ランディングページとは?(LP)成果を上げる5つの要素

Pocket

ネットで売上を伸ばすためには、ランディングページ(LP)が必須です。ランディングページとは、販売やセールスに特化したWEBページのことで、ネット戦略に欠かせない役割があります。間違った使い方をして作っても売れないということが内容に、初心者に向けて解説をしていきます。

 

ランディングページ(LP)とは?

ランディングページとは、直訳すると「着地ページ」です。
簡単に説明すると、ネット上で販売やセールスを行うときに使います。物を売りたいときや、リスト獲得をする時には必須のページとなります。

引用元:ランディングページを集めました。

ホームページとは何が違うのか?と疑問を持たれる方もいますが、ランディングページ単体では意味がありません。ネット上での集客導線を考えて、計画的に作られたときに爆発的な威力を発揮します。
それでは、どんなランディングページが成果を上げるのか、全体像から解説していきます。

 

ランディングページの成果を上げる集客3ステップ

ご自身で作られる際や、業者に依頼をする前に、まず構成を考えましょう。
ランディングページ(LP)は、比較的簡単に作ることができます。ですが、作っても成果がでないことが多く、専門家に依頼する前にご自身の事業においてどのように使うのか、計画を立てることが必要です。以下の全体像を使ってランディングページで成果を出す「集客3ステップ」をご説明します。ネット集客を行う上で、重要な戦略として「ダイレクト・レスポンス・マーケティング」(DRM)を使った効果的な手法があります。
上記の画像の中でLPと書かれた部分において、ランディングページを活用し、成果を上げていきます。
ネット集客の3ステップとは、

⒈集客:SNS、広告費、オフラインなどで集客をする。

⒉教育:見込み客に商品を知ってもらい、教育をする。

⒊販売:見込み客へ商品を販売する。

いきなり商品の説明をしても「興味ないからいらない」となるため、まずはターゲットに商品を知っていただくことからスタートします。

ターゲットに知っていただき、商品を購入した時の自分をイメージしてもらい、販売をする流れです。一般的な流れですが、気付かない方が意外と多く、ランディングページを活用するためにはまずご自身の事業をターゲットへ紹介していく3ステップを考えましょう。

ターゲットにどうやってアプローチをするのか

ランディングページで成果を上げる「集客3ステップ」の組み立てる順番について説明します。
事業内容を考える順番は、右側のバックエンドからフロントエンド、集客の方法と考えます。
例えばホームページ制作の場合、見込み客が広告を見てUクリックした後に商品のランディングページをみて購入するか検討し、更に気になる方は無料オファーのダウンロードや、無料相談の申し込みをします。

ターゲットとなるお客様は、左側から右側へ進みます。
ネットを使った「WEB集客」またはオフラインで直接出会う「リアル集客」からどのようにターゲットへアプローチするのか考えます。事業内容によっては、広告費をかけずにSNSからアプローチをスタートする場合もあります。

リアル集客で例えると、エステやマッサージや飲食店などがあります。エステのお店なら定期コースを獲得して短歌アップや継続的な売上を確保する必要があります。
そのために、エステの無料体験、初回無料券を広告やSNSにて拡散をし、来店して下さったターゲットに「フロントエンド」の体験施術(または無料オファー)を受けていただきます。

体験施術を受けていただいたターゲットへ「バックエンド」の定期コースのご案内をし、クロージング。定期コースの獲得、という流れです。

 

事業主は、バックエンドから設計すると目標売上を達成できる?

定期コースを獲得するためには、何人がお試しの「フロントエンド」商品を購入してもらい、そのフロントエンドを何人に告知することで体験してもらえるのか、逆算してバックエンドの商品を販売する戦略を立てることでランディングページをどの位置で作るのか大きく内容が変わることがご理解いただけると思います。

最後にバックエンドとは、利益を出す最高のサービス商品です。
ここを設計されていない方が多いため、フロントエンドで商品を売ることに躍起になってしまったり、利益率が低いビジネスをされている方も多数いらっしゃいます。

せっかくランディングページ(LP)にて、メルマガやLINE公式アカウントのリスト獲得をしても「バックエンド」を提案できなければ売上を達成することはできません。
ランディングページの成果を上げるために、事業内容を全体通じて設計することが非常に重要です。詳細についてはまた後日記事を書いて説明致します。

 

ランディングページ(LP)はどうやって使うのか

Facebook利用者がLPを使う時

ランディングページは、寝てる間も自分の代わりにネット上で営業セールスをしてくれます。
例えば、フェイスブックでファンとの繋がりが多い方は、ランディングページをリンク先に貼り付けることで、商品の販売やメルマガ登録をご案内することができます。

投稿でも流すことはできますが、デザインにこだわり、セールスライティングを意識することで成約率が大きく変わるため、ランディングページに誘導する流れが基本です。

なぜランディングページを別で作るのか、もう少し説明します。
ユーザーからすると、SNSで長い文章の売り込み記事は嫌われる傾向にあります。facebookで強い繋がりを持つ方は、セールスライティングを意識した文章を書くことで自然と売れるわけです。

