【知らなきゃ損】ホームページ作成の費用相場と依頼先を選ぶ3つのポイントとは

Pocket

インターネットの普及により、企業の情報発信手段として、ホームページの運用が当たり前の時代へと変化しました。ホームページの需要増加に伴い、ホームページ作成ツールやWeb制作会社の数も急増し、クオリティや料金は作成する方法によって大幅に変動します。ホームページの作成方法は、100万円以上かかる方法から無料で作成できる方法まであり、目的や予算によって適切な方法を選ぶことが重要です。

この記事では、ホームページの作成方法による相場の違いや、依頼先を選ぶ際に注意しておきたいポイントを解説します。

作成方法によって相場は大きく変わる

ホームページを作成しようと思っても、自分で作成するか、プロに依頼するかによって、必要なコストは大きく変わります。自分でホームページを作成する場合は、コストが低いかわりに、高度なスキルや多くの時間が必要です。一方、プロに依頼する場合は、コストがかかるかわりに、ホームページ作成をプロに任せて、自分は経営戦略やサービス改善などに尽力できます。

自分でコーディングして作成する

最もお金をかけずにホームページを作成する方法として、HTMLやCSSなどのプログラミング言語も用いて自身でホームページを作成するやり方があります。

デザインからコーディングまで、自身で全て作成する場合は、作成自体に費用はかかりません。かかる費用といえば、ホームページの運用に必要な月々の維持費のみです。維持費は、ドメインやサーバーの取得に毎月500〜5000円程度かかります。

自分でコーディングする方法は、プロやツールの力を借りないので、もちろん知識やスキルが必要になります。ホームページを1から全て自分で作ろうと思うと、プログラミング以外にもデザインやマーケティングの知識が必要です。

知識やスキルを習得するために、多くの時間やお金を費やす可能性があります。しかし、自分でホームページを作れるようになれば、デザインや機能などが自由に決められて、オリジナルのホームページが作成できます。

ホームページ作成ツールを使って自分で作成する

低予算で本格的なホームページが作成できるツールとして近年注目されているのが、WordPressやWixなどのホームページ作成ツールです。

一般的なホームページ作成ツールは、テンプレートがあらかじめ用意されており、そのテンプレートに沿って必要な項目を埋めていくだけでホームページが完成する仕組みです。HTMLやCSSなどの専門知識やスキルがなくても、簡単に本格的なホームページが作れるのは、初心者にとって嬉しいポイント。

ホームページ作成ツールのなかには、無料でホームページが作れるツールもあります。有料ツールや有料プランを利用した際の相場は、月額1000〜5000円となっています。

プロに依頼して作成してもらう

自分でホームページを作成する以外に、Web制作会社やフリーランスなどのプロに依頼してホームページを作成してもらうのも手段のひとつです。

もちろん依頼するために費用はかかりますが、知識やスキルを持ったプロが作成するので、高品質なホームページが作成できます。

プロに依頼するのにかかる費用は、フリーランスかWeb制作会社どちらに依頼するかによって決まります。できるだけ安く作りたい方はフリーランスがおすすめです。ある程度のクオリティを担保したうえで、予算にあったホームページを作りた方は、Web制作会社に依頼するのがいいでしょう。

ホームページの種類による相場比較

ホームページの目的や役割によって、ホームページの種類は変動します。そして、ホームページの種類によって必要な機能や表示する項目も異なります。

ホームページの目的や役割が曖昧な状態で作成してしまうと、必要な項目がなかったり不要な機能を追加してしまったりする危険があります。そうならないためにも、まずはホームページの目的と役割を定義することが重要です。

以下で紹介するホームページの種類の特徴と相場を比較して、自社に適したホームページを選びましょう。

  • コーポレートサイト
  • ランディングページ
  • リクルートサイト
  • ECサイト
  • ポータルサイト

コーポレートサイト

コーポレートサイトとは、会社のプロフィールを記したWebサイトのことです。コーポレートサイトは、顧客が会社について調べる際や、社員が自社の取り組みを説明する際に活用されます。そのため、コーポレートサイトに記載される内容は、会社概要や実績、事業内容など、ビジョンや取り組みを示すものが多いです。

コーポレートサイトが飲食店のWebサイトやECサイトと違うのは、サイトからの直接的な集客や売上をあまり意識しなくていいことです。そのため、検索や予約などの高度な機能は一般的なコーポレートサイトに必要ありません。

