ホームページ制作会社選びに必要な5つのポイントを紹介

Pocket

避けられないデジタル化の中で生き残るためには、ホームページの運用が必要不可欠な時代に突入しました。ホームページの需要が高まるにつれて、フリーランスや制作会社など、ホームページ制作を代行する業者が数多くいます。

 

しかし、何を基準にホームページ制作会社を選んだらいいのかわからず、二の足を踏んでる方もいると思います。この記事を読めば、ホームページ制作会社の選び方や、依頼する前に準備しておくことがわかります。

 

ホームページ制作会社に依頼する2つのメリット

 

ホームページ制作を外部の会社に依頼して大丈夫か不安な方のために、ホームページ制作会社に依頼するメリットを紹介します。ホームページ制作会社に依頼するメリットは、大きく2つあります。

 

良質なホームページができる

 

ホームページ制作会社に依頼する一番の目的は、自分でホームページを作るより、良質なホームページができることです。無料のツールを利用して自分で作成するより、制作会社に依頼した方が、当然デザインや機能性において優れたものができあがります。

 

ホームページ制作会社は単純なスキルだけでなく、これまで制作した経験やノウハウもあるので、顧客に合わせた臨機応変な対応が可能です。制作会社によっては、マーケッター、デザイナー、コーダーと、各工程にそれぞれのプロフェッショナルが担当しているところもあります。

 

ホームページの制作に加えて、SNSマーケティングやSEO対策などもサポートしてくれる会社もあります。Webマーケティング全般をサポートしてくれるので、制作から運用まで全てを任せることができます。

 

本来の業務に集中できる

 

ホームページの制作をプロの業者に依頼することで、自分は本来の業務に集中できるメリットがあります。ホームページの作成から更新・管理までを全て自分で行う場合は、かなりの知識と時間が必要です。

 

ホームページの制作をプロに依頼することで、自分は空いた時間を利用して、本来の営業活動や採用活動に専念できます。

 

ホームページを作成したら、月に1回は内容の更新や管理をするのが理想です。ホームページ作成後も、毎月自分で更新するとなると、長期的にはかなりの時間を費やすことになるでしょう。

 

本当に自分でやる必要があるのかを考え、自分にしかできないことに集中することをおすすめします。

 

ホームページ制作会社に依頼する2つのデメリット

 

ホームページ制作会社に依頼するメリットは、大きく2つあります。メリットだけでなく、デメリットも把握して、適切な方法でホームページを制作しましょう。

 

コストがかかる

 

ホームページ制作会社に依頼する一番のデメリットは、なんといっても大きなコストがかかることです。制作するホームページの種類やページ数によって制作費は異なりますが、多くの場合、数十万はかかります。

 

ホームページは、会社の顔となるサイトでもあり、会社にとって非常に重要な資産です。ホームページの良し悪しによって、業績が大きく変化することもあります。

 

ホームページ制作会社の中には、不当な値段を請求してくる会社もありますので、依頼する業者は慎重に選ばなければいけません。

 

時間がかかる

 

ホームページ制作をプロの業者に依頼するのではなく、自分で作ってしまった方が早い場合もあります。ホームページ制作をプロの業者に依頼する場合、複数の制作会社を比較したり、担当者と何度も打ち合わせしたりと何かと時間が必要です。ホームページの種類や規模によっては、完成までに数か月かかる場合もあります。

 

メリット・デメリットをそれぞれ理解して、自社の目的に合った方法を選ぶことをおすすめします。

 

ホームページ制作を依頼する前に考えておきたい5つのこと

 

制作会社がホームページを作るからといって、深く考えずに依頼するとイメージと全く違うホームページができたり、不要な機能まで付いてしまったりすることもあります。

 

制作会社に依頼する前に考えておきたい最低限のポイントを紹介します。成果のでるホームページを制作するために、以下の項目で漏れがないかチェックしておきましょう。

 

どんな人をターゲットにするか

 

ホームページを制作する前にまず考えておきたいのが、「ホームページのターゲットはどんな人なのか」ということです。

 

ターゲット像はできるだけ具体的にイメージしましょう。性別・年齢・年収・居住地・家族構成など、まるで特定の人物が存在するかのように設定するのがポイントです。

 

ターゲットは、ホームページを制作するうえで骨格となる重要な部分です。ターゲット次第では、デザインやテキスト、機能などホームページの全ての要素が変化します。

 

顧客に喜ばれるホームページを作るためには、顧客の立場になって考えることが大切です。顧客に寄り添ったホームページを制作するために、具体的なターゲットを設定しましょう。

 

<h3>ホームページを見た顧客にどう思ってほしいのか</h3>

 

ホームページは制作して終わりではありません。ホームページの目的となるゴールを設定して、達成するまでがホームページの役割です。商品・サービスの購入、資料請求、問い合わせなど、ホームページを活用する目的は企業によって違います。

 

ホームページの目的によって、デザインや機能も変わりますので、最初にホームページのゴールを設定することが重要です。

 

顧客に伝えたい自社の魅力はなにか

 

ターゲットとホームページの目的が決まったら、次は顧客に伝えたい自社の商品やサービスの魅力は何か考えましょう。

 