決済ボタンを設置し、定期課金やカード決済システムを入れることで、寝てる間も売れるシステムを作ることができます。Facebookでは、決済機能やメルマガ登録フォームを投稿することはできないため登録ボタンを設置できるランディングページは必須となります。

実際にランディングページ制作をさせていただいた松リハオンラインサロンのランディングページです。文章の構成は私の方で考え、デザインはご自身で配置を変えれるような簡単操作のページで制作しました。


松リハLabさんは、YouTubeやFacebookの活用をされており、ファンやコンテンツもすでにある状態でした。新しくオンラインサロンを立ち上げる際には、構成を考えてセールスライティングを組むことでネット経由でオンラインサロンの会員さまをご契約をいただけました。

2021年1月現在、会員様は95名様、月額5500円です。コロナ下で厳しい業界が多い中、オンラインの売上が安定的にあることは、とても強みになります。

 

広告費を使って宣伝したい時

広告は、Google、Yahoo!、SNSではFacebook、インスタ、ツイッターと様々な場所で使うことが出来ます。
広告費をかけて問い合わせを獲得したいところではありますが、広告費をかける時は事業の信頼性が高いことが条件です。
信頼性はどこで測るかというと、大きく分けて4つです。

・実績
・メディア掲載
・お客様の声
・洗練されたデザイン

自社の経験上、上記のうち二つの強みを打ち出さないと反応率は悪い傾向にあります。でも事業を始めたばかりで実績がない場合は、無料オファーで実績を作ってしまう、または実績を借りる手もあります。

こちらのダイヤニウムさんのLPでは、大手から施工案件を獲得するためにLPを作りました。
ダイヤニウムさんの実績は、セントレアや交通機関の実績や大手メディアの掲載事例があるため、案件獲得のために説明するLPを作ることで、施工を獲得した実例です。

例えばリアル集客の飲食店でいえば、一から開業するのではなく、フランチャイズとしてスタートしてネームバリューを借りることも方法の一つです。
初期の集客においてメリットはありますが、月々のロイヤリティも発生します。事業内容に応じて足りない部分を補う方法はあるということを念頭においていただければ幸いです。

 

ランディングページ(LP)とホームページはどちらが必要?

結論から申し上げると、両方必要です。
上記画像のようにホームページは事業全体の相乗効果を発揮する役割があり、ランディングページは専門特化したページの役割を持ちます。ホームページやランディングページを持たない場合、お客様を探してアポを取った後にクロージングし、ご成約と至るまで全てを自社で行う必要があります。ネットを経由されたお客様は、興味を持たれた上でのコンタクトを取っているため、成約率も高い傾向にあります。

ネットを使わなくても、ご紹介で商売が成り立たれている事業主様も大勢いらっしゃいます。そのような場合でも、ホームページを持つことで以下のような効果もあります。

・取引先が紹介をしやすい
・エンドユーザーの獲得
・新規事業の紹介
・説明資料の作成、簡素化
・社員の教育

事業内容を何度も考えて文章にすることで、自社の強みや説明する手間が大きく省けます。ホームページを既にお持ちの場合は、サイト内にLPを作ることで成約率、コンバージョンUPを見込むことができます。

 

ランディングページ(LP)の費用や相場は?

ランディングページの相場は、数万円〜数百万円とピンキリです。「ホームページとランディングページの役割」でもご説明したように、高い値段で作っても集客できるわけではありません。ランディングページに見込み客が集まる「集客3ステップ」がなければ、作っただけで終わってしまいます。

ランディングページは特に改善の回数が多いため、ご自身で更新のしやすいWordPressを使ったLP制作がおすすめです。

WordPressを使ったホームページ制作は、更新がとても簡単で、ランディングページの反応を見ながらご自身で更新をしていくことで予算も抑えることが出来ます。

ホームページは、あるだけの会社が多いですが、LPやブログを使うことで様々な効果を発揮します。
ブログ記事を書くことで、見込み客を集客から教育まで行うことができます。

 

ランディングページ(LP)を自分で作る時の注意点

ランディングページ(LP)をご自身で作られる際には、wix、jindo、ペライチなどで無料で作れます。長期視点で事業を考えるとWordPressで作るか、または専門業者に依頼することをお勧めします。

wix、jindo、ペライチは、何も知らずに取り組むと不慣れもあって時間がかかってしまいます。更に決済機能は有料で料金が発生するため、結局はお金がかかる仕組みとなっています。

ドメインの大きな問題もあります。ドメインにwix、jindo、ペライチと名前が出てしまうため、事業にとってはマイナスです。無料サイトに決済をつけない場合には上記のサービスもおすすめです。

詳細はこちらをご覧ください。
WIX、Jindo、ペライチ、WordPress、どれが良いの?

 

まとめ

ランディングページは、寝ている間もネット上で動いてくれるセールスマンです。
使い方によって大きく成果が変わります。ぜひ一度ランディングページを制作し、ネットの販売強化をしてみてはいかがでしょうか?