コーポレートサイトは、会社の雰囲気が伝わるような配色とシンプルなデザインが好まれます。コーポレートサイトは、会社の名刺のような役割をするので、サイトを見た人に不安を与えないデザインにすることが大切です。

コーポレートサイトの作成を依頼する場合、フリーランスで10〜50万、Web制作会社で50万〜100万が相場となっています。

コーポレートサイトの作成を依頼する場合、デザインとページ数によって料金が大きく変化します。デザインは求めるクオリティによって、テンプレートを利用するか、デザイナーに依頼するかが決まります。また、会社概要・事業内容・求人情報などの記載する項目をピックアップし、事前に必要なページ数も見積りましょう。

ランディングページ

ランディングページとは、リンクやネット広告をクリックした際に表示されるページのことです。ランディングページは、商品やサービスの魅力を端的に伝えて、顧客を購入や資料請求などのアクションにつなげる目的があります。

ランディングページはLPとも呼ばれ、基本的に1枚、多くても数枚程度の少ないページ数で構成されています。ページ数が少ないため比較的料金は安く、フリーランスで3万〜20万、制作会社で20万〜50万が相場です。

リクルートサイト

売り手市場が進むなかで、採用情報に力を入れるために、コーポレートサイトとは独立してリクルートサイトを作る企業が増加しています。リクルートサイトとは、転職者や新卒採用の求人を専門としたWebサイトです。

リクルートサイトには、業務内容や給与、福利厚生などの項目が記載されています。最近では求職者にとって会社の働き方が注目されるようになり、社風や有給消化率、平均残業時間などを掲載する会社が増加しました。

リクルートサイトの作成を依頼する場合、相場は10万〜150万です。リクルートサイトは、社員へのインタビューや動画コンテンツを掲載するかどうかによって大幅に料金が変動します。

ECサイト

新型コロナウイルスの影響により、人との接触がないECサイトでの販売が注目されています。ECサイトとは、インターネットで商品の販売を行う通販サイトのことです。

ECサイトの作成を依頼する場合、相場は50万〜200万円です。ECサイトは、商品検索や予約、会員登録、電子決済など、必要な機能がたくさんあります。そうした機能をどこまで追加するかによって制作にかかる工数は大きく変化します。

また、ECサイトの場合は、新商品の追加や在庫数の変更など、ECサイトを開設した後も更新や運用を頻繁に行わなければいけません。サイトの作成だけでなく更新・運用を自分で行うか、プロに依頼するかによっても必要なコストは変わります。

ポータルサイト

ポータルサイトは、様々なWebサイトにアクセスするときの玄関口となるサイトです。ポータルサイトには、様々な種類がありますが、代表的な例として「食べログ」や「アメブロ」などがあげられます。

コーポレートサイトやリクルートサイトに比べ、取り扱う情報量も莫大でページ数も多いため、ポータルサイトは大規模なサイトが多いです。

ポータルサイトの相場は、小規模のポータルサイトで、30万〜50万円。中規模の場合は、50万〜100万。大規模の場合は、100万円以上のコストがかかります。ポータルサイトは、追加する機能も多く、サイト規模も大きくなるため、自然と相場は高くなります。

また、ポータルサイトの作成にはかなりの時間と人数が必要なため、個人事業主ではなくWeb制作会社に依頼するのが一般的です。

依頼先によるホームページ作成予算の違い

ホームページ作成の依頼先としては、フリーランスなどの「個人事業主」か「Web制作会社」のどちらかになるでしょう。ホームページの種類や費やす予算によって、フリーランスとWeb制作会社どちらに依頼するかが決まります。

まずは、自分がどういったホームページを作りたいのか、どこまで予算を組めるのかを明確にしたうえで、依頼先の特徴とメリット・デメリットを把握して比較検討しましょう。ここからは、いくつかの依頼候補先について詳しく解説していきます。

大手Web制作会社

大手Web制作会社には、経験豊富なディレクターやデザイナー、プログラマーが在籍しており、各工程を専門とするプロフェッショナルが担当するのが特徴です。

大手Web制作会社に依頼する場合のコストは最低でも100万円から、中には1000万を超えるWeb制作会社もあります。それだけ、クオリティやフォローも充実しており、確実に高品質なホームページを作成してくれるということです。

