MUGEN 塚本聡

最後まで読んでいただきありがとうございます。 僕は、スタートアップ事業者のビジネス発展のために、ホームページを育てていくことが不可欠と考えています。 過去に飲食店の経営をし、LINEやネットを使って年間3000人以上集客し、毎日一人で掃除も料理も全てこなしていましたが、人の問題で閉店を決意し、とても辛い経験をしました。その時にシステム化をせず、大変後悔をしました。 そのため、WEBシステム構築や長くお付き合いのできるビジネスとして、 初期費用0円、定額制のホームページ制作をしています。 何かお困りごとがありましたら、なんでもご相談いただけると幸いです!

ブログ

名古屋でオススメのWeb制作会社は?【厳選5社】

名古屋に会社を建てたけど、どのWeb制作会社にホームページ作成を 任せたら良いか分からない。 そんな方に向けて、名古屋にあるWeb制作会社を5つに厳選して紹介します。 これから名古屋で事業をされる方は、必見です。   名古屋でオススメのWeb制作会社5選 MUGEN 一つ目にご紹介するのが、当サイトであるMUGENです。 HP制作はもちろんのこと、小規模事業補助金を申請代行も行っていますので、「新規にウェブサイトを作りたい」「サイトをリニューアルしたい」という方にオススメです。最小限の資金で最高のWEBサイトを制作することができます。 また、制作のプロフェッショナルを揃えていますのでご希望に沿ったデザインのWEBサイトをスピーディに作成することができます。 また、SEOマーケティングのノウハウも備えておりますので、実際に検索されるウェブサイトを作成することができます。 小規模事業補助金を使ってのウェブサイト制作にご興味のある場合は、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡下さい。   株式会社オンカ 二つ目の会社は、株式会社オンカです。 オススメした理由は、制作だけではなくマーケティングにも力を入れているため。 ホームページを作っても上手く集客につなげられていない会社が多い理由は、マーケティングが弱いためです。 株式会社オンカであれば、ホームページを作った後の運用もお任せできます。 制作実績も豊富なので、オススメできる会社の1つとして紹介させて戴きました。   株式会社WEB企画 三つ目の会社は、株式会社WEB企画です。 理由は、色んな用途に合わせて適切なサイト構築を行えるから。 ホームページを作る理由は、会社によって異なるでしょう。 ・集客 ・採用 ・権威付 ・BtoCのサイトを作りたい ・BtoBのサイトを作りたい それぞれの企業がホームページに求める成果を理解して、それに合わせて設計を行うことができます。   株式会社エフカラー 四つ目の会社は、株式会社エフカラーです。 特徴は、何と言っても女性社員だけで構成されているため、女性をターゲットにしたサイトデザインが非常に強いと言えるでしょう。 また、運営していくサイトに掲載する記事も代行して頂けるので、リピート率も非常に高いです。   株式会社アクアリング 五つ目に紹介するのが、株式会社アクアリングです。 こちらの会社の強みは、多言語化対応サイトを作って海外へのプロモーション活動を行えること。 今まで紹介した企業は日本人顧客をに対してのサイト制作の実績が豊富ですが、株式会社アクアリングは海外顧客に対してのサイト制作の実績が豊富です。 これから海外をターゲットにした事業を運営していくのであれば、ピッタリの会社と言えるでしょう。   まとめ:名古屋でオススメのホームページ制作会社4選 こちらの記事では、名古屋を拠点に活動しているホームページ制作会社を4社紹介しました。 ・マーケティングに強い『株式会社オンカ』 ・目的に合ったサイトを作れる『株式会社Web企画』 ・女性をターゲットにした事業のWeb制作に強い『株式会社エフカラー』 ・海外を顧客にした事業のWeb制作に強い『株式会社アクアリング』 Web制作会社は、会社の近くでなくても全国に存在しています。 名古屋にも素晴らしい会社はありますが、ぜひ他県の見てください。 対面で話し合わなくてもZoomなどを使えば、簡単に打ち合わせが可能です。 ぜひ、御社が納得できる会社と繋がって、素晴らしいホームページを制作してください。

