ブログ

名古屋でオススメのWeb制作会社は?【厳選5社】

名古屋に会社を建てたけど、どのWeb制作会社にホームページ作成を 任せたら良いか分からない。 そんな方に向けて、名古屋にあるWeb制作会社を5つに厳選して紹介します。 これから名古屋で事業をされる方は、必見です。   名古屋でオススメのWeb制作会社5選 MUGEN 一つ目にご紹介するのが、当サイトであるMUGENです。 HP制作はもちろんのこと、小規模事業補助金を申請代行も行っていますので、「新規にウェブサイトを作りたい」「サイトをリニューアルしたい」という方にオススメです。最小限の資金で最高のWEBサイトを制作することができます。 また、制作のプロフェッショナルを揃えていますのでご希望に沿ったデザインのWEBサイトをスピーディに作成することができます。 また、SEOマーケティングのノウハウも備えておりますので、実際に検索されるウェブサイトを作成することができます。 小規模事業補助金を使ってのウェブサイト制作にご興味のある場合は、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡下さい。   株式会社オンカ 二つ目の会社は、株式会社オンカです。 オススメした理由は、制作だけではなくマーケティングにも力を入れているため。 ホームページを作っても上手く集客につなげられていない会社が多い理由は、マーケティングが弱いためです。 株式会社オンカであれば、ホームページを作った後の運用もお任せできます。 制作実績も豊富なので、オススメできる会社の1つとして紹介させて戴きました。   株式会社WEB企画 三つ目の会社は、株式会社WEB企画です。 理由は、色んな用途に合わせて適切なサイト構築を行えるから。 ホームページを作る理由は、会社によって異なるでしょう。 ・集客 ・採用 ・権威付 ・BtoCのサイトを作りたい ・BtoBのサイトを作りたい それぞれの企業がホームページに求める成果を理解して、それに合わせて設計を行うことができます。   株式会社エフカラー 四つ目の会社は、株式会社エフカラーです。 特徴は、何と言っても女性社員だけで構成されているため、女性をターゲットにしたサイトデザインが非常に強いと言えるでしょう。 また、運営していくサイトに掲載する記事も代行して頂けるので、リピート率も非常に高いです。   株式会社アクアリング 五つ目に紹介するのが、株式会社アクアリングです。 こちらの会社の強みは、多言語化対応サイトを作って海外へのプロモーション活動を行えること。 今まで紹介した企業は日本人顧客をに対してのサイト制作の実績が豊富ですが、株式会社アクアリングは海外顧客に対してのサイト制作の実績が豊富です。 これから海外をターゲットにした事業を運営していくのであれば、ピッタリの会社と言えるでしょう。   まとめ:名古屋でオススメのホームページ制作会社4選 こちらの記事では、名古屋を拠点に活動しているホームページ制作会社を4社紹介しました。 ・マーケティングに強い『株式会社オンカ』 ・目的に合ったサイトを作れる『株式会社Web企画』 ・女性をターゲットにした事業のWeb制作に強い『株式会社エフカラー』 ・海外を顧客にした事業のWeb制作に強い『株式会社アクアリング』 Web制作会社は、会社の近くでなくても全国に存在しています。 名古屋にも素晴らしい会社はありますが、ぜひ他県の見てください。 対面で話し合わなくてもZoomなどを使えば、簡単に打ち合わせが可能です。 ぜひ、御社が納得できる会社と繋がって、素晴らしいホームページを制作してください。

ランディングページを作る目的は?【メリデメも解説】

近年、ランディングページを制作する企業が増えています。 この記事では、ランディングページを作る目的やメリットを解説。 Webでの集客に興味がある方は、ぜひご覧ください。   ランディングページを作る目的 ランディングページを作る目的は、Web集客を実現するためです。 縦長の1枚のページの中に、商品やサービスの魅力をユーザーにアピールすることで、集客につなげることができます。 運用方法はリスティング広告が多く、そこからページに入ってもらって、コンバージョンに繋げます。   ランディングページを作るメリット ランディングページを作る目的を理解できたところで、メリットをまとめておきました。   商品やサービスの魅力を伝えられる ランディングページでは、商品やサービスについて魅力的にアピールすることができます。 ホームページでは、会社の概要など違う情報も書かないといけないので、商品やサービスをアピールするのが難しいです。 特定の商品やサービスのみを紹介するために、ランディングページは最適だと思います。   リスティング広告と一緒で認知度が拡大 リスティング広告とランディングページをうまく利用すれば、売り上げが数倍上がることも珍しくありません。 リスティング広告は、SEO対策を行う必要がなく、費用をかければすぐに検索順位の上位に入ります。 そこからランディングページに入って頂ければ、後は購入につなげるだけ。 購入につなげるためのページ設計や、広告の費用など難しい部分はありますが、手軽で最も効果が出るWeb集客の施策と言えるでしょう。   ランディングページのデメリット すぐに離れられる ランディングページは、クリックされても離れていく可能性が高いです。 例えば、ページがあまりにも長いため、最後のお問い合わせや購入ボタンに行く前に離れるなど。 ページを最後まで読ませる工夫をしなければ、制作費が無駄になります。   制作と運用の費用が大きい ランディングページは、設計とデザインが非常に重要なので、制作費が高くなります。 それだけでなく、リスティング広告で運用するので、運用費も必要です。 運用で効果が出なければ、ランディングページを修正していくので、結果的に大きな費用が必要になります。 ですが認知が広がって売上が大きくなれば利益になるので、しっかりと会社を選定しましょう。   ランディングページを作る目的とメリデメまとめ 最後にランディングページを作る目的とメリデメをまとめておきます。

