WIX、Jindo、ペライチ、WordPress、どれが良いの?

ホームページは、誰でも作れる時代になり、制作費を抑えて初期費用を抑えたい方が多く見えると思います。様々な業種、条件はありますが、やはりWIX、Jindo、ペライチよりもWordPressをお勧めします。その理由を順番に解説していきます。

 

 

WIX、Jindo、ペライチの独自ドメインは結局有料

独自ドメインが資産となる理由は、SEO対策に差が出るからです。
GoogleクローラーというAIが、Google解析ツールを入れたサイトは、全て見て回っているからなんです。世界中のGoogleのサイトなのですごいことですよね、、!

色々なサイトを見ていると、「このサイトは安全ではありません」
とURLに表示されているのを見たことがあると思いますが、WordPressにはその設定が必要です。でもそれはとても簡単で、SLL設定をするだけです。

WIX、Jindo、ペライチは、設定してくれていますが、独自ドメインを取得し、利用すると月額で5千円かかったり、その割には使いたい機能は使えず、事業を自動で展開していくためには、低単価商品なら売れます。

WordPressで綺麗に作ったからすぐに効果が出ることもありません。
サイトもバックエンドも、作ったあとが大切なので、
スタートで時間がかかることは外注することがオススメです。

 

 

事業に必要な機能を実装できるのはWordPress

外注できず、苦しい状態でWIX、Jindo、ペライチを使うのもわかります
だからこそ、スタートの段階で事業の戦略と信頼は何で見せるのか?
それがとても大事になります。

世界中のホームページの30%以上がWordPressで作られています。
それだけ広がっているのは、使いやすさと設定が簡単だからです。
ホームページにブログと事業内容を載せるのは無料テーマでできるので
ドメインとサーバー代で年間1万円ほどなので作ってみることをオススメします。

 

自分でWordPressを作る前に必ず気をつけること

WordPressのテーマは、触りすぎないことです。
以外とすぐにバグが出てしまい、どうやって直せるのかわからず、さらに時間がかかります。

ブログを更新するまで留めておき、少しでも売上が上がった時ににニューアルをしてもらうのも良いと思います。ドメイン名は、なるべく短くし、GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールを入れ、サイトマップを申請すればGoogleのAIがチェックをしてくれます。

SEO対策は、サイトの検索順位を上げることなので、ブログ更新や滞在時間で評価が変わります。
Googleでも実際に採点基準を設けています。
詳しくはこちらで解説しています→SEO対策で必ず行うべき5つの事[2020年]

 

テーマとドメインの有料は便利だが、使いこなせない

国内の様々な有料テーマとプラグインを使いましたが、不具合がとても多いです。サブスクやオンラインサロンのサイトを作りたい需要は多いですが、有料テーマは5万円です。

 

本来は、30万以上するため、安い!となりますが、事業内容からホームページ内の導線を考えて設計できないため、多くの不満は我慢することになり、

 

変更でも専門用語が多いため、苦労することはあらかじめお伝えします。
それでも調べてやるのは良いと思いますが、先に予備知識として入れていくと良いと思います。

 

まとめ

やはりWIX、Jindo、ペライチ、よりもWordPressです。有料テーマは、プロがデザインしているため、画像や文字を変更すると、かなり見栄えが悪くなります。
ここも踏まえた上で、慎重にテーマとドメイン設定をお選びください。質問がございましたら、気軽にお問い合わせください。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました!