Web制作はフリーランスor制作会社?

0
69

Web制作はフリーランスと制作会社のどちらに依頼した方が良いの?
この記事では、上記のような疑問を解決していきます。

本記事では、制作会社とフリーランスの違いをまとめておきました。

これからWeb制作を依頼しようと考えている方は、ぜひご覧ください。

 

フリーランスと制作会社の違い

費用

制作会社に依頼すると、費用が必要です。

  • 営業部隊への給料
  • ディレクターへの給料
  • デザイナーへの給料
  • コーダーへの給料

制作会社は労働者に給料を支払う必要があり、会社に利益を残す必要があるので、費用がかかるなは仕方ないでしょう。

フリーランスに直接発注するのであれば、

  • デザイナー
  • コーダー

の両者に払うだけで良いので、費用は大幅に抑えられます。

注意点としては、フリーランスの質が保証されていない点

勉強を始めて数ヶ月のフリーランスなどに発注すると、想像していた成果物と全く異なるものが納品されるなどは、よくあるパターンです。

企業であれば実績も開示されている場合が多いので、品質の面は依頼する前から安心できると思います。

 

連絡

企業に発注すると、多くの案件を請け負っているので、連絡の返信が1日後などは普通です。

フリーランスであれば、数十分〜数時間で返信が来ることがあります。

連絡を密に取る点では、確実にフリーランスの方が良いでしょう。

 

手軽

企業へ案件を発注すると、契約書類など面倒なことがあります。

フリーランスであれば、契約書などを作成していないケースが多いので手軽に依頼できます。

「こういうサイトを作りたい」

「わかりました。今から作業に取り掛かります。」

こういう感じです。

ただ、契約書などを作成していないフリーランスは、あまりオススメしません。

きっちりしているフリーランスであれば、絶対に見積書や契約書を作ります。打ち合わせなども行います。

手軽なのはフリーランスですが、サイト制作は何度も行うことではありません。

費用をかける価値はあるので、手軽というだけで判断しないようにしましょう。

 

安全

安全に仕事を進めることができるのは、確実に企業です。

しっかりとしているフリーランスもいますが、急に連絡がつかなくなる人も一定数いるのが現状。

企業であれば所在地もあるので、仕事から逃げ出すことは無いでしょう。

また、多くの制作案件を回してきた経験から、仕事の進め方にエラーが起きることも少ないです。

安全に仕事を進めるなら企業です。

 

品質

品質も企業の方が良いケースが多いです。

フリーランスの多くは、デザインとコーディングの両方を行います。

ですが、デザインだけを本業にしている人に比べれば、やはりスキルは劣るでしょう。

また、企業であれば多くの人の確認が入りますが、フリーランスはその人が良いと思ったもので納品されます。

フリーランスに発注するなら、せめてコーディングとデザインは別々の人に依頼しましょう。

 

フリーランスをオススメするケース

フリーランスをオススメするケースは、本当に費用がない場合です。

5万円もあれば、フリーランスに仕事を発注できます。

しかしながら、品質は少し落ちることは覚悟しておいて下さい。

そのような価格で仕事を受けるのは、勉強を始めたばかりの初心者。

  • 仕事の進め方が分かってない
  • スキルが未熟な可能性が高い

本当に費用がなくてホームページが必要なら、フリーランスはオススメです。

ただ、フリーランスでも素晴らしい人はいます。制作会社で経験を積んでいたり、フリーランスとして何年も活動している方への依頼なら、費用は高くても依頼して大丈夫です。

 

制作会社をオススメするケース

費用が十分にあるなら、制作会社に依頼する方が良いです。

日本には多くの制作会社があって、素晴らしいサイトを作っている企業があります。

ネットで調べて、イメージに合う良いサイトを見つけましょう。

そのサイトを制作した会社に依頼すれば、同じ品質でサイトを制作して頂けます。

 

フリーランスor制作会社のまとめ

本記事では。フリーランスと制作会社に依頼する場合の違いをまとめておきました。

参考にしていただければ幸いです。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here