スマホユーザーが感動するWebデザインは?【制作者は必見です】

スマホユーザーに向けて、どのようなデザインにしたら良いか分からない。 この記事では、スマホでサイトを閲覧するユーザーが見やすいようにWebデザインについて解説します。 超基本ですが重要な内容を書いているので、制作者はぜひご覧ください。   スマホユーザーが大切な理由 スマホユーザーを大切にするべき理由は、サイトの閲覧の方法が昔から大きく変わったからです。 何か調べたいことがあった時に、わざわざパソコンを開ける人は少ないでしょう。 なぜなら、現代では誰でも手軽に持ち運べるスマホがあるからです。 パソコンよりもスマホの普及率の方が、圧倒的に高いのが現状。 これからサイトを作るなら、絶対にスマホ対応しておくべきです。   スマホユーザーの為のWebデザイン それでは、スマホユーザーがサイトを利用しやすいようにするWebデザインを解説します。   画像と文字の大きさ パソコンとスマホでは大きさが全く違うので、それぞれに対応する画像や文字の大きさに変更しましょう。 パソコン対応のみだと、スマホで見た時に全てが大きくて、非常に見にくいです。 スマホ対応のみだと、パソコンで見た時に小さすぎて全く見えません。サイドにも大きな余白が埋まります。 画像と文字の大きさは、デバイスによって変わるように作りましょう。   幅を100%にする スマホでは、幅を100%にしましょう。 幅が100%を超えていると、横にスライドする必要があります。 スマホユーザーは下へのスクロールに慣れているので、横のスライドは非常に使いにくいです。 幅を100%に指定して、下へのスクロールでサイトを閲覧できるようにして下さい。   読みやすい設計 スマホでは、読みやすい設計が非常に重要です。 パソコンだと横に長いので、多くの情報を入れてもコンパクトにまとまります。 スマホに同じ情報量を入れると、縦に長くなって、最後の肝心な部分を伝える前に離脱されます。 「このサイトって、どこまであるんだろ?」 縦に長すぎると途中で飽きられるので、スマホでは読みやすい設計をより大切にしましょう。   スマホ対応サイトorレスポンシブサイト? スマホ対応サイトとは、スマホで見るユーザーの為だけに使ったサイトです。 レスポンシブサイトとは、スマホとパソコンの両方のユーザーに対応したサイトです。 現代はスマホでサイトを見る人が非常に多いので、費用を抑える為にスマホ対応のみでサイト制作を依頼する企業が多いです。 ですが、確実にレスポンシブサイトで制作することをオススメします。 スマホの普及率が高いのは事実ですが、パソコンでサイトを見る人も少なくありません。 80%がスマホユーザーで20%と仮定しましょう。 スマホ対応のみのサイトだと、5人に1人のパソコンユーザーを捨てることになります。 後からレスポンシブサイトに変えることは可能ですが、最初から作っておくより費用が倍近く必要になることも少なくありません。 最初からレスポンシブサイトを制作しておまきましょう。   スマホユーザーのwebデザインまとめ この記事では、スマホユーザーが見やすいWebデザインについてまとめておきました。 基本的なことですが、少し意識を変えるだけで見やすいサイトになります。 ぜひ意識して制作してください。

Web制作はフリーランスor制作会社?

Web制作はフリーランスと制作会社のどちらに依頼した方が良いの? この記事では、上記のような疑問を解決していきます。 本記事では、制作会社とフリーランスの違いをまとめておきました。 これからWeb制作を依頼しようと考えている方は、ぜひご覧ください。   フリーランスと制作会社の違い 費用 制作会社に依頼すると、費用が必要です。 営業部隊への給料 ディレクターへの給料 デザイナーへの給料 コーダーへの給料 制作会社は労働者に給料を支払う必要があり、会社に利益を残す必要があるので、費用がかかるなは仕方ないでしょう。 フリーランスに直接発注するのであれば、 デザイナー コーダー の両者に払うだけで良いので、費用は大幅に抑えられます。 注意点としては、フリーランスの質が保証されていない点。 勉強を始めて数ヶ月のフリーランスなどに発注すると、想像していた成果物と全く異なるものが納品されるなどは、よくあるパターンです。 企業であれば実績も開示されている場合が多いので、品質の面は依頼する前から安心できると思います。   連絡 企業に発注すると、多くの案件を請け負っているので、連絡の返信が1日後などは普通です。 フリーランスであれば、数十分〜数時間で返信が来ることがあります。 連絡を密に取る点では、確実にフリーランスの方が良いでしょう。   手軽 企業へ案件を発注すると、契約書類など面倒なことがあります。 フリーランスであれば、契約書などを作成していないケースが多いので手軽に依頼できます。 「こういうサイトを作りたい」 「わかりました。今から作業に取り掛かります。」 こういう感じです。 ただ、契約書などを作成していないフリーランスは、あまりオススメしません。 きっちりしているフリーランスであれば、絶対に見積書や契約書を作ります。打ち合わせなども行います。 手軽なのはフリーランスですが、サイト制作は何度も行うことではありません。 費用をかける価値はあるので、手軽というだけで判断しないようにしましょう。   安全 安全に仕事を進めることができるのは、確実に企業です。 しっかりとしているフリーランスもいますが、急に連絡がつかなくなる人も一定数いるのが現状。 企業であれば所在地もあるので、仕事から逃げ出すことは無いでしょう。 また、多くの制作案件を回してきた経験から、仕事の進め方にエラーが起きることも少ないです。 安全に仕事を進めるなら企業です。   品質 品質も企業の方が良いケースが多いです。 フリーランスの多くは、デザインとコーディングの両方を行います。 ですが、デザインだけを本業にしている人に比べれば、やはりスキルは劣るでしょう。 また、企業であれば多くの人の確認が入りますが、フリーランスはその人が良いと思ったもので納品されます。 フリーランスに発注するなら、せめてコーディングとデザインは別々の人に依頼しましょう。   フリーランスをオススメするケース フリーランスをオススメするケースは、本当に費用がない場合です。 5万円もあれば、フリーランスに仕事を発注できます。 しかしながら、品質は少し落ちることは覚悟しておいて下さい。 そのような価格で仕事を受けるのは、勉強を始めたばかりの初心者。 仕事の進め方が分かってない スキルが未熟な可能性が高い 本当に費用がなくてホームページが必要なら、フリーランスはオススメです。 ただ、フリーランスでも素晴らしい人はいます。制作会社で経験を積んでいたり、フリーランスとして何年も活動している方への依頼なら、費用は高くても依頼して大丈夫です。   制作会社をオススメするケース 費用が十分にあるなら、制作会社に依頼する方が良いです。 日本には多くの制作会社があって、素晴らしいサイトを作っている企業があります。 ネットで調べて、イメージに合う良いサイトを見つけましょう。 そのサイトを制作した会社に依頼すれば、同じ品質でサイトを制作して頂けます。   フリーランスor制作会社のまとめ 本記事では。フリーランスと制作会社に依頼する場合の違いをまとめておきました。 参考にしていただければ幸いです。

SEO対策を行わないと起きる最悪の事態。【サイトを作った意味】

「SEO対策を行わないと、どーなるんですか?」 Webで集客を行うなら絶対に必要なSEO対策。 この記事では、SEO対策を行わないと起きる最悪の事態を解説します。 これからサイトを運営していく人や、すでにサイトを持っている方は必見です。   SEO対策とは? SEOとは、検索エンジン最適化の略になります。 つまりSEO対策とは、検索エンジンで上位に表示させるための施策です。 ホームページやオウンドメディアを作っても、検索エンジンで上位に表示されなければ、誰も見てくれません。 つまり、制作費が無駄になります。 サイトを持つのであれば、SEO対策は必須と言えるでしょう。   SEO対策のメリット SEO対策の重要性を分かって頂けたところで、メリットを解説していきます。   検索上位に入る ユーザーの認知が広がる 集客につながる   検索上位に入る サイトを作ったら、検索順位で上位に入らないと意味がありません。 SEO対策を行えば、検索順位で上位に表示することが可能です。 何度も書いている内容ですが、最も重要なので再度説明しました。 それでは、検索順位で上位に入ったらどのような効果があるのか下記で解説します。   ユーザーの認知が広がる 検索順位が上がれば、多くの人があなたのサイトを見る可能性が広がります。 つまり、あなたのサイトの認知が広がるのです。 認知を広げることができれば、後はユーザーに意図した行動をさせるだけ。 SEO対策で、ユーザーの認知を広げることが可能です。   集客や購買につながる サイトを閲覧してユーザーが興味を持てば、集客や購買に繋げることができます。 特に飲食店などは、ホームページで来客数が大きく変わります。 Webでの集客をめざしているのであれば、SEO対策は必須と言えるでしょう。   SEO対策のデメリット SEO対策のデメリットは、費用と時間がかかること。 費用は月数万円〜数百万円まで幅広いです。 また効果が出始めるのに、少なくても3ヶ月は必要です。 制作の時点でできるSEO対策は、非常に微々たるものなので、月契約で専門会社にSEO対策をお願いすることをオススメします。   SEO対策を行わなかったら? SEO対策を行わなければ、作ったサイトが誰にも見られない事態になります。 20万円でサイトを作って、誰にも見られなかったら、何のために制作しましたか? このような状態になっているサイトは、非常に多いです。 サイトを作ってから数ヶ月経って、誰も見てないなどは普通にらあります。 作ったサイトを意味あるものにするため、絶対にSEO対策は行いましょう。   SEO対策は必要です SEO対策は絶対に必要です。 サイトを作っても誰かに見られなければ、意味がありません。 サイトを適切に運営していくために、SEO対策を行いましょう。  

ワードプレス以外にWebサイトを作る方法【オススメ3選を紹介】

現在、多くのサイトで利用されているWordPress。 サイト制作のツールの中では、圧倒的な普及率を誇ります。 「WordPress以外でWebサイトを作りたいけど、できますか?」 上記のような疑問を持たれる人もいますが、他にもツールはあります。 この記事では、WordPress以外でWebサイトを作れるオススメのツールを3つ紹介。 それだけでなく、なぜWordPressでサイトを制作するのかも解説します。   WordPress以外でWebサイトを作れるオススメのツール 最初に、WordPress以外でWebサイトを作れるオススメツールを紹介します。   WIX WIXは、プログラミングを知らない方でも簡単にサイトを作れるツールです。 サイト制作を依頼する余裕がない個人の方などが利用しています。 注意点としては、初心者の方が作るために、デザインなどが上手くできない点。 WIXでサイトを作る場合でも、専門の企業やフリーランスに依頼することをオススメします。   ペライチ ペライチはテンプレートに沿ってサイトを制作していくので、初心者の方でも簡単に利用できます。 サイトを自分で作るのであれば、ペライチの利用をオススメします。 誰でも最低限のデザインができているサイトを作れるので、本当に費用がない方はペライチを利用しましょう。   jimbo jimboも、サイト制作を簡単に行えるツールです。 しかし先ほどまで紹介していた2つのツールよりは、デザイン性などで欠ける部分があります。 無料で利用することは可能ですが、あまりオススメできません。   WordPress以外でWebサイトを作らない方が良い理由 この記事では、WordPress以外でサイトを制作できるツールを紹介しました。 ですが、正直あまりオススメできませんり サイトを制作するのであれば、絶対にWordPressを利用した方が良いです。 理由は、2つ。順に解説していきます。 デザイン WordPressでサイトを制作すれば、自由にデザインを作ることができます。 他のツールだとテンプレートなど、決められたデザインでしか制作できません。 オシャレで独自性の溢れるデザインでサイトを制作するのであれば、絶対にWordPressを使いましょう。 SEO対策 WordPressは、SEO対策が非常に強い設計になっています。 この記事で紹介したツールは、SEOの観点から見ると強くありません。 営業などで使う程度であればSEO対策は必要ありませんが、Webでの集客を考えているのであれば絶対にSEOが強いツールで作った方が良いです。 そのため、可能であればWordPressでサイトを構築することをオススメです。   WordPress以外でもサイトは構築できます WordPress以外でもサイトを構築することはできます。 Wix ペライチ jimbo ただSEOの観点から見ると弱いので、それだけは理解しておきましょう。

