧したユーザーに関心を持ってもらいます。

特にLINE@との相性が良いです。

LINE@は登録してくれたユーザーに対して、商品情報やクーポンなどの最新情報を送ることができます

SNSを用いたメルマガは偶然目に留めてもらえることは多いものの、登録やフォロー等してもらわないと継続して閲覧してもらえないという弱点もあります。

 

SNS広告を出す

Facebook、Instagram、TwitterなどのSNSに広告を出すことができます。

特にFacebookは、地域・性別・年齢・趣味などでターゲットを絞って広告を出せるので、Webサイトを訪問してほしいターゲットに向けて精度の高い広告を低予算で出すことが可能です。

ターゲット層が明確に決まっている店舗や企業はFacebook広告を用いるのが有効でしょう。

 

 

SNS・自社のサービスの特徴をおさえる

SNSが流行しているからといって闇雲にアカウントを開設して運営していてもなかなか効果は出ません。

それぞれのSNSの特徴や自社のサービスに合ったPR方法を選択することが大切です。

アカウントを運営する前に「何をPRしたいのか」「どのような経路でユーザーにWebサイトを訪問してもらうか」を考えておくと良いでしょう。

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here