ランディングページを作る目的は?【メリデメも解説】

近年、ランディングページを制作する企業が増えています。 この記事では、ランディングページを作る目的やメリットを解説。 Webでの集客に興味がある方は、ぜひご覧ください。   ランディングページを作る目的 ランディングページを作る目的は、Web集客を実現するためです。 縦長の1枚のページの中に、商品やサービスの魅力をユーザーにアピールすることで、集客につなげることができます。 運用方法はリスティング広告が多く、そこからページに入ってもらって、コンバージョンに繋げます。   ランディングページを作るメリット ランディングページを作る目的を理解できたところで、メリットをまとめておきました。   商品やサービスの魅力を伝えられる ランディングページでは、商品やサービスについて魅力的にアピールすることができます。 ホームページでは、会社の概要など違う情報も書かないといけないので、商品やサービスをアピールするのが難しいです。 特定の商品やサービスのみを紹介するために、ランディングページは最適だと思います。   リスティング広告と一緒で認知度が拡大 リスティング広告とランディングページをうまく利用すれば、売り上げが数倍上がることも珍しくありません。 リスティング広告は、SEO対策を行う必要がなく、費用をかければすぐに検索順位の上位に入ります。 そこからランディングページに入って頂ければ、後は購入につなげるだけ。 購入につなげるためのページ設計や、広告の費用など難しい部分はありますが、手軽で最も効果が出るWeb集客の施策と言えるでしょう。   ランディングページのデメリット すぐに離れられる ランディングページは、クリックされても離れていく可能性が高いです。 例えば、ページがあまりにも長いため、最後のお問い合わせや購入ボタンに行く前に離れるなど。 ページを最後まで読ませる工夫をしなければ、制作費が無駄になります。   制作と運用の費用が大きい ランディングページは、設計とデザインが非常に重要なので、制作費が高くなります。 それだけでなく、リスティング広告で運用するので、運用費も必要です。 運用で効果が出なければ、ランディングページを修正していくので、結果的に大きな費用が必要になります。 ですが認知が広がって売上が大きくなれば利益になるので、しっかりと会社を選定しましょう。   ランディングページを作る目的とメリデメまとめ 最後にランディングページを作る目的とメリデメをまとめておきます。 ランディングページを作る目的 ・Web集客を実現するため   メリット ・商品やサービスの魅力を伝えられる ・リスティング広告と一緒で認知度が拡大   デメリット ・すぐに離れられる ・制作と運用の費用が大きい  

スマホユーザーが感動するWebデザインは?【制作者は必見です】

スマホユーザーに向けて、どのようなデザインにしたら良いか分からない。 この記事では、スマホでサイトを閲覧するユーザーが見やすいようにWebデザインについて解説します。 超基本ですが重要な内容を書いているので、制作者はぜひご覧ください。   スマホユーザーが大切な理由 スマホユーザーを大切にするべき理由は、サイトの閲覧の方法が昔から大きく変わったからです。 何か調べたいことがあった時に、わざわざパソコンを開ける人は少ないでしょう。 なぜなら、現代では誰でも手軽に持ち運べるスマホがあるからです。 パソコンよりもスマホの普及率の方が、圧倒的に高いのが現状。 これからサイトを作るなら、絶対にスマホ対応しておくべきです。   スマホユーザーの為のWebデザイン それでは、スマホユーザーがサイトを利用しやすいようにするWebデザインを解説します。   画像と文字の大きさ パソコンとスマホでは大きさが全く違うので、それぞれに対応する画像や文字の大きさに変更しましょう。 パソコン対応のみだと、スマホで見た時に全てが大きくて、非常に見にくいです。 スマホ対応のみだと、パソコンで見た時に小さすぎて全く見えません。サイドにも大きな余白が埋まります。 画像と文字の大きさは、デバイスによって変わるように作りましょう。   幅を100%にする スマホでは、幅を100%にしましょう。 幅が100%を超えていると、横にスライドする必要があります。 スマホユーザーは下へのスクロールに慣れているので、横のスライドは非常に使いにくいです。 幅を100%に指定して、下へのスクロールでサイトを閲覧できるようにして下さい。   読みやすい設計 スマホでは、読みやすい設計が非常に重要です。 パソコンだと横に長いので、多くの情報を入れてもコンパクトにまとまります。 スマホに同じ情報量を入れると、縦に長くなって、最後の肝心な部分を伝える前に離脱されます。 「このサイトって、どこまであるんだろ?」 縦に長すぎると途中で飽きられるので、スマホでは読みやすい設計をより大切にしましょう。   スマホ対応サイトorレスポンシブサイト? スマホ対応サイトとは、スマホで見るユーザーの為だけに使ったサイトです。 レスポンシブサイトとは、スマホとパソコンの両方のユーザーに対応したサイトです。 現代はスマホでサイトを見る人が非常に多いので、費用を抑える為にスマホ対応のみでサイト制作を依頼する企業が多いです。 ですが、確実にレスポンシブサイトで制作することをオススメします。 スマホの普及率が高いのは事実ですが、パソコンでサイトを見る人も少なくありません。 80%がスマホユーザーで20%と仮定しましょう。 スマホ対応のみのサイトだと、5人に1人のパソコンユーザーを捨てることになります。 後からレスポンシブサイトに変えることは可能ですが、最初から作っておくより費用が倍近く必要になることも少なくありません。 最初からレスポンシブサイトを制作しておまきましょう。   スマホユーザーのwebデザインまとめ この記事では、スマホユーザーが見やすいWebデザインについてまとめておきました。 基本的なことですが、少し意識を変えるだけで見やすいサイトになります。 ぜひ意識して制作してください。

Web制作はフリーランスor制作会社?