Webサイト制作を依頼するなら必ず注意するべきこと。【製作費を無駄にしない為に】

Webサイトを依頼したいけど、どこに依頼して良いかわからない… 上記のような疑問を、この記事で解決していきます。 本記事では、Webサイトで依頼するときに気をつけるべきことを解説。 それだけでなくオススメの依頼先も書いているので、ぜひご覧ください。   webサイト制作で注意すること 仕事の進め方 依頼する際は、どのように仕事を進めていくか確認しておきましょう。 いつワイヤーフレームを提出するのか いつデザインを提出するのか いつサイトをテスト公開するのか いつサイトを本公開するのか 仕事の進め方を確認しておかないと、トラブルの原因になります。 どれくらいの頻度で進捗を報告してくれるのかも確認しておいた方が安全ですね。 仕事の進め方については、最初の打ち合わせで確認しておきましょう。   サイト公開後の運用 サイトを制作した後は、どのように運営していくのか話し合いましょう。 悪徳業者であれば、契約をした後に毎月運営費が発生するような話を持ち出します。 サーバーやドメインの管理費など、様々な理由でサイト制作後もお金を払い続ける契約があるかもしれないので、サイト公開後の運用について最初に確認しておいてください。   実績があるのか Web制作は、他の技術職に比べて簡単です。 そのため、実績が無い企業やフリーランスでも、普通にWebデザイナーを名乗ります。 依頼する際は、相手にどのような実績があるのか確認しましょう。 実績がないフリーランスや企業であれば、ポートフォリオなどの確認をオススメします。 実績を見ないで依頼すると、素人のようなサイトが納品される可能性があるので気をつけましょう。   相場が合っているのか Web制作は、費用がピンキリです。 5万で制作する企業やフリーランスもいれば、500万円以上で受注している所もあります。 どのようなサイトを作るのか、どのように運用するかで変わってきますが、相場だけは確認しておいてください。 初心者でも作れる簡単なサイトを納品されても、受注サイドが50万円と言えば、それを支払わないといけません。   webサイト制作の依頼先は? 企業 依頼先の一つ目は、企業です。 費用が大きくなりますが、フリーランスより信頼性はあるでしょう。 ただ、相場とかけ離れた費用で制作する悪徳業者もあるので、企業の選定は慎重に行って下さい。 フリーランス 依頼先の二つ目は、フリーランスです。 企業に発注するより費用を抑えることができますが、人によってはスキルが足りていなかったりコミュニケーションがうまく取れなかったり… 依頼したフリーランスが駆け出しで失敗したという話もよく聞きます。 もちろん良いフリーランスもいるので、選定が重要になるでしょう。   まとめ:webサイトの依頼で注意すること 最後にWebサイトの依頼で注意しておくべきことをまとめておきます。 この記事で得た知識を活かして、満足できるサイトを制作しましょう。

Webサイトをリニューアルするタイミングは?【判断基準を解説】

「Webサイトをリニューアルするなら、タイミングっていつですか?」 この記事では、上記のような質問に対しての内容をまとめました。 本記事を読めば、どのようなWebサイトがリニューアルするべきかタイミングを知ることができます。 現在サイトを持っている方は、ぜひご覧ください。   Webサイトをリニューアルするタイミングは? Webサイトをリニューアルしたいと思ったタイミングで、すぐに動き出しましょう。 リニューアルを先延ばしにしても、サイトは変わりません。 Webサイトを変えたいと思った時点で、何か原因があるのでしょう。 一度作れば永久的に残るので、行動は早いほうが良いです。   Webサイトをリニューアルする理由 Webサイトをリニューアルする理由で、よくあるものを3つ紹介します。 デザインが悪い デザインに納得していなのであれば、迷わずサイトをリニューアルしましょう。 Webサイトで会社の印象は大きく変わります。 デザインが悪いと、印象が良くなることはありません。 一度作れば半永久的に残るので、満足ができるデザインにリニューアルすることをおすすめします。 集客に繋がっていない Web集客を目的として作ったサイトが、全く効果を発揮できていないならリニューアルのタイミングになるでしょう。 サイトを営業の際に見せるなどが目的であれば、話は別です。 しかし、集客目的ならすぐに変えるべきです。 現状のままリニューアルをしなかったら、絶対に集客には繋がりません。 サイトを制作した直後であれば問題ありませんが、1年運用して集客できてないなら絶対にリニューアルするべきです。 スマホ対応になっていない スマホ対応になっていないサイトも、すぐにリニューアルを行いましょう。 現代のユーザーの多くは、スマホからサイトを見ます。 パソコンにしか対応していないサイトは、スマホで見てみると非常に見にくいです。 これからもサイトを残しておくなら、絶対にスマホ対応にしましょう。   Webサイトをリニューアルする際の注意点 Webサイトをリニューアルする際は、依頼先に注意しましょう。 あなたがリニューアルあるしたいと考える理由を解決できる所に依頼することが非常に重要です。 集客であれば、SEOに強い制作会社。 デザインであれば、デザインに強い制作会社。 制作会社によって納品物が大きく変わるので、注意しておきましょう。   Webサイトのリニューアルは絶対するべき リニューアルを考えているのであれば、絶対にするべきです。 いつまでも先延ばしにしては、サイトの運営費が無駄になります。 これからもサイトを運営するのであれば、絶対にリニューアルはしておきましょう。

