スマホユーザーが感動するWebデザインは?【制作者は必見です】

0
79

スマホユーザーに向けて、どのようなデザインにしたら良いか分からない。

この記事では、スマホでサイトを閲覧するユーザーが見やすいようにWebデザインについて解説します。

超基本ですが重要な内容を書いているので、制作者はぜひご覧ください。

 

スマホユーザーが大切な理由

スマホユーザーを大切にするべき理由は、サイトの閲覧の方法が昔から大きく変わったからです。

何か調べたいことがあった時に、わざわざパソコンを開ける人は少ないでしょう。

なぜなら、現代では誰でも手軽に持ち運べるスマホがあるからです。

パソコンよりもスマホの普及率の方が、圧倒的に高いのが現状。

これからサイトを作るなら、絶対にスマホ対応しておくべきです。

 

スマホユーザーの為のWebデザイン

それでは、スマホユーザーがサイトを利用しやすいようにするWebデザインを解説します。

 

画像と文字の大きさ

パソコンとスマホでは大きさが全く違うので、それぞれに対応する画像や文字の大きさに変更しましょう。

パソコン対応のみだと、スマホで見た時に全てが大きくて、非常に見にくいです。

スマホ対応のみだと、パソコンで見た時に小さすぎて全く見えません。サイドにも大きな余白が埋まります。

画像と文字の大きさは、デバイスによって変わるように作りましょう。

 

幅を100%にする

スマホでは、幅を100%にしましょう。

幅が100%を超えていると、横にスライドする必要があります。

スマホユーザーは下へのスクロールに慣れているので、横のスライドは非常に使いにくいです。

幅を100%に指定して、下へのスクロールでサイトを閲覧できるようにして下さい。

 

読みやすい設計

スマホでは、読みやすい設計が非常に重要です。

パソコンだと横に長いので、多くの情報を入れてもコンパクトにまとまります。

スマホに同じ情報量を入れると、縦に長くなって、最後の肝心な部分を伝える前に離脱されます。

「このサイトって、どこまであるんだろ?」

縦に長すぎると途中で飽きられるので、スマホでは読みやすい設計をより大切にしましょう。

 

スマホ対応サイトorレスポンシブサイト?

スマホ対応サイトとは、スマホで見るユーザーの為だけに使ったサイトです。

レスポンシブサイトとは、スマホとパソコンの両方のユーザーに対応したサイトです。

現代はスマホでサイトを見る人が非常に多いので、費用を抑える為にスマホ対応のみでサイト制作を依頼する企業が多いです。

ですが、確実にレスポンシブサイトで制作することをオススメします。

スマホの普及率が高いのは事実ですが、パソコンでサイトを見る人も少なくありません。

80%がスマホユーザーで20%と仮定しましょう。

スマホ対応のみのサイトだと、5人に1人のパソコンユーザーを捨てることになります。

後からレスポンシブサイトに変えることは可能ですが、最初から作っておくより費用が倍近く必要になることも少なくありません。

最初からレスポンシブサイトを制作しておまきましょう

 

スマホユーザーのwebデザインまとめ

この記事では、スマホユーザーが見やすいWebデザインについてまとめておきました。

基本的なことですが、少し意識を変えるだけで見やすいサイトになります。

ぜひ意識して制作してください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here