市場全体で見たときの自社の強みと弱みを明確にすることで、競合他社にはない自社だけの魅力が発見できます。

 

また、ホームページは、自社の魅力が伝わる内容かつ、顧客の欲求を満たす情報を記載するのが理想です。自社が一方的に伝えたい内容ではなく、顧客が知りたいと思う情報を記載することで、顧客の満足度も上がります。

 

どのくらいのスケジュールでホームページを制作するか

 

ホームページの方向性が決まったら、どのくらいのスケジュールでホームページを作るのかを決めましょう。ホームページのページ数や工数によって、制作にかかる時間が変わります。イメージするホームページをいつまでに欲しいのか決めておくことは非常に重要です。

 

依頼する際は、いつまでに作って欲しいのかを明示しておかないと、いつまで経ってもホームページが完成しない、という可能性もあります。

 

理想のホームページに必要な機能やデザインを細かく説明して、いつまでに完成できそうか聞いてみましょう。ホームページ制作会社も、あらかじめ期限を明示された方が、「その期間内ならここまでしかできない」や「この機能を追加するにはこのくらいの時間が必要」などの提案がしやすくなります。

 

提案依頼書(RFP)を作成しておく

 

ホームページの方向性が固まったら、依頼する前にRFPを作成しておきましょう。RFPとは、発注者側が開発者側に提案書を作成してもらうための依頼書のことです。ホームページを制作する目的や現状の課題などをまとめることで、発注側と受注側の認識をすり合わせる目的があります。

 

口頭で説明するだけでなく書面にも残すことで、言った言わないなどのトラブルも未然に防止できます。

 

ホームページ制作のRFPに必要な項目は以下の通りです。

 

<li>プロジェクトの概要</li>

<li>プロジェクトの目的</li>

<li>KGI・KPI</li>

<li>プロジェクトの背景</li>

<li>現状・課題</li>

<li>プロジェクトの目標・ゴール</li>

<li>サイト公開希望日</li>

<li>予算</li>

</ul>

 

事前に簡単なRFPを作成しておくことで、ホームページ制作の提案・作成がスムーズに進み、トラブルも回避できます。

 

依頼先を比較するときのポイント

 

ホームページの制作をプロの業者に外注しようと思っても、制作会社が多くて正直どこに依頼したらいいかわからない人も多いと思います。

 

制作会社選びに失敗しないためにも、信頼できる制作会社の特徴をまとめました。以下の項目に注意して依頼先を選ぶことをおすすめします。

 

制作会社のホームページのクオリティが高い

 

ホームページ制作会社のホームページは、その制作会社のクオリティが一番顕著に現れる場所です。デザインがよくなかったり、情報がわかりづらいホームページの会社には、自社のホームページを依頼したいとは思いません。

 

制作会社のホームページが、ここなら任せてもいいと思えるクオリティか、制作会社自身はどれくらいホームページで集客しているかを確かめるのも重要です。

 

専門用語を使わず、わかりやすく説明してくれる

 

難しい単語を使わず、こちらが理解するまで丁寧に説明してくれる担当者を選びましょう。制作会社にとっては当たり前の単語でも、素人が聞いたら理解できないことは多々あります。

 

相手が理解できない専門用語を利用する制作会社が、顧客が満足するホームページを作れるかは怪しいところ。こちらがどの程度の理解があるのかを伝えるためにも、わからないことは質問し、自分のレベルに合わせて会話してくれる担当者がいる制作会社を選びましょう。

 

また、制作会社の中には、わざと難しい専門用語を使って、不都合なことをごまかそうとする悪徳業者もいます。トラブルに巻き込まれないためにも、わからないことがあれば、物怖じせずに質問しましょう。

 

予算の詳細を説明してくれる

 

見積もりを出してもらった際に予算の具体的な内訳を説明してくれる制作会社を選びましょう。どの工数にいくらかかったのか、詳細をきちんと説明してくれる業者とは、トラブルも少なくて済みます。

 

想定していた金額より高かった場合に、大まかな金額しか見せてくれない制作会社だと、どこで予算がオーバーしたのかわかりません。「ディレクション〇〇円、デザイン〇〇円、ライティング〇〇円、コーディング〇〇円」といったように、かかった金額の内訳が細かくわかると、機能を変更したり、ページ数を減らしたりと修正がしやすくなります。

 

満足できるホームページを制作するためにも、お金のトラブルはできるだけ避けたいです。信頼できる制作会社に依頼するためにも、きちんと予算の詳細を説明してくれるかどうかをチェックしておきましょう。

 

信頼できるホームページ制作会社を見つけるには事前準備が重要

 

ホームページの制作をプロの業者に依頼することで、クオリティの高いホームページができるだけでなく、自分は営業や採用などの本来の業務に専念できるメリットがありました。一方で、外注する一番のデメリットはコストがかかることです。かけたコストに見合ったホームページができれば満足ですが、必要ないところにお金をかけてしまったり、納得のいくクオリティじゃない可能性もあります。

 

そういった失敗をなくすためにも、ホームページ制作会社は慎重に選ばなくてはいけません。この記事で紹介したポイントを押さえて、是非自慢のホームページができることを願っております。