フリーランスに依頼するメリットとデメリット。【発注者は必見】

最近、企業ではなくフリーランスに仕事を依頼する会社が増えています。 しかしながら、まだまだフリーランスに対して疑問を抱いている人も多いはず。 この記事では、フリーランスに仕事を依頼するメリットとデメリットを解説していきます。   フリーランスに依頼するメリット まずはフリーランスに依頼するメリットをまとめておきます。 費用がやすい コミュニケーションが密に取れる   費用が安い フリーランスに依頼する最大のメリットは、費用を抑えることができる点。 個人で活動しているのであれば、固定費などがかからないので、費用を大きく抑えることができます。 費用を安く抑えてホームページを作りたいのであれば、絶対にフリーランスに依頼しましょう。   コミュニケーションが密に取れる フリーランスは個人で活動しているので、コミュニケーションを密に取れます。 企業だと上司に返信する内容を確認するなどの工数が必要なので、早く返すのは難しいです。 人によりますが、メールではなくLINEやSkypeなど手軽に連絡を取れる手段を使っているので、コミュニケーションは密に取りやすいです。   フリーランスに依頼するデメリット フリーランスに依頼するメリットを紹介しましたが、デメリットもあるのでご覧ください。 納期などに厳しくない 廃業しやすいため運用に不安 実績がない   納期などに厳しくない フリーランスの中には、納期を無視する人が非常に多いです。 納期までに納品されるかは、コミュニケーションを密に取って確認する必要があります。 全員ではありませんが、納期を気にしないフリーランスには注意しましょう。   廃業しやすいため運用に不安 個人事業主は廃業しやすいため、サイト制作を依頼しても、運用している途中に廃業されたら違う人に依頼する必要があります。 廃業されるのが怖いのであれば、企業に任せたほうが良いでしょう。   実績が無い これも個人によりますが、実績が少ないフリーランスも多いです。 実績はなくてもスキルがある場合もありますが、可能性は低いと考えてください。 実績が無いフリーランスへの発注は、注意が必要です。   フリーランスにWeb制作を依頼するのはオススメ フリーランスにWeb制作を依頼するのは、非常にオススメです。 費用を大きく抑えるだけでなく、コミュニケーションも密に取りやすいです。 ただ、注意点もあります。 良いフリーランスもいれば、納期を守らないなど当たり前のことができていない人もいるので、仕事を依頼する前に確認することが大切です。

Webサイトのドメインについて徹底解説。【運営者は必見です】

サイトを運営していきたいけど、ドメインって何か分かりません…。 上記のような方は、この記事を読み進めて下さい。 Webサイトを運営していく上で、絶対に必要なドメイン。 本記事では、ドメインについて徹底解説しています。 これからサイトを運営する人は、ぜひご覧ください。   Webサイトのドメインとは? Webサイトのドメインとは、サイトをネットで公開するために必要なものです。 ドメインを習得して、サーバーに紐付けすることで、サイトを公開することができます。 分かりやすく説明すると、ドメインを家として、サーバーである土地に置かせてもらうイメージです。   Webサイトのドメイン2種 ドメインは2種類あります。 独自ドメイン サブドメイン メインとなるのは独自ドメインです。 サブドメインというのは、独自ドメインの前に好きな文字列を埋め込んで作ることができます。 サブドメインの役割は、複数のユーザーに割り当てる際に使います。   Webサイトのドメインを独自で習得メリット Webサイトのドメインを独自で習得するメリットを解説していきます。 同じURLでのサイト運営が可能 SEOの観点から良い 同じURLでのサイト運営が可能 同じURLでサイトを運営することで、多くの記事が上がるので検索流入を増やすことができます。 記事の数がSEOに関係することはないですが、数が多いほど検索上位に入る記事が増えてくるのは事実です。上位に入る記事が増えれば、流入も増えます。 独自ドメインを取ることで、同じURLでのサイト運営をすることが可能です。   SEOの観点から良い ドメインを独自で習得すれば、同じURLでサイトを運営することが可能です。 例えばエックスサーバーでドメインを習得すると、サービスが終了したときに新しくドメインを取らないといけません。 そうなると、1からサイトを運営することになるので、SEOの観点から見ても非常に不利です。 ドメインは、独自ドメインを選びましょう。   ドメインはどこで取れば良いのか 独自ドメインのメリットについて知って頂いたところで、どこで習得したら良いのかを解説していきます。 結論ですが、ドメインを売っている専門の会社から購入しましょう。 私がおすすめするドメインの購入先をまとめておきます。 お名前.com エックスドメイン   Webサイトのドメインまとめ この記事では、Webサイトのドメインについてまとめておきました。 最後にも簡単にまとめておくので、ご確認ください。 ドメインの種類 独自ドメイン サブドメイン 独自ドメインを習得するメリット 同じURLでのサイト運営が可能 SEOの観点から良い

Web集客にはどんな種類があるの?【効果を最大化するために必要なこと】

個人事業主や中小企業のWeb担当者の方は、ユーザーを集めるためにWeb集客の活用を検討するのではないでしょうか。 Web集客とは、インターネット上のWebツールを用いてユーザーを自社のサービスに引き込むことです。 Webツールとは、「Google」や「Yahoo!JAPAN」などの検索エンジン、「Twitter」や「Facebook」などのSNS、「Youtube」などインターネット上にあるあらゆるサービスのことです。 これらのWebツールをうまく活用できれば、サービスに効率的にユーザーを集めることができます。 今回はWeb集客の種類と効果を最大化するために必要なことについて解説します。     Web集客をするために必要なこと Web集客をするために必要な要素は、「解析」「分析」「検証」です。 Web集客の種類には、自然検索流入(Organic Search)、有料検索流入(Paid Search)、SNS流入(Social)、外部サイトからの流入(被リンク)、直接流入(お気に入り・ブックマークなど)があり、どれでもWeb集客の効果を最大化するには「解析」「分析」「検証」が必要です。 1. 解析 WEBサイトのデータというと、PV数がイメージされると思いますが、それだけではダメです。 PV数からどのくらいのコンバージョン(WEBサイトで獲得できる成果)が獲得できたのか、アクセス回数とコンバージョンの関係性を解析して数値化します。 2. 分析 解析した結果の数字を踏まえ、WEBサイトを訪問してくれたユーザーはどのようなユーザーなのかを分析します。 そしてユーザーが訪問した理由を考え、さらにコンバージョンが増える良いコンテンツが提供できるようになるには、どのような内容を加えたり変更したりすれば良いのかを分析します。 3. 検証 解析、分析をした結果を踏まえてWebツールに変更を加えて、変更がどのような効果をもたらすか確認します。 そして変更部分についてのデータが得られたら、また解析に戻って改善していきます。     Web集客には時間がかかる Web集客の難しい点は、「これをやっておけば大丈夫」という一つの正解がないことです。 どのようなユーザー訪問していて、どのようなコンテンツなら伸びるのかはそれぞれのWebツールによって異なります。 サービスの特徴や用いるWebツールの特色などに合わせて、常に「解析」「分析」「検証」を行っていく必要があるのです。