Web制作はフリーランスと制作会社のどちらに依頼した方が良いの? この記事では、上記のような疑問を解決していきます。 本記事では、制作会社とフリーランスの違いをまとめておきました。 これからWeb制作を依頼しようと考えている方は、ぜひご覧ください。   フリーランスと制作会社の違い 費用 制作会社に依頼すると、費用が必要です。 営業部隊への給料 ディレクターへの給料 デザイナーへの給料 コーダーへの給料 制作会社は労働者に給料を支払う必要があり、会社に利益を残す必要があるので、費用がかかるなは仕方ないでしょう。 フリーランスに直接発注するのであれば、 デザイナー コーダー の両者に払うだけで良いので、費用は大幅に抑えられます。 注意点としては、フリーランスの質が保証されていない点。 勉強を始めて数ヶ月のフリーランスなどに発注すると、想像していた成果物と全く異なるものが納品されるなどは、よくあるパターンです。 企業であれば実績も開示されている場合が多いので、品質の面は依頼する前から安心できると思います。   連絡 企業に発注すると、多くの案件を請け負っているので、連絡の返信が1日後などは普通です。 フリーランスであれば、数十分〜数時間で返信が来ることがあります。 連絡を密に取る点では、確実にフリーランスの方が良いでしょう。   手軽 企業へ案件を発注すると、契約書類など面倒なことがあります。 フリーランスであれば、契約書などを作成していないケースが多いので手軽に依頼できます。 「こういうサイトを作りたい」 「わかりました。今から作業に取り掛かります。」 こういう感じです。 ただ、契約書などを作成していないフリーランスは、あまりオススメしません。 きっちりしているフリーランスであれば、絶対に見積書や契約書を作ります。打ち合わせなども行います。 手軽なのはフリーランスですが、サイト制作は何度も行うことではありません。 費用をかける価値はあるので、手軽というだけで判断しないようにしましょう。   安全 安全に仕事を進めることができるのは、確実に企業です。 しっかりとしているフリーランスもいますが、急に連絡がつかなくなる人も一定数いるのが現状。 企業であれば所在地もあるので、仕事から逃げ出すことは無いでしょう。 また、多くの制作案件を回してきた経験から、仕事の進め方にエラーが起きることも少ないです。 安全に仕事を進めるなら企業です。   品質 品質も企業の方が良いケースが多いです。 フリーランスの多くは、デザインとコーディングの両方を行います。 ですが、デザインだけを本業にしている人に比べれば、やはりスキルは劣るでしょう。 また、企業であれば多くの人の確認が入りますが、フリーランスはその人が良いと思ったもので納品されます。 フリーランスに発注するなら、せめてコーディングとデザインは別々の人に依頼しましょう。   フリーランスをオススメするケース フリーランスをオススメするケースは、本当に費用がない場合です。 5万円もあれば、フリーランスに仕事を発注できます。 しかしながら、品質は少し落ちることは覚悟しておいて下さい。 そのような価格で仕事を受けるのは、勉強を始めたばかりの初心者。 仕事の進め方が分かってない スキルが未熟な可能性が高い 本当に費用がなくてホームページが必要なら、フリーランスはオススメです。 ただ、フリーランスでも素晴らしい人はいます。制作会社で経験を積んでいたり、フリーランスとして何年も活動している方への依頼なら、費用は高くても依頼して大丈夫です。   制作会社をオススメするケース 費用が十分にあるなら、制作会社に依頼する方が良いです。 日本には多くの制作会社があって、素晴らしいサイトを作っている企業があります。 ネットで調べて、イメージに合う良いサイトを見つけましょう。 そのサイトを制作した会社に依頼すれば、同じ品質でサイトを制作して頂けます。   フリーランスor制作会社のまとめ 本記事では。フリーランスと制作会社に依頼する場合の違いをまとめておきました。 参考にしていただければ幸いです。

サイトから問い合わせが来るようにしたいなど、WEBについて何でもご相談ください!