Webサイト制作を依頼するなら必ず注意するべきこと。【製作費を無駄にしない為に】

0
69

Webサイトを依頼したいけど、どこに依頼して良いかわからない…

上記のような疑問を、この記事で解決していきます。

本記事では、Webサイトで依頼するときに気をつけるべきことを解説。

それだけでなくオススメの依頼先も書いているので、ぜひご覧ください。

 

webサイト制作で注意すること

仕事の進め方

依頼する際は、どのように仕事を進めていくか確認しておきましょう。

  • いつワイヤーフレームを提出するのか
  • いつデザインを提出するのか
  • いつサイトをテスト公開するのか
  • いつサイトを本公開するのか

仕事の進め方を確認しておかないと、トラブルの原因になります。

どれくらいの頻度で進捗を報告してくれるのかも確認しておいた方が安全ですね。

仕事の進め方については、最初の打ち合わせで確認しておきましょう。

 

サイト公開後の運用

サイトを制作した後は、どのように運営していくのか話し合いましょう。

悪徳業者であれば、契約をした後に毎月運営費が発生するような話を持ち出します。

サーバーやドメインの管理費など、様々な理由でサイト制作後もお金を払い続ける契約があるかもしれないので、サイト公開後の運用について最初に確認しておいてください

 

実績があるのか

Web制作は、他の技術職に比べて簡単です。

そのため、実績が無い企業やフリーランスでも、普通にWebデザイナーを名乗ります。

依頼する際は、相手にどのような実績があるのか確認しましょう

実績がないフリーランスや企業であれば、ポートフォリオなどの確認をオススメします。

実績を見ないで依頼すると、素人のようなサイトが納品される可能性があるので気をつけましょう。

 

相場が合っているのか

Web制作は、費用がピンキリです。

5万で制作する企業やフリーランスもいれば、500万円以上で受注している所もあります。

どのようなサイトを作るのか、どのように運用するかで変わってきますが、相場だけは確認しておいてください。

初心者でも作れる簡単なサイトを納品されても、受注サイドが50万円と言えば、それを支払わないといけません。

 

webサイト制作の依頼先は?

企業

依頼先の一つ目は、企業です。

費用が大きくなりますが、フリーランスより信頼性はあるでしょう。

ただ、相場とかけ離れた費用で制作する悪徳業者もあるので、企業の選定は慎重に行って下さい。

フリーランス

依頼先の二つ目は、フリーランスです。

企業に発注するより費用を抑えることができますが、人によってはスキルが足りていなかったりコミュニケーションがうまく取れなかったり…

依頼したフリーランスが駆け出しで失敗したという話もよく聞きます。

もちろん良いフリーランスもいるので、選定が重要になるでしょう。

 

まとめ:webサイトの依頼で注意すること

最後にWebサイトの依頼で注意しておくべきことをまとめておきます。

この記事で得た知識を活かして、満足できるサイトを制作しましょう。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here