Webサイト更新してますか?【更新しないと発生するデメリット】

Webサイトを作ってみたものの、業務が忙しくてなかなか更新できないことありますよね。 特にブログ形式の投稿などはなく、情報を載せているだけのサイトだと更新の必要がない気もしてきてしまいます。 しかし、Webサイトを更新しないとサイトのパフォーマンスが大きく下がってしまうことがあります。     Webサイトを更新しないデメリット それでは具体的に、Webサイトを更新しなかったことで発生するデメリットについて解説します。 ユーザーにマイナスな印象を与えてしまうことがある 最新情報やお知らせを載せる欄を設けているのに、更新が数年前だと「この会社はきちんと営業しているのか」「問い合わせを送って返信がくるか」などユーザーは不安に思ってしまいます。 ユーザーに安心感を与えるために、定期的に更新していることがわかるようにしておきましょう。 誤情報をそのまま放置してしまう可能性がある 定期的にWebサイトをチェックしないと、古い情報がそのまま放置されてしまうかもしれません。 間違ったサービスの内容や価格を見て顧客が問い合わせを送ってしまったら、クレームに繋がることが考えられますし、説明をするのにも毎回時間がかかってしまいます。 Webサイトで顧客を獲得したいのなら、顧客に見せる情報に間違いがないようにしましょう。 検索順位が下がる 検索順位は検索ユーザーの疑問を解決できるWebサイトが上位に表示されます。 Webサイトのコンテンツが充実していなければ、検索エンジンに評価されません。 まったく更新していないとユーザーの関心が離れてサイトを再訪してもらえなくなるため、検索エンジンからの評価が下がって、検索順位が下がります。     更新できないならWebサイトは作らない Webサイトを更新しないと、顧客に不安感を与えたり、クレームにつながったり、検索順位が下がってしまったりするデメリットがあります。 定期的に質の高いコンテンツを更新していたら、サイトを再訪してくれるユーザーも増えるので、Webサイトのトラフィックをあげることが可能です。 時間とコストをかけてせっかくWebサイトを作ったわけなので、集客効果を最大化できるように定期的にWebサイトを更新しましょう。    

What's NEW

名古屋でオススメのWeb制作会社は?【厳選5社】

名古屋に会社を建てたけど、どのWeb制作会社にホームページ作成を 任せたら良いか分からない。 そんな方に向けて、名古屋にあるWeb制作会社を5つに厳選して紹介します。 これから名古屋で事業をされる方は、必見です。   名古屋でオススメのWeb制作会社5選 MUGEN 一つ目にご紹介するのが、当サイトであるMUGENです。 HP制作はもちろんのこと、小規模事業補助金を申請代行も行っていますので、「新規にウェブサイトを作りたい」「サイトをリニューアルしたい」という方にオススメです。最小限の資金で最高のWEBサイトを制作することができます。 また、制作のプロフェッショナルを揃えていますのでご希望に沿ったデザインのWEBサイトをスピーディに作成することができます。 また、SEOマーケティングのノウハウも備えておりますので、実際に検索されるウェブサイトを作成することができます。 小規模事業補助金を使ってのウェブサイト制作にご興味のある場合は、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡下さい。   株式会社オンカ 二つ目の会社は、株式会社オンカです。 オススメした理由は、制作だけではなくマーケティングにも力を入れているため。 ホームページを作っても上手く集客につなげられていない会社が多い理由は、マーケティングが弱いためです。 株式会社オンカであれば、ホームページを作った後の運用もお任せできます。 制作実績も豊富なので、オススメできる会社の1つとして紹介させて戴きました。   株式会社WEB企画 三つ目の会社は、株式会社WEB企画です。 理由は、色んな用途に合わせて適切なサイト構築を行えるから。 ホームページを作る理由は、会社によって異なるでしょう。 ・集客 ・採用 ・権威付 ・BtoCのサイトを作りたい ・BtoBのサイトを作りたい それぞれの企業がホームページに求める成果を理解して、それに合わせて設計を行うことができます。   株式会社エフカラー 四つ目の会社は、株式会社エフカラーです。 特徴は、何と言っても女性社員だけで構成されているため、女性をターゲットにしたサイトデザインが非常に強いと言えるでしょう。 また、運営していくサイトに掲載する記事も代行して頂けるので、リピート率も非常に高いです。   株式会社アクアリング 五つ目に紹介するのが、株式会社アクアリングです。 こちらの会社の強みは、多言語化対応サイトを作って海外へのプロモーション活動を行えること。 今まで紹介した企業は日本人顧客をに対してのサイト制作の実績が豊富ですが、株式会社アクアリングは海外顧客に対してのサイト制作の実績が豊富です。 これから海外をターゲットにした事業を運営していくのであれば、ピッタリの会社と言えるでしょう。   まとめ:名古屋でオススメのホームページ制作会社4選 こちらの記事では、名古屋を拠点に活動しているホームページ制作会社を4社紹介しました。 ・マーケティングに強い『株式会社オンカ』 ・目的に合ったサイトを作れる『株式会社Web企画』 ・女性をターゲットにした事業のWeb制作に強い『株式会社エフカラー』 ・海外を顧客にした事業のWeb制作に強い『株式会社アクアリング』 Web制作会社は、会社の近くでなくても全国に存在しています。 名古屋にも素晴らしい会社はありますが、ぜひ他県の見てください。 対面で話し合わなくてもZoomなどを使えば、簡単に打ち合わせが可能です。 ぜひ、御社が納得できる会社と繋がって、素晴らしいホームページを制作してください。

