ランディングページを作る目的は?【メリデメも解説】

0
78

近年、ランディングページを制作する企業が増えています。

この記事では、ランディングページを作る目的やメリットを解説。

Webでの集客に興味がある方は、ぜひご覧ください。

 

ランディングページを作る目的

ランディングページを作る目的は、Web集客を実現するためです。

縦長の1枚のページの中に、商品やサービスの魅力をユーザーにアピールすることで、集客につなげることができます。

運用方法はリスティング広告が多く、そこからページに入ってもらって、コンバージョンに繋げます。

 

ランディングページを作るメリット

ランディングページを作る目的を理解できたところで、メリットをまとめておきました。

 

商品やサービスの魅力を伝えられる

ランディングページでは、商品やサービスについて魅力的にアピールすることができます。

ホームページでは、会社の概要など違う情報も書かないといけないので、商品やサービスをアピールするのが難しいです。

特定の商品やサービスのみを紹介するために、ランディングページは最適だと思います。

 

リスティング広告と一緒で認知度が拡大

リスティング広告とランディングページをうまく利用すれば、売り上げが数倍上がることも珍しくありません。

リスティング広告は、SEO対策を行う必要がなく、費用をかければすぐに検索順位の上位に入ります。

そこからランディングページに入って頂ければ、後は購入につなげるだけ。

購入につなげるためのページ設計や、広告の費用など難しい部分はありますが、手軽で最も効果が出るWeb集客の施策と言えるでしょう。

 

ランディングページのデメリット

すぐに離れられる

ランディングページは、クリックされても離れていく可能性が高いです。

例えば、ページがあまりにも長いため、最後のお問い合わせや購入ボタンに行く前に離れるなど。

ページを最後まで読ませる工夫をしなければ、制作費が無駄になります。

 

制作と運用の費用が大きい

ランディングページは、設計とデザインが非常に重要なので、制作費が高くなります。

それだけでなく、リスティング広告で運用するので、運用費も必要です。

運用で効果が出なければ、ランディングページを修正していくので、結果的に大きな費用が必要になります。

ですが認知が広がって売上が大きくなれば利益になるので、しっかりと会社を選定しましょう。

 

ランディングページを作る目的とメリデメまとめ

最後にランディングページを作る目的とメリデメをまとめておきます。

ランディングページを作る目的

・Web集客を実現するため

 

メリット

・商品やサービスの魅力を伝えられる

・リスティング広告と一緒で認知度が拡大

 

デメリット

・すぐに離れられる

・制作と運用の費用が大きい

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here