また、大手のWeb制作会社は大型のBtoB案件を中心に受注していることも特徴のひとつで、小規模な案件を受けてくれる会社は少ないでしょう。

中小規模のWeb制作会社

中小規模のWeb制作会社に依頼する場合は、一般的なホームページで10万〜50万が相場です。なかには50万〜100万で請け負ってくれる会社もあり、こだわりのホームページを作って、今後本格的に活用していきたい方にはおすすめ。

中小規模のWeb制作会社は、WordPressなどの作成ツールを用いることで制作コストを抑えているケースが多いです。WordPressによって作られたWebサイトは、自社で更新・管理できるので、一般的な中小企業のコーポレートサイトは中小規模のWeb制作会社へ依頼するのがおすすめです。

フリーランス

Web制作会社に依頼する以外の方法として、フリーランスのWebデザイナーに依頼する方法があります。

フリーランスに依頼した場合の相場は、10万円前後と言われています。フリーランスは、Web制作会社に比べて人件費やオフィスの賃料などの固定費が少なくて済むので、低価格で請け負ってくれます。

フリーランスはWeb制作会社とは違って、やり取りをするのも制作するのも全て一人で担っているので、コミュニケーションが取りやすくスピーディーなのがメリットです。

しかし、個人に依頼するので、個人のスキルの範囲内でしか作れないことや納期遅延の可能性が高いことなどは懸念されます。

依頼先を選ぶときに注意すべき3つのポイント

とにかく安く済ませたいからといって、値段だけで依頼先を選んでしまうと、イメージと違うホームページが納品されたり、対応が悪かったりすることがあります。

余分な予算をかけずに納得のいくクオリティのホームページを作るために、これから説明する3つのポイントを押さえておきましょう。

豊富な実績があるか

フリーランス、Web制作会社にかかわらず、豊富な実績があるかどうかは必ずチェックしましょう。実績が多ければ、それだけ信頼できる業者である確率は高いです。また、実績を見ることで、作成可能なホームページのクオリティが把握できます。

過去の実績を確認し、できるだけ理想と近いホームページの制作経験がある企業やフリーランスを選ぶことをおすすめします。

コミュニケーションがしやすいか

担当者の態度が悪かったり、話を理解してもらえなかったりするとトラブルにつながりやすいです。また、事前にしっかりとコミュニケーションが取れていないと「見積りと違う金額を請求される」という食い違いも生じてしまいます。

どこの依頼先にするか迷った場合は、まず迷っている企業やフリーランスに気軽に相談してみるのが一番です。相見積もりを取ったうえで、価格や担当者の人柄などを加味して検討してみましょう。

ホームページが完成したときに「ここに依頼してよかった」と思えるように、打ち合わせを行って、信頼できる相手かどうか確認しておくことが何より大切です。

アフターフォローが充実しているかどうか

ホームページを作成した後に運用面でどれくらいサポートしてくれるか、という点も非常に重要なポイントです。ホームページは公開した後も常に新しい情報に更新しなければいけません。

ホームページの更新も請け負ってくれるのか、更新に別途費用はかかるのかなども事前に聞いておきましょう。

また、運用していくなかで何かトラブルやエラーが生じた場合に、対応してくれるのかも確認しておきましょう。アフターフォローが付いていないと、その後にトラブルが起きた際に別の企業に依頼しなければならず、手間とコストがかかってしまいます。

納得のいくホームページを作るために

ホームページを作成するためには、自分で作成する方法と、プロに依頼する方法の2種類がありました。また、プロのなかでもフリーランスに依頼する場合は、10万円程度の低価格でホームページが作れますが、納期の延期や廃業といったリスクが懸念されます。

いっぽう、Web制作会社の相場は、会社の規模によって全く異なります。Web制作会社のなかには、20万円程度で請け負ってくれる会社もあれば、1000万円以上かかるような大手の会社もあります。

また、得意とするホームページの種類もWeb制作会社によって異なるので、価格帯だけでなく、自社の業種に強い会社を選ぶことが重要です。

まずは、作りたいホームページとホームページ作成に割ける予算を明確にしましょう。その上で、予算を踏まえて、自社に適したホームページの作成方法を選んでいきます。この記事を参考にしながら、理想のホームページを実現しましょう。