ランディングページを作る目的は?【メリデメも解説】

近年、ランディングページを制作する企業が増えています。 この記事では、ランディングページを作る目的やメリットを解説。 Webでの集客に興味がある方は、ぜひご覧ください。   ランディングページを作る目的 ランディングページを作る目的は、Web集客を実現するためです。 縦長の1枚のページの中に、商品やサービスの魅力をユーザーにアピールすることで、集客につなげることができます。 運用方法はリスティング広告が多く、そこからページに入ってもらって、コンバージョンに繋げます。   ランディングページを作るメリット ランディングページを作る目的を理解できたところで、メリットをまとめておきました。   商品やサービスの魅力を伝えられる ランディングページでは、商品やサービスについて魅力的にアピールすることができます。 ホームページでは、会社の概要など違う情報も書かないといけないので、商品やサービスをアピールするのが難しいです。 特定の商品やサービスのみを紹介するために、ランディングページは最適だと思います。   リスティング広告と一緒で認知度が拡大 リスティング広告とランディングページをうまく利用すれば、売り上げが数倍上がることも珍しくありません。 リスティング広告は、SEO対策を行う必要がなく、費用をかければすぐに検索順位の上位に入ります。 そこからランディングページに入って頂ければ、後は購入につなげるだけ。 購入につなげるためのページ設計や、広告の費用など難しい部分はありますが、手軽で最も効果が出るWeb集客の施策と言えるでしょう。   ランディングページのデメリット すぐに離れられる ランディングページは、クリックされても離れていく可能性が高いです。 例えば、ページがあまりにも長いため、最後のお問い合わせや購入ボタンに行く前に離れるなど。 ページを最後まで読ませる工夫をしなければ、制作費が無駄になります。   制作と運用の費用が大きい ランディングページは、設計とデザインが非常に重要なので、制作費が高くなります。 それだけでなく、リスティング広告で運用するので、運用費も必要です。 運用で効果が出なければ、ランディングページを修正していくので、結果的に大きな費用が必要になります。 ですが認知が広がって売上が大きくなれば利益になるので、しっかりと会社を選定しましょう。   ランディングページを作る目的とメリデメまとめ 最後にランディングページを作る目的とメリデメをまとめておきます。

スマホユーザーが感動するWebデザインは?【制作者は必見です】

スマホユーザーに向けて、どのようなデザインにしたら良いか分からない。 この記事では、スマホでサイトを閲覧するユーザーが見やすいようにWebデザインについて解説します。 超基本ですが重要な内容を書いているので、制作者はぜひご覧ください。   スマホユーザーが大切な理由 スマホユーザーを大切にするべき理由は、サイトの閲覧の方法が昔から大きく変わったからです。 何か調べたいことがあった時に、わざわざパソコンを開ける人は少ないでしょう。 なぜなら、現代では誰でも手軽に持ち運べるスマホがあるからです。 パソコンよりもスマホの普及率の方が、圧倒的に高いのが現状。 これからサイトを作るなら、絶対にスマホ対応しておくべきです。   スマホユーザーの為のWebデザイン それでは、スマホユーザーがサイトを利用しやすいようにするWebデザインを解説します。   画像と文字の大きさ パソコンとスマホでは大きさが全く違うので、それぞれに対応する画像や文字の大きさに変更しましょう。 パソコン対応のみだと、スマホで見た時に全てが大きくて、非常に見にくいです。 スマホ対応のみだと、パソコンで見た時に小さすぎて全く見えません。サイドにも大きな余白が埋まります。 画像と文字の大きさは、デバイスによって変わるように作りましょう。   幅を100%にする スマホでは、幅を100%にしましょう。 幅が100%を超えていると、横にスライドする必要があります。 スマホユーザーは下へのスクロールに慣れているので、横のスライドは非常に使いにくいです。 幅を100%に指定して、下へのスクロールでサイトを閲覧できるようにして下さい。   読みやすい設計 スマホでは、読みやすい設計が非常に重要です。 パソコンだと横に長いので、多くの情報を入れてもコンパクトにまとまります。 スマホに同じ情報量を入れると、縦に長くなって、最後の肝心な部分を伝える前に離脱されます。 「このサイトって、どこまであるんだろ?」 縦に長すぎると途中で飽きられるので、スマホでは読みやすい設計をより大切にしましょう。   スマホ対応サイトorレスポンシブサイト? スマホ対応サイトとは、スマホで見るユーザーの為だけに使ったサイトです。 レスポンシブサイトとは、スマホとパソコンの両方のユーザーに対応したサイトです。 現代はスマホでサイトを見る人が非常に多いので、費用を抑える為にスマホ対応のみでサイト制作を依頼する企業が多いです。 ですが、確実にレスポンシブサイトで制作することをオススメします。 スマホの普及率が高いのは事実ですが、パソコンでサイトを見る人も少なくありません。 80%がスマホユーザーで20%と仮定しましょう。 スマホ対応のみのサイトだと、5人に1人のパソコンユーザーを捨てることになります。 後からレスポンシブサイトに変えることは可能ですが、最初から作っておくより費用が倍近く必要になることも少なくありません。 最初からレスポンシブサイトを制作しておまきましょう。   スマホユーザーのwebデザインまとめ この記事では、スマホユーザーが見やすいWebデザインについてまとめておきました。 基本的なことですが、少し意識を変えるだけで見やすいサイトになります。 ぜひ意識して制作してください。

Web制作はフリーランスor制作会社?

