Web集客にはどんな種類があるの?【効果を最大化するために必要なこと】

0
147

個人事業主や中小企業のWeb担当者の方は、ユーザーを集めるためにWeb集客の活用を検討するのではないでしょうか。

Web集客とは、インターネット上のWebツールを用いてユーザーを自社のサービスに引き込むことです。

Webツールとは、「Google」や「Yahoo!JAPAN」などの検索エンジン、「Twitter」や「Facebook」などのSNS、「Youtube」などインターネット上にあるあらゆるサービスのことです。

これらのWebツールをうまく活用できれば、サービスに効率的にユーザーを集めることができます。

今回はWeb集客の種類と効果を最大化するために必要なことについて解説します。

 

 

Web集客をするために必要なこと

Web集客をするために必要な要素は、「解析」「分析」「検証」です。

Web集客の種類には、自然検索流入(Organic Search)、有料検索流入(Paid Search)、SNS流入(Social)、外部サイトからの流入(被リンク)、直接流入(お気に入り・ブックマークなど)があり、どれでもWeb集客の効果を最大化するには「解析」「分析」「検証」が必要です。

1. 解析

WEBサイトのデータというと、PV数がイメージされると思いますが、それだけではダメです。

PV数からどのくらいのコンバージョン(WEBサイトで獲得できる成果)が獲得できたのか、アクセス回数とコンバージョンの関係性を解析して数値化します。

2. 分析

解析した結果の数字を踏まえ、WEBサイトを訪問してくれたユーザーはどのようなユーザーなのかを分析します。

そしてユーザーが訪問した理由を考え、さらにコンバージョンが増える良いコンテンツが提供できるようになるには、どのような内容を加えたり変更したりすれば良いのかを分析します。

3. 検証

解析、分析をした結果を踏まえてWebツールに変更を加えて、変更がどのような効果をもたらすか確認します。

そして変更部分についてのデータが得られたら、また解析に戻って改善していきます。

 

 

Web集客には時間がかかる

Web集客の難しい点は、「これをやっておけば大丈夫」という一つの正解がないことです。

どのようなユーザー訪問していて、どのようなコンテンツなら伸びるのかはそれぞれのWebツールによって異なります。

サービスの特徴や用いるWebツールの特色などに合わせて、常に「解析」「分析」「検証」を行っていく必要があるのです。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here