Webサイト更新してますか?【更新しないと発生するデメリット】

0
86

Webサイトを作ってみたものの、業務が忙しくてなかなか更新できないことありますよね。

特にブログ形式の投稿などはなく、情報を載せているだけのサイトだと更新の必要がない気もしてきてしまいます。

しかし、Webサイトを更新しないとサイトのパフォーマンスが大きく下がってしまうことがあります。

 

 

Webサイトを更新しないデメリット

それでは具体的に、Webサイトを更新しなかったことで発生するデメリットについて解説します。

ユーザーにマイナスな印象を与えてしまうことがある

最新情報やお知らせを載せる欄を設けているのに、更新が数年前だと「この会社はきちんと営業しているのか」「問い合わせを送って返信がくるか」などユーザーは不安に思ってしまいます。

ユーザーに安心感を与えるために、定期的に更新していることがわかるようにしておきましょう。

誤情報をそのまま放置してしまう可能性がある

定期的にWebサイトをチェックしないと、古い情報がそのまま放置されてしまうかもしれません。

間違ったサービスの内容や価格を見て顧客が問い合わせを送ってしまったら、クレームに繋がることが考えられますし、説明をするのにも毎回時間がかかってしまいます。

Webサイトで顧客を獲得したいのなら、顧客に見せる情報に間違いがないようにしましょう。

検索順位が下がる

検索順位は検索ユーザーの疑問を解決できるWebサイトが上位に表示されます。

Webサイトのコンテンツが充実していなければ、検索エンジンに評価されません。

まったく更新していないとユーザーの関心が離れてサイトを再訪してもらえなくなるため、検索エンジンからの評価が下がって、検索順位が下がります

 

 

更新できないならWebサイトは作らない

Webサイトを更新しないと、顧客に不安感を与えたり、クレームにつながったり、検索順位が下がってしまったりするデメリットがあります。

定期的に質の高いコンテンツを更新していたら、サイトを再訪してくれるユーザーも増えるので、Webサイトのトラフィックをあげることが可能です。

時間とコストをかけてせっかくWebサイトを作ったわけなので、集客効果を最大化できるように定期的にWebサイトを更新しましょう。

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here