Web制作はフリーランスと制作会社のどちらに依頼した方が良いの? この記事では、上記のような疑問を解決していきます。 本記事では、制作会社とフリーランスの違いをまとめておきました。 これからWeb制作を依頼しようと考えている方は、ぜひご覧ください。   フリーランスと制作会社の違い 費用 制作会社に依頼すると、費用が必要です。 営業部隊への給料 ディレクターへの給料 デザイナーへの給料 コーダーへの給料 制作会社は労働者に給料を支払う必要があり、会社に利益を残す必要があるので、費用がかかるなは仕方ないでしょう。 フリーランスに直接発注するのであれば、 デザイナー コーダー の両者に払うだけで良いので、費用は大幅に抑えられます。 注意点としては、フリーランスの質が保証されていない点。 勉強を始めて数ヶ月のフリーランスなどに発注すると、想像していた成果物と全く異なるものが納品されるなどは、よくあるパターンです。 企業であれば実績も開示されている場合が多いので、品質の面は依頼する前から安心できると思います。   連絡 企業に発注すると、多くの案件を請け負っているので、連絡の返信が1日後などは普通です。 フリーランスであれば、数十分〜数時間で返信が来ることがあります。 連絡を密に取る点では、確実にフリーランスの方が良いでしょう。   手軽 企業へ案件を発注すると、契約書類など面倒なことがあります。 フリーランスであれば、契約書などを作成していないケースが多いので手軽に依頼できます。 「こういうサイトを作りたい」 「わかりました。今から作業に取り掛かります。」 こういう感じです。 ただ、契約書などを作成していないフリーランスは、あまりオススメしません。 きっちりしているフリーランスであれば、絶対に見積書や契約書を作ります。打ち合わせなども行います。 手軽なのはフリーランスですが、サイト制作は何度も行うことではありません。 費用をかける価値はあるので、手軽というだけで判断しないようにしましょう。   安全 安全に仕事を進めることができるのは、確実に企業です。 しっかりとしているフリーランスもいますが、急に連絡がつかなくなる人も一定数いるのが現状。 企業であれば所在地もあるので、仕事から逃げ出すことは無いでしょう。 また、多くの制作案件を回してきた経験から、仕事の進め方にエラーが起きることも少ないです。 安全に仕事を進めるなら企業です。   品質 品質も企業の方が良いケースが多いです。 フリーランスの多くは、デザインとコーディングの両方を行います。 ですが、デザインだけを本業にしている人に比べれば、やはりスキルは劣るでしょう。 また、企業であれば多くの人の確認が入りますが、フリーランスはその人が良いと思ったもので納品されます。 フリーランスに発注するなら、せめてコーディングとデザインは別々の人に依頼しましょう。   フリーランスをオススメするケース フリーランスをオススメするケースは、本当に費用がない場合です。 5万円もあれば、フリーランスに仕事を発注できます。 しかしながら、品質は少し落ちることは覚悟しておいて下さい。 そのような価格で仕事を受けるのは、勉強を始めたばかりの初心者。 仕事の進め方が分かってない スキルが未熟な可能性が高い 本当に費用がなくてホームページが必要なら、フリーランスはオススメです。 ただ、フリーランスでも素晴らしい人はいます。制作会社で経験を積んでいたり、フリーランスとして何年も活動している方への依頼なら、費用は高くても依頼して大丈夫です。   制作会社をオススメするケース 費用が十分にあるなら、制作会社に依頼する方が良いです。 日本には多くの制作会社があって、素晴らしいサイトを作っている企業があります。 ネットで調べて、イメージに合う良いサイトを見つけましょう。 そのサイトを制作した会社に依頼すれば、同じ品質でサイトを制作して頂けます。   フリーランスor制作会社のまとめ 本記事では。フリーランスと制作会社に依頼する場合の違いをまとめておきました。 参考にしていただければ幸いです。

SEO対策を行わないと起きる最悪の事態。【サイトを作った意味】

「SEO対策を行わないと、どーなるんですか?」 Webで集客を行うなら絶対に必要なSEO対策。 この記事では、SEO対策を行わないと起きる最悪の事態を解説します。 これからサイトを運営していく人や、すでにサイトを持っている方は必見です。   SEO対策とは? SEOとは、検索エンジン最適化の略になります。 つまりSEO対策とは、検索エンジンで上位に表示させるための施策です。 ホームページやオウンドメディアを作っても、検索エンジンで上位に表示されなければ、誰も見てくれません。 つまり、制作費が無駄になります。 サイトを持つのであれば、SEO対策は必須と言えるでしょう。   SEO対策のメリット SEO対策の重要性を分かって頂けたところで、メリットを解説していきます。   検索上位に入る ユーザーの認知が広がる 集客につながる   検索上位に入る サイトを作ったら、検索順位で上位に入らないと意味がありません。 SEO対策を行えば、検索順位で上位に表示することが可能です。 何度も書いている内容ですが、最も重要なので再度説明しました。 それでは、検索順位で上位に入ったらどのような効果があるのか下記で解説します。   ユーザーの認知が広がる 検索順位が上がれば、多くの人があなたのサイトを見る可能性が広がります。 つまり、あなたのサイトの認知が広がるのです。 認知を広げることができれば、後はユーザーに意図した行動をさせるだけ。 SEO対策で、ユーザーの認知を広げることが可能です。   集客や購買につながる サイトを閲覧してユーザーが興味を持てば、集客や購買に繋げることができます。 特に飲食店などは、ホームページで来客数が大きく変わります。 Webでの集客をめざしているのであれば、SEO対策は必須と言えるでしょう。   SEO対策のデメリット SEO対策のデメリットは、費用と時間がかかること。 費用は月数万円〜数百万円まで幅広いです。 また効果が出始めるのに、少なくても3ヶ月は必要です。 制作の時点でできるSEO対策は、非常に微々たるものなので、月契約で専門会社にSEO対策をお願いすることをオススメします。   SEO対策を行わなかったら? SEO対策を行わなければ、作ったサイトが誰にも見られない事態になります。 20万円でサイトを作って、誰にも見られなかったら、何のために制作しましたか? このような状態になっているサイトは、非常に多いです。 サイトを作ってから数ヶ月経って、誰も見てないなどは普通にらあります。 作ったサイトを意味あるものにするため、絶対にSEO対策は行いましょう。   SEO対策は必要です SEO対策は絶対に必要です。 サイトを作っても誰かに見られなければ、意味がありません。 サイトを適切に運営していくために、SEO対策を行いましょう。  

Popular Categories

サイトから問い合わせが来るようにしたいなど、WEBについて